2017年05月30日

アンソニー・ジョンソンが現役復帰に意欲!? グスタフソン vs. テイシェイラを見て「イライラする!」

Retired Anthony Johnson teases return after watching Gustafsson knock out Teixeira(MMAJunkie)


 『UFC Fight Night 109: Gustafsson vs. Teixeira』のアレクサンダー・グスタフソン vs. グローヴァー・テイシェイラを見たアンソニー・ジョンソンがツイッターで「イライラする! 正しいアッパーカットの打ち方を見せろよ!」とコメント。ジョンソンは両者にKO勝ちしています。

イライラしない本 ネガティブ感情の整理法 (幻冬舎新書)
イライラしない本 ネガティブ感情の整理法 (幻冬舎新書)
posted by ジーニアス at 16:34| Comment(19) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
帰ってきてぇ
Posted by ばけいし at 2017年05月30日 16:38
グスタフソンはテイシェイラを圧倒したが、あの逃げ回る姿を観てるとAJだったら逃げる後ろ姿に爆弾のようなパンチをぶち込んで終わるだろうな、と思えた。
AJ復帰して欲しいね。
Posted by mr_st at 2017年05月30日 17:02
復帰はフランシス・ガヌー戦でよろしくお願いします

JJがコーミエに勝てれば、JJ戦でも良いけど
Posted by ぽん at 2017年05月30日 17:03
分かる!
所詮は2人ともAJに瞬殺されたんだよな~って思いながら観ててイライラしたもん
それがなきゃいい試合だったと思うけど
Posted by あなぼりっ君 at 2017年05月30日 17:37
個人的には戻ってきてほしい。
Posted by ヴォル at 2017年05月30日 17:59
AJ確か医療用大麻の栽培やるんでしたっけ? そんな記事見た気がする程度ですが。
現役復帰してくれるなら最高に嬉しい。
Posted by ssa at 2017年05月30日 18:57
チェールソネンは言った。全てのファイターは試合直後に自分の進退の話はするべきでわない。と。こりゃ引退撤回かな。。
Posted by マイオシック at 2017年05月30日 19:03
グスタフのアッパーは正しいんだよ
あなたのハンドパワーが異常なだけです・・・
Posted by みおしち at 2017年05月30日 19:33
頼む!
『日本大会で、復帰戦をやらせろ!』
っと言ってくれ!!
Posted by メトロ at 2017年05月30日 20:21
あなたのパワーがおかしいだけ。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2017年05月30日 20:47
グスタフが何発もアッパーいれて倒れなかったテイシェイラを1発だもんなー
グスタフも壊れた人形みたいに頭グラングランにされてたし
なんだかんだ全階級を通して1番ドキドキする試合するからなこの人
復帰してほしいです
Posted by じょーじ at 2017年05月30日 21:36
やはり、AJが居ないLH級は寂しすぎる。
あれ程、試合前にワクワクさせられる選手は本当に少ない。
そして階級を上げるAJも見たい。

頼む、復帰してくれ。

Posted by らぴど at 2017年05月30日 22:03
ジョンソン戻ってこーい!!!やっぱりライトヘビー級には絶対に必要な存在だと思う
AJの居ないライトヘビーはほんと退屈になる
Posted by アレック at 2017年05月30日 22:25
ホント帰ってきてー!
Posted by FAT at 2017年05月30日 22:50
コーミャーにもパンチで行けよな なんだったんだよあれ
Posted by DCとかヘンドとかしょうもない挟みはやめろ at 2017年05月30日 23:29
帰ってきたときにどんな体してるかが問題だな。
さらにデカくなってたりして。
Posted by jin at 2017年05月31日 09:12
さっさと復帰しろ(笑)
Posted by 格闘技ラブ at 2017年05月31日 19:25
脳のダメージのことをかなり気にしているようだったし、お金に困らないかぎり復帰はないんじゃないかな。
勝っても負けても引退と決めていたので余計なダメージもらいたくなかったと考えるなら、コーミエ戦の打撃戦避けてレスリング勝負という謎戦略も理解できるし。
Posted by y at 2017年06月01日 16:50
引退の決意は相当固い感じだったので復帰はないと思います。他の事業をしつつ過去のライバルたちに毒を吐いていくスタイルなのでしょう。
Posted by ピータン at 2017年06月02日 01:02
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索