2017年04月14日

UFC 210の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Raankings(UFC.com)

 『UFC 210: Cormier vs. Johnson 2』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 フェザー級は9位にいたチャールズ・オリヴェイラのライト級復帰により10位以下の選手が1ランクずつアップ。マイク・デラトーレに勝利したマイルス・ジュリーが15位にランクインしています。

 ウェルター級はカマル・ウスマンが1ランクアップし10位に。

 ミドル級はゲガール・ムサシが1ランクアップし4位、ムサシに敗れたクリス・ワイドマンが1ランクダウンし5位。8位にいたケルヴィン・ガステラムがマリファナ代謝物質の陽性反応が出たことによりランキングから外れ9位以下が1ランクずつアップ。これによりダニエル・ケリーが15位にランクインしています。

 女子バンタム級はケイトリン・チューケイギアンが14位にランクイン。これによりレスリー・スミスがランク外に落ちています。

大学ランキング 2018 (AERAムック)
大学ランキング 2018 (AERAムック)
posted by ジーニアス at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索