2017年04月30日

ケビン・リー「アル・アイアキンタよ、文句ばっか言ってるなら引退しろ」

アル・アイアキンタ「UFCでは全然稼げない」(2017年04月28日)

アル・アイアキンタ「パフォーマンスボーナスが欲しければUFCにゴマをすらなきゃいけない」(2017年04月29日)

 こちらの続報。

Al Iaquinta targets Reebok, Sage Northcutt, and more in new Twitter rant(MMAFighting)

 その後もアル・アイアキンタはツイッターでUFC 169で勝利しているケビン・リーに対し「まともなパンチを打てない」、UFC 173で敗れているミッチ・クラークに対し「リトルビッチ」、リーボックに対し「セイジ・ノースカットのようなリトルビッチと個人契約をして俺とはしない」「俺からスポンサーフィーを奪っている」とコメント。他にも「ボビー・グリーンはパンチは打てるがメンタルはダメだ」「みんなとタダでやってやるよ」と毒を吐きまくっています。

Kevin Lee responds to Al Iaquinta: ‘Nobody give a f*ck’ if you retire(MMAFighting)

 これに対しケビン・リーがインスタグラムで以下のコメント。

「お前は黙って男らしくしろ。もしくは勝手にしやがれ。いい大人が文句ばかり言ってるのなんて誰も聞きたくないし、とっとと契約を終わらせろ。話をするのはそれからだ。お前が引退しても誰も気にしない。俺はニューヨークに家が欲しいから(不動産業をしている)お前の世話になるかもしれない。(UFC Fight Night 112で)マイケル・キエサをフィニッシュしてから頼むことになるだろう。1ヶ月でお前の年収分を使うから、真の勝者がどっちなのかを教えてくれ」

もう、不満は言わない
(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)
posted by ジーニアス at 01:36| Comment(15) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一攫千金夢見てるなら割りに合うの合わないのと騒ぎ立てるもんじゃない。嫌ならとっとと辞めてカタギになれ。
Posted by シルエット at 2017年04月30日 01:45
辞める必要はないし、むしろ格闘技は割に合わないからこそ、しっかりとお金を払ってあげるべきですよね。
Posted by い at 2017年04月30日 02:13
ボクシングも世界王者になってやっと相応の報酬になるし、ランカー止まりではダメなのが格闘技なのでは?
Posted by Oi at 2017年04月30日 08:04
そもそも総合で稼げるなんて昔からないし、本当にビッグマネーが欲しければコナーになれば?なれればだけど。
Posted by あ at 2017年04月30日 08:26
リーの言う通りだな。
UFCは実力と客を呼べるパフォーマンスをするのような選手(例えばマクレガー)には大金を払うわけだからアイアンキンタも連勝してチャンピオンになれば大金は稼げる。
その証明もせず金出せ金出せでは通用しない。
Posted by mr_st at 2017年04月30日 08:57
シルエットさんみたいに経営者側目線な格闘技ファンもいるんですね。驚き。ブラック企業の社員でもこういう考えの人いそう。
ベラトールに行ったらスポンサーフィーが4倍に増えた話しもあったし、格闘家などスポーツ選手は稼げる時期が短いから、世界最高峰の舞台でもサラリーマンと変わらないんじゃやってられないですね。
アイアンキンタのこないだの試合は凄かったし、もっと彼の試合を見たいので頑張って欲しいです。
Posted by よ at 2017年04月30日 09:14
ボクシングのゴロフキンでもやっと2億円越え。スポンサーの件はUFCは改革が必要だと思うけど、ファイトマネーは普通じゃね?

Posted by j at 2017年04月30日 10:01
文句言うのは今後のためにも必要だと思うけどねぇ
格闘技は出来ても40くらいまでだし1試合勝っても520万とか一般人より下じゃないか。生涯年収を考えるともっと上げてもいいと思うけどなぁ
Posted by ドル袋 at 2017年04月30日 11:00
優遇してくれる他団体に行ってスポンサーつけた方が稼げる場合もあるんじゃないの?
第二のマクレガーを目指すのもいいが、UFCでランカー止まりならそういう選択肢もありだと思う。
Posted by ロバーツ at 2017年04月30日 11:27
公開されているゲート収入およびPPV収入、ファイトパス収入から考えると、マクレガーやラウジー含めてもファイターへの還元率は10%に届かないとされる。

公開されてないUFCだけに入るスポンサー料をいれると還元率はさらに下がる。

他団体を持ち出す人もいるが、悪い例を持ち出して我慢しろは何か違うんじゃないだろうか。というかその他団体は選手が個々人でスポンサーつけれるわけだし
Posted by そうえん at 2017年04月30日 13:10
不満があるのは当然だろうし、それを吐露するのも構わないが、あまりに過剰なのはどうかと思う。
契約書にサインしたのは本人の責任だろう。
他の選手の事まで言うのは、人格を疑わざるを得ない。
Posted by もす at 2017年04月30日 13:14
ハントみたいにリリースを望んでも契約のため試合をしなくちゃいけないとかになったらかわいそうだな。
Posted by あ at 2017年04月30日 14:03
ケビンリーにいつかリベンジしてほしいね。
アイアキンタはマクレガーになんかなれない、グチグチネチネつまねぇことしか言ってない、嫌なら辞めればいい。
ファイトマネーも妥当。
Posted by テレコ at 2017年04月30日 14:19
マクレガーを目指せばギャラ問題は晴れて解決って訳でもないのがね。あれはもはや「マクレガー」という才能であって、その才能に恵まれた選手は本当に少ない。勝ち続けてなお選手が望んだところでマクレガーに並ぶことすら叶わない。
アイアキンタのどうしようもない気持ちは分かる気がする。
Posted by 武士 at 2017年04月30日 17:16
ベラトールなどに行ってスポンサーマネーが増えるのはベイダーなどの有名選手だけで、最近ではスポンサーの付かない選手が多くて問題になってるんですけどね……
アイアキンタは才能のある選手ですが後者に属するでしょう
トランクスにロゴを載せる効果についてもデータが揃ってきて現実的な判断をされるようになり、昔のようにUFCに出ていればスポンサーの方から寄ってきた時代とは違います

サラリーマン感覚で語っている人も多いですが、ファイトビジネスは昔からハイリスクハイリターン、利益の一極集中が基本ですからね。中堅で上がり目がないと感じたら辞めるのも良いと思いますよ。別の仕事で成功できそうなら尚更です。
Posted by 髭チョロ at 2017年05月01日 04:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索