2017年04月09日

『UFC 210: Cormier vs. Johnson 2』速報

リーボックUFCファイターJerseyブラック/ Blazeイエロー
リーボックUFCファイターJerseyブラック/ Blazeイエロー、サイズS

UFC 210 ‘Cormier vs. Johnson 2’ Play-by-Play, Results & Round-by-Round Scoring(Sherdog)

UFC 210 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です

▼フライ級/5分3R
ジネル・ラウサ vs. マゴメドフ・ビブラトフ


 1ラウンド。ビブラトフプレッシャー掛ける。ジャブ、右ロー。前蹴り。タックル、離れ際に膝蹴り。サイドキック。左ロー。右ロー。バックハンドブロー。互いに右ロー。ラウサワンツーからクリンチ、膝蹴りも急所にヒット。休憩後再開。ビブラトフバックスピンキック。スーパーマンパンチ。タックルから膝蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。ラウサワンツー。ビブラトフスーパーマンパンチ。右アッパーからクリンチもラウサが金網に押し込む。離れる。ビブラトフ左ローも急所にヒット。ビブラトフに1ポイント減点で再開。ビブラトフテイクダウン、クローズドガード。ビブラトフパウンド。ラウサ下から肘打ち。ビブラトフも肘打ち。ラウンド終了。

 3ラウンド。ビブラトフジャブ、左ロー。ソバット。タックル、金網に押し込んでからテイクダウン、サイドを取る。肘打ち。ラウサクローズドに戻す。ビブラトフ肘打ち。パスしてマウント。ラウサハーフに戻す。さらにクローズドに戻す。ビブラトフパウンド、肘打ち連打。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-26×3)でマゴメドフ・ビブラトフ勝利。


▼女子バンタム級/5分3R
ケイトリン・チューケイギアン vs. アイリーン・アルダナ


 1ラウンド。チューケイギアン左ロー。タックルも切られる。チューケイギアン前蹴り。ジャブ。ローが交錯。パンチが交錯。チューケイギアン左ロー。右ハイ。関節蹴り。ワンツー。ジャブ。ジャブが交錯。アルダナ前蹴り。右ロー。チューケイギアンワンツー。左ロー。左ロー、左ハイ。前蹴り。右ハイ、左ハイ。右ハイ。アルダナジャブ、ワンツー。右ロー。チューケイギアンワンツー。左ミドル。テイクダウン、アルダナすぐ立つ、チューケイギアンなおも金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。チューケイギアンジャブ。アルダナクリンチから膝蹴り、離れる。アルダナ前蹴り。バックハンドブロー。チューケイギアンジャブ、ワンツー。ローが交錯。アルダナジャブ。チューケイギアン右ロー。左右ロー。アルダナ右ミドル。パンチが交錯。アルダナジャブ。右ロー。チューケイギアン右ロー。アルダナ前蹴り。チューケイギアンタックル、金網に押し込む。膝蹴り、離れる。アルダナ右ストレート。左ロー。ラウンド終了。

 3ラウンド。チューケイギアン前蹴り。左右ミドル。左ロー。ローが交錯。互いに左ロー。チューケイギアン前蹴り。パンチが交錯。アルダナ右フック。左フック。互いに左ロー。パンチが交錯。チューケイギアン右ロー、ワンツー。ジャブ。前蹴り。タックル、離れる。アルダナジャブ、右ロー。ワンツー。チューケイギアン前蹴り。アルダナ右ロー。左フック。右フック。パンチが交錯。チューケイギアン右フック。アルダナワンツー。パンチが交錯。チューケイギアンタックルも交わされる。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)でケイトリン・チューケイギアン勝利。


▼ライト級/5分3R
ジョシュ・エメット vs. デスモンド・グリーン


 1ラウンド。グリーンはサウスポー。エメット左ロー。ジャブ。グリーンワンツー。エメット左ロー。ジャブが交錯。エメット右フック。左ミドル。右ローも急所にヒット。休憩後再開。エメット右フック。互いにロー。エメットワンツー。グリーン右ロー。右フック。左ミドル。ワンツー。エメットワンツー。グリーン左ミドル。ラウンド終了。

 2ラウンド。エメット左ミドル。グリーンジャブ。エメット右フック。ワンツー。グリーン左フック。エメットタックルも切られる。エメット右フック。左ロー。グリーン左ロー、右フック。右ロー。ワンツー。エメット右ミドル。グリーン左ミドル。エメット右フック。ラウンド終了。

 3ラウンド。グリーンテイクダウンからパウンド。エメット脱出、スタンド。グリーンタックルもバッティング。エメットが頭部から出血。パンチが交錯。グリーン左フック。エメット右フック。左ロー。右フック。グリーンタックルも切られる。グリーンジャブ。エメット右フック。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、30-27)でデスモンド・グリーン勝利。


▼ライト級/5分3R
グレゴール・ギレスピー vs. アンドリュー・ホルブルック


 1ラウンド。ホルブルックはサウスポー。パンチが交錯。ギレスピー左フック! ホルブルックダウン! ギレスピーパウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド0分21秒、グレゴール・ギレスピーKO勝ち。


▼ライトヘビー級/5分3R
パトリック・カミンズ vs. ヤン・ブラホヴィッチ


 1ラウンド。ブラホヴィッチワンツー、カミンズダウン! ブラホヴィッチパウンド! カミンズ立つ、ブラホヴィッチ膝蹴りもバランス崩す、カミンズ上になるもブラホヴィッチ立つ、離れる。ブラホヴィッチ左フック。カミンズタックルも切られる。カミンズ右目下から出血。ブラホヴィッチ左アッパー。クリンチ、金網に押し込む。クリンチアッパー、膝蹴り。離れる。カミンズタックルも切られる。ブラホヴィッチジャブ、左アッパーからクリンチ。カミンズテイクダウン、クローズドガード。ブラホヴィッチ立つ、カミンズなおも金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。ブラホヴィッチワンツー。左右アッパー。カミンズタックル、金網に押し込む。離れる。パンチが交錯。ブラホヴィッチワンツー。カミンズテイクダウン、クローズドガード。カミンズ立って猪木アリ状態。再度飛び込む。ブラホヴィッチ下からキムラロック狙いもカミンズ振りほどきパウンド。ブラホヴィッチ脱出。カミンズクリンチもブラホヴィッチが金網に押し込む。テイクダウン、カミンズすぐ立つ、ブラホヴィッチなおも金網に押し込む。離れ際にブラホヴィッチ左ミドル。ワンツー、左ハイ。カミンズ右ミドル。ブラホヴィッチワンツーからタックルもカミンズがぶる。ラウンド終了。

 3ラウンド。ブラホヴィッチ右ロー。左アッパー。カミンズワンツーからクリンチ、金網に押し込む。離れる。ブラホヴィッチジャブ。カミンズテイクダウン、クローズドガード。ブラホヴィッチ下からアームバー狙いもカミンズ外す、ブラホヴィッチ再度クローズドガード。ブラホヴィッチ下から組み付く、脱出、スタンド。ブラホヴィッチ左ミドル、左ハイ。タックル、金網に押し込むもカミンズ入れ替えて膝蹴り連打からテイクダウン、クローズドガード。カミンズパウンド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-0(29-28、29-28、28-28)でパトリック・カミンズ勝利。


▼フェザー級/5分3R
シェーン・バーゴス vs. チャールズ・ロサ


 1ラウンド。ロサ左右ロー連打。バーゴスワンツー。ロサ左フック。左右ロー。バーゴスジャブ、ワンツー。ロサソバット連打。右フック。バーゴス右フック、ワンツー。ジャブ。右フック。ロサ右ミドル。右フック。左フック。バーゴス右フック。ロサワンツー、右ロー。ソバット、左ローも急所にヒット。休憩後再開。ロサ右ロー。バーゴスワンツー。ロサソバットもバランス崩す、すぐ立つ。左右ロー。タックルも切られる。右ロー。右アッパー。左フック。バーゴスワンツー。ロサ左ミドル。バーゴス右ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。バーゴス右ロー。右フック。ジャブ。前蹴り。ロサタックル、金網に押し込む。互いに膝蹴り、離れる。ロサ左ロー。右ロー。バーゴス右フック。ロサ右ロー。バーゴス右ロー。ロサ左フック。タックルは切られる。ロサ右フック。バーゴス右フック。右ロー。ロサ左フック。二段蹴り。ジャブ。バーゴス右アッパー。ワンツー。右ロー。互いにジャブ。ロサ右フック。右ミドル。パンチが交錯。ロサ右ロー。左フック。右ロー。ジャブが交錯。ロサバックハンドブロー。右ロー。左フック。バーゴス左フック。ラウンド終了。

 3ラウンド。ロサ右ミドル。バーゴス前蹴り。ジャブ。ワンツー、前蹴り。ロサ右ロー。二段蹴り。片足タックルからテイクダウンもバーゴスすぐ立つ。バーゴス前蹴り。ワンツー。ロサソバット。右ロー。バーゴスジャブ。ロサ左フック。バーゴス左フック! ロサダウン! すぐ立つ。バーゴスなおもワンツー、跳び膝、肘打ち、左フック、左右フック! ロサダウン! レフェリー止めた!

 3ラウンド1分59秒、シェーン・バーゴスTKO勝ち。


▼ウェルター級/5分3R
カマル・ウスマン vs. ショーン・ストリックランド


 1ラウンド。ストリックランド左ロー。ウスマンワンツー。片足タックル、バックを取り金網に押し込んで膝蹴り連打。なおも連打。テイクダウン。ストリックランド下から足関狙い。ウスマン外してパウンド。ストリックランド下からアームバー狙いもウスマン外してパウンド。ラウンド終了。ストリックランド左目から出血している。

 2ラウンド。ウスマンジャブ、ワンツー。左ロー。左ミドル、右フック。ストリックランド左目に血が入るのを気にしている。そこにウスマン右フック連打! タックル、金網に押し込む。離れる。ウスマン右フックからタックル、交わされるも今度は右ストレート! ストリックランドダウン! ウスマンパウンド。ストリックランド亀になる。ウスマン首を抱えて膝蹴り。ストリックランド脱出、スタンド。ウスマン右フック。左ロー。ラウンド終了。

 3R開始前にストリックランドの左目のドクターチェックが行われOKが出る。

 3ラウンド。ウスマンジャブでプレッシャー掛ける。右ロー、ジャブ、ワンツーからテイクダウン、ハーフガード。ウスマンパウンド連打。ストリックランド立つ、離れる。ウスマン右ロー。ワンツー。右フック。ジャブ。右ロー。ジャブ。ワンツー。ジャブ。ストリックランドジャブ、ワンツー。激しい打ち合い。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-26、30-26)でカマル・ウスマン勝利。


▼フェザー級/5分3R
マイルス・ジュリー vs. マイク・デラトーレ


 1ラウンド。ジュリー前蹴り。片足タックルからテイクダウン。バックを取る。ボディトライアングル。パウンド。バックマウントからパウンド連打! デラトーレ額から出血。ジュリー肘打ち、パウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド3分30秒、マイルス・ジュリーTKO勝ち。


▼ライト級/5分3R
ウィル・ブルックス vs. チャールズ・オリヴェイラ


 1ラウンド。オリヴェイラ右ロー。ブルックスジャブ。オリヴェイラ右ロー。ブルックス左ロー。オリヴェイラテイクダウン、クローズドガード。ブルックス金網を背にする。立ちかけるもオリヴェイラ再度テイクダウンからバックを取る。ブルックス立っておんぶ状態に。オリヴェイラチョーク! ブルックスタップ!

 1ラウンド2分30秒、リアネイキッドチョークでチャールズ・オリヴェイラ勝利。


▼ウェルター級/5分3R
チアゴ・アウベス vs. パトリック・コーテ


 1ラウンド。コーテの右ローとアウベスの右フックが交錯。互いに左ロー。パンチが交錯。コーテワンツー。右フック。アウベス膝蹴り。左ロー。コーテワンツー、左ロー。右フック。アウベス右ロー。右フック。コーテワンツー。アウベス左ロー。ワンツー。コーテ右フック、右ロー。ワンツー。ワンツー。互いに左ロー。アウベス左フック! コーテダウン! アウベスパウンド! コーテハーフガード。アウベスパスしてサイド。パウンド連打! ラウンド終了。

 2ラウンド。コーテワンツースリー。ワンツー。ワンツーからクリンチ、金網に押し込む。アウベス入れ替えてワンツー、離れる。アウベス左ロー、ジャブ。コーテスーパーマンパンチ。アウベス右ロー。コーテ右フック。右ロー。アウベスジャブ。右ストレート。左ロー。コーテ右フック。パンチが交錯。アウベス右ミドル。前蹴り。膝蹴り、右フック。左ミドル。左右ロー。コーテワンツーもアウベスカウンターの右フック! コーテぐらつく! しかしコーテ離れてジャブ、左ロー。アウベスジャブ。右フック。左ロー。右ロー。ラウンド終了。

 3ラウンド。アウベス右ローも急所にヒット。すぐに再開。アウベス左ロー。右ミドル。コーテジャブ、ワンツー。タックル、金網に押し込む。アウベス入れ替える。膝蹴り。テイクダウン、ハーフガード。コーテクローズドに戻す。アウベスパウンド。アウベス立つ、スタンドに戻る。コーテ額から出血。アウベスワンツー。アウベス左ロー。コーテ左ロー、ワンツー。アウベス左ミドル。コーテ右アッパー。アウベス左ロー。コーテ右アッパー。腕をぐるぐる回して右アッパー。アウベス右ロー。跳び膝、ワンツー。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でチアゴ・アウベス勝利。

 試合後にパトリック・コーテがグローブを外し引退を表明。勝敗に関わらず引退するつもりだったとのこと。


▼女子ストロー級/5分3R
シンシア・カルヴィーロ vs. パール・ゴンザレス


 1ラウンド。カルヴィ-ロ左ロー。ワンツー。左ロー。ワンツー。ゴンザレス右フック。左フック。カルヴィ-ロワンツー。ゴンザレス右フック。カルヴィ-ロ左ロー。ジャブ。ワンツー。ジャブ、ワンツー。ジャブ、アッパー。クリンチ、離れる。ゴンザレスジャブ。カルヴィーロジャブ。互いにロー。ゴンザレスワンツー。カルヴィーロワンツー、なおもワンツースリー。ジャブ、ワンツー。ジャブが交錯。ゴンザレス片足タックル、金網に押し込む。カルヴィーロ首を抱える。ゴンザレステイクダウンもカルヴィーロすかさず三角絞め。しかしここでラウンド終了。ゴンザレスは鼻から出血している。

 2ラウンド。ゴンザレス前に出てジャブ連打。左ロー。カルヴィーロジャブ、ワンツー。スーパーマンパンチ。パンチが交錯。ゴンザレステイクダウン、マウントもカルヴィーロ金網を蹴りスイープ、ゴンザレスアームバー狙いもカルヴィーロ外す。カルヴィーロバックを取りチョーク狙い。ゴンザレス必死のディフェンス。カルヴィーロパウンドから再度チョーク狙い。ラウンド終了。

 3ラウンド。ゴンザレスワンツー、左ロー。右ミドル。ジャブ、右ロー。カルヴィーロジャブ。ゴンザレスタックルも交わされる。ゴンザレスワンツー。なおもワンツー。右アッパー。右ローもカルヴィーロキャッチしテイクダウン、ハーフガード。パスしてマウント。肘打ちからバックを取る。カルヴィーロチョークも入りが浅い。立て直して再度チョーク! ゴンザレスタップ!

 3ラウンド3分45秒、リアネイキッドチョークでシンシア・カルヴィーロ勝利。


▼ミドル級/5分3R
クリス・ワイドマン vs. ゲガール・ムサシ


 1ラウンド。ムサシジャブ。左ロー。ワイドマンワンツー。右ミドル。ムサシ左ロー。ワイドマンテイクダウン。ムサシ脱出図る、ワイドマン首を抱える。離れる。ムサシジャブ。ワイドマンテイクダウン。ムサシ脱出、スタンドに戻る。ムサシ前蹴り。ワイドマン右ミドル。片足タックル、金網に押し込む。ムサシ側頭部に肘打ち。離れる。ワイドマンワンツー、なおもワンツー。片足タックル、ムサシがぶるもワイドマン強引にテイクダウン。ムサシすぐ立つ、離れる。ムサシジャブ、左ロー。クリンチ、ムサシバランス崩し倒れる。ラウンド終了。

 2ラウンド。ムサシジャブ。ワイドマン左ハイ。ムサシ右アッパー連打! なおもラッシュ! ワイドマン鼻から出血。ムサシタックル、金網に押し込む。ブレイク。ムサシジャブ。ワイドマンテイクダウン、ムサシすかさずギロチンも入りが浅い。外れる。ワイドマンパスしてマウント。しかしムサシ反転し脱出、スタンド。ムサシ膝蹴り。ジャブ。首を抱えて膝蹴りもワイドマンの手がマットに着いての膝が入る。これは反則…かと思いきやビデオでは片手しか着いていない。それでもワイドマンを休憩させドクターチェック。ワイドマンはドクターの質問に答えられず、続行は危険と判断され試合終了。ムサシは反則をしていなかったのでムサシが勝利。何ともモヤモヤした結末に。

 2ラウンド3分13秒、ゲガール・ムサシTKO勝ち。ムサシもワイドマンも再戦を希望するコメント。


▼UFCライトヘビー級タイトルマッチ/5分5R
ダニエル・コーミエ vs. アンソニー・ジョンソン


 1ラウンド。ジョンソンプレッシャー掛けて前蹴り連打。ワンツー。コーミエ右フック。ジョンソンタックル、金網に押し込む。コーミエ膝蹴り。側頭部に肘打ち。ジョンソンなおもテイクダウン狙うもコーミエがぶって逆に金網に押し込む。コーミエ首を抱えて膝蹴り。ジョンソンも膝蹴り。左右アッパー。コーミエ再度クリンチ。ブレイク。ジョンソンワンツー、左ハイは空を切る。前蹴り連打からタックル、金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。コーミエ右ミドル。左ロー。ジョンソン左ロー。ジャブ。左ミドルもコーミエキャッチし金網に押し込む。クリンチアッパー。膝蹴り。ジョンソン入れ替える。テイクダウン、コーミエすぐ立つ。入れ替えて逆にテイクダウンからバックを取る。コーミエパウンド連打。鉄槌、パウンド。満を持してチョーク! ジョンソンタップ!

 2ラウンド3分37秒、リアネイキッドチョークでダニエル・コーミエ勝利。ライトヘビー級王座を防衛。

 アンソニー・ジョンソンがまさかの引退表明。「デイナ・ホワイトにもコーチに言ってなかったが、これがラストファイトになると思う」「格闘技と違う仕事を始める」「(ケージサイドにいたジョン・ジョーンズに対し)ジョン・ジョーンズ、次はお前が頑張れ」

ダニエル・コーミエ「アンソニー・ジョンソンは辞めるべきじゃないと思う」「ジミ・マヌワ、お前をワンパンチで倒してやる」「ジョン・ジョーンズよ、早く戻って来い。2年待ったんだ。ファイターとしては尊敬している。戻って来たら迎え撃ってやる」

posted by ジーニアス at 07:15| Comment(80) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
"ギフト"ギレスピーは良い選手だね!
ルックスも良いし、将来のチャンピオン候補だわ
Posted by 田中 at 2017年04月09日 08:53
ブルックス、一時は非UFC最強候補にもあがったが、、、
UFCの壁は高いなあ。。。
Posted by Uo at 2017年04月09日 11:29
ベラトールじゃあれだけ強かったブルックスもUFCじゃこうなるのか、UFCのライトのレベルはやっぱりヤバいな。
Posted by りく at 2017年04月09日 11:58
なんてこった。これはワイドマンが悪いわ。
Posted by うまお at 2017年04月09日 13:01
ムサシの膝か反則でないってわかった時点で、普通に再開でよかったんじゃないかと思う。
Posted by 富士山 at 2017年04月09日 13:09
う~んムサシvsワイドマン後味悪い感じになっちゃったな。
でも結果反則はしてなかったわけだし、ムサシはタイトル戦線に乗ってほしい。

「体をひねって片手をあげさせて膝を入れる」って新しい攻め方になるかもしれませんね。
Posted by あらや at 2017年04月09日 13:10
反則じゃない、かつワイドマン続行出来ないならムサシの明らかな勝ちじゃないか。

まだ、戦えたなら続行すればよかっただけなんだから。再戦の必要あるか?
Posted by FAT at 2017年04月09日 13:13
ワイドマンVSムサシ一進一退の攻防で面白かったが、最後が残念。
ノーコンテストが妥当だと思うが。
再戦組むべきでしょう。
Posted by mr_st at 2017年04月09日 13:13
サッカーボールキック、踏みつけはまた別物だけどやっぱり、グラウンドでの膝はアリでもいいんじゃ…
技術体系がガラッと変わるから難しいだろうけど
Posted by 優作 at 2017年04月09日 13:21
はー、何この結末。完全にムサシの勝ちなのに。
やっぱレスラー贔屓なルールはだめだわ。
Posted by かぁ at 2017年04月09日 13:22
ワイドマン、再開できたんじゃないか?
スタンドではムサシ、レスリングではワイドマンで互角の攻防で面白かったのに残念。
Posted by あ at 2017年04月09日 13:28
反則じゃない攻撃のダメージで続行不能と判断されたならTKOが妥当
Posted by いやいや at 2017年04月09日 13:30
コーミエつよ。こりゃほんとにJJ以外相手いないな。
Posted by うまお at 2017年04月09日 13:30
全盛期のAJはヤバかった、怪物だったって語り継がれるでしょう、お疲れ様でした。
そしてDCおめでとう。
Posted by ssa at 2017年04月09日 13:37
DC強し!
Posted by あらや at 2017年04月09日 13:40
いや、ルール改正で問題ない打撃だから、ムサシのTKO勝ちなんでしょ。

ワイドマンは曜日も答えられないくらいダメージあるんだから、再戦も何もムサシの勝ちでしょ。

何より衝撃なのはAJ引退??

いやいや、JJの復帰戦の査定試合はAJにそんなに甘くないと制裁を加えてほしかったのだが。。
Posted by とんぼ at 2017年04月09日 13:42
四点ポジションの相手を引き起こして膝を入れる技術はもうありますよ。
Posted by ヘビトンボ at 2017年04月09日 13:42
AJもDCも格好いいマイクだった。
ほんとJJ頼むよ~!
Posted by MMMA at 2017年04月09日 13:45
ムサシとワイドマン、不完全燃焼なのはわかるんだが
再戦だ再戦だ言う奴ら見てると
ミドルの興行偏向マッチメイクの口実になった感がな…
Posted by patt at 2017年04月09日 13:47
ムサシ対ワイドマン、試合中に「何曜日か?」と質問され、間違えると試合がTKOで負けになる。

ほんと、新しいルールだな。
Posted by めん at 2017年04月09日 13:49
DC凄かったですね。
自分の勝利の型にはめていく戦い方がお見事。
ACは引退すべきではない。
負けたら引退すると追い込んで戦った結果の発言なんだろうが。。
7月にJJVSDCか。
試合勘に鈍ってるJJにならDC勝利は固いのでは。
Posted by mr_st at 2017年04月09日 13:51
ルールが曖昧なのが問題。
格闘技とスポーツの違いですかね。
ワイドマンが悪い訳ではないですが、ルールに甘え逃げたワイドマンのカッコ悪さが目立った。
ムサシはルールをあまり考えていなくて、たまたま手をついていなかった時にヒザが入ったのでは?

あの後、再開をしてワイドマンがクレーム入れたら、ワイドマンを減点or失格負けにすれば良かっただけ。
ジャッジのレベルが低い。

ムサシも続けたかったのと勝った気がしないから、セコンドが国旗持って来ても跳ねのけていて、それがカッコよく見えました。
Posted by フライド at 2017年04月09日 13:51
コーミエってかさAJは自らレスリング勝負にいって自爆したイメージ。いつも通りに戦ってたらまた違う。あれコーチの指示か?
Posted by らは差や at 2017年04月09日 14:04
AJ引退まじか、、
あの規格外のパワーをヘビー級でも見たかったな
Posted by まっつん at 2017年04月09日 14:13
文句なしでムサシの完勝でしょ。ワイドマン応援してたけどさあ。ワイドマンは明らかに劣ってるわけじゃないのに負け試合が続くなあ、悲しい。

AJ引退するのはJJとやってからにしてくれよー、コーミエには勝てないけど、JJに勝てるのはAJの方だと思う、頼むよー。
Posted by りく at 2017年04月09日 14:20
相手の両手が同じ視界に入っていればいいが

右手が地面についていないのを確認して、左手が地面について、その間にもしっかりと両手が付いているか、そして膝蹴りいれる、なんて不可能だと思う。

入れようと思って、相手に届くころには片手離れているなんてこともあるし。

両手を地面につく瞬間なんて、グラウンドでもそうはなし。
このルールは不可能だと思う。



Posted by めん at 2017年04月09日 14:32
ブルックスが負けてるのはUFCのレベルっていうより検査の影響かもね。
Posted by aaaa at 2017年04月09日 14:34
ベイダーに続きランブルもいなくなっちゃうのか。JJvsランブル見たかった。ライトヘビー級は本当に人材不足だなあ。一時期は本当に熱かったけど。
コーミエは調子悪そうだったけど勝ったから凄いな。ランブルはもっと打撃に徹すれば勝てたと思う。自分からタックルにいったのは良くなかった。
後はJJ、マヌワ、テイシェイラ、グスタフくらいしか期待できない。

ワイドマンは結果がどうであれ3連敗だからそろそろヤバイな。一時は敵無しと思われたけど。なんか今は王座陥落後のペティスを彷彿とさせる。

ムサシvsワイドマンは仮に続行しててもムサシが勝ってたと思う。
Posted by 田中 at 2017年04月09日 14:48
ムサシがセコンドの国旗を失礼と思ったのか、
掲げるのを止めさせたのはやっぱ礼儀正しいんだなって思った。

今回はニューヨークファンの質が悪いのが見えた感じ 
ムサシ何も悪くないし普通に戦って最後まで紳士だったのにブーイング。
Posted by p at 2017年04月09日 14:54
ワイド、ムサシは後味が悪い結末、1roundはワイドがとっても、この二人はタイトルは厳しいかな?
AJ陣営は作戦ミス。コーミエ相手にレスリング挑むなよ
Posted by ひたま at 2017年04月09日 14:56
DCvsAJは思った通りの試合運びになったなぁ
AJはスタミナ無いのがきつすぎるな ウッドリーみたいな戦術も合わなさそうだし
Posted by ドル袋 at 2017年04月09日 15:08
AJが組みに行ったのはなぜかわかりませんが1ラウンドは3者ともAJに付けてるんで間違ってはいないかと
Posted by ssa at 2017年04月09日 15:12
オリベイラ強いよ。
Posted by サクラソウイチオー at 2017年04月09日 15:32
DC強し!
作戦が徹頭徹尾はっきりしてましたね。

やっぱりジョーンズ位しか勝てない怪物だなぁ。

あと、ブルックスはどうした?

Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2017年04月09日 15:55
二発目は完全に指以上に手がついてるように見えるが
wowow なら録画でちゃんとコマ送りして確認出来たのに
勝負まったくついてないままでこの終わりのセミに自滅のメイン
なんだかなあ
Posted by aa at 2017年04月09日 16:06
ムサシはルール守って戦ってたのにブーイングされて可哀想だったな。
コーミエ強い、決して調子話も良くなかったが、それを経験と技術でカバーしてたね。
AJは負けたショックであんな事言ってるだけで引退しないと思う。暫く時間を置いたら引退撤回するよ。その時は暖かく迎え入れましょう
Posted by 格闘技ラブ at 2017年04月09日 16:25
AJは減量と戦ってるだけだったウェルター級時代が本当に無駄だった。今がキャリアで一番良い時なのでまだ辞めてほしくない。コーミエとはタイプ的に相性が悪いだけ。
Posted by たにお at 2017年04月09日 16:26
同じくベラトールで強かったウッドリーもアルバレスも強豪ひしめく階級でそれぞれUFC王者まで上り詰めましたけどね。。
コーミエ勝利でやったー!となった所でAJの不可解な引退表明。
コーテも勝敗に関わらず引退するつもりだったっていうし勝敗関係なく引退するMMA選手が多発してるのが気になります。
Posted by war at 2017年04月09日 16:33
ムサシの膝はローガンが"completely illegal"って何度も言ってるけど、反則ではなかったの?
ルールは具体的にどのように変わったんでしょう?
最初の一発目の片手はオッケーだったとしても2発目は確実に両手ついてますよね?
これって、反則ではないの?
Posted by たろー at 2017年04月09日 16:41
ワイドマンvsムサシは後味の悪さしかない。
ストップして時間を取った時点で反則攻撃だという扱いな訳だから、そのまま勝敗を決するのはおかしい。
両手が付いているかいないかも微妙だし。
ワイドマンは戦えるならすぐに再開を要望するべきだったかも知れないが、本人は反則だと思っているし、そう扱われて時間が止められている訳だから仕方ないとも思う。
それにしても両者共に動きのキレが無かったな。
これからタイトル戦線に上がっていく感じがしなかった。

ジョンソンは何故に自分から組み付いていったのだろうか。
確かにレスリング戦としては互角にやれたのは事実だが、ああいう展開だとコーミエにとっては非常に楽だったのでは。
ジョンソンに脅威はやはりスタンドでの強打だし、それ以外はそんなに怖くないから。
打撃で打ち負けた訳でもなく、コーミエから組み付いてきた訳でもなく、自分からレスリングにいったのが不可解でならない。
コーミエの完勝だが、ジョンソンの自滅にも感じる内容だった。
Posted by もす at 2017年04月09日 16:50
ムサシワイドマン戦はムサシの腰の軽さとワイドマンのトップキープの下手さが目立ってたな。おもしろい試合だったけど。

AJはなんで大事な試合で突然ファイトスタイルを変えたんだろうwしかもコーミエの土俵にw
Posted by さ at 2017年04月09日 16:55
片手だと膝OKにルール改正されたのは、おそらくああいう状態での膝をOKにするためだと推測。
明らかに立ってるのに手をついて膝を入れさせない技術はルール上よくてもカッコよくはなかった。
今回の件が浸透すればああいう場面で膝を狙ってくる人は多くなると思うし、回避方法も変わってくる。
ルール改正を熟知してなかったワイドマンも悪いが、ああいう場面でどうすべきかレフェリーも難しいね。
Posted by あひる at 2017年04月09日 18:10
片手ならセーフ、両手ならアウト。指先ならセーフ手の平ならアウト。ルールに無理がありますね。4点膝は一律禁止なのか解禁するのか明確にするべきかと。選手に非はないのでどちらかを責めるのはお門違いですね。ブーイングされたムサシもTKO負けにされたワイドマンも両方可哀想。
Posted by M at 2017年04月09日 18:22
ランブルが何故殴りに行かなかったのか謎・・・
オリンピアンのコーミエを舐めてたのかな?
Posted by toyoda at 2017年04月09日 18:24
ダメージで続行不可能なわけだからTKOが妥当でしょ
再戦はいらない
Posted by なべ at 2017年04月09日 18:28
超危険だけどやっぱPRIDEルールってすごかったんだな
Posted by AAA at 2017年04月09日 18:55
ウッドリーもローラーもベラトールではない笑
頓珍漢すぎ
Posted by @ at 2017年04月09日 19:00
よく見ると分かるが2発とも手が離れてるね。
ワイドマンは変な演技しなければ再開できたのになぁ
Posted by ドル袋 at 2017年04月09日 19:00
〉さ
お前性格悪すぎ。
ワイドマン流石オールアメリカン!
ムサシレベルでもその力は健在!
ムサシのバック取られてからのスイープは素晴らしいグラウンドテクニックは否定できない。
だろうが!
あぁAJやめないでくれーあなたのような素晴らしいMMAファイターはいないよ!頼むからやめないでくれー!
しかしまぁ、マヌワほどのファイターがJJを茶化す為だけに使われるとは!DCはまだまだ最強!
Posted by テレコ at 2017年04月09日 19:12
いや、ランブル、JJに次はお前の番だとか言ってないで直接JJとやってから引退してほしかった。。。ライトヘビーいよいよスカスカになってしまった。もうこうなるとコーミエに勝てるのJJしかいないな。
後コーミエがJJのこと嫌いだが認めてる。俺とやりたきゃ早く復帰しろみたいなこと言ってたのがかっこ良かった
Posted by ジョンソン at 2017年04月09日 19:26
今年からルールが変わったっていう認識だったんだけど違ったのかな?手の平を地面についたぐらいでは膝蹴りOKじゃなかったの?
現行のルールがいまいちわからん。
Posted by ゲーニッツ at 2017年04月09日 19:57
ムサシの勝ちでいいと思うけど、腰が軽いのはやっぱ弱点かな。ロメロ相手ならやばいかも。
コーミエは強すぎます。マヌワは相手にならないと思うから引っ込んだ方が良い。
Posted by すまほ at 2017年04月09日 20:31
ムサシとワイドマンはレフェリーの間でも意見が割れてそうだなぁ、ローガンは反則ってのを何度も誇張してたし、ワイドマンは反則だと思ってたし、ムサシはどうなんだろ。ビデオ判定だっけ?みたいなの導入したならちゃんとして欲しいなコミッションもレフェリーもって感じかな、あれだとムサシが反則で勝ったみたいになってしまうし、なんとも言えない。
ジョンソンはコーミエにレスリング勝負仕掛けたのは良いけど、それは牽制程度で良かったんじゃないかな、ローキックがかなり良かったしパンチも良かったからスタンド主体で攻めてれば全然違う結果だったろうに、残念。
Posted by cmぱんく at 2017年04月09日 20:37
ランブルがレスリングを仕掛けたというよりもコーミエがそこへ引きずり込んだイメージだけどなぁ。最初の組み合いもランブルが打撃を畳み掛けるタイミングでコーミエが潜り込み、タックルを嫌ったランブルが組防いでそこからゲージレスリングになった印象。
しかし今回観客の質が悪すぎるでしょ。セミもそうだけどメインでもレスリングの攻防でずーっと押し込んでいるだけならまだしもあんなに動き回っているのにブーイングって・・・お前ら何観に来たんだと。
Posted by judo at 2017年04月09日 21:44
グスタフも復活してくれないと、JJ来なければ本当に終わり・・・

DCがロックホールドばりにポカして、マヌワにKOでもされたらもうおしまいだ
Posted by piko at 2017年04月09日 22:20
北米のMMAファン残念だなぁ
Posted by そうえん at 2017年04月09日 22:58
ところでジョーンズとエバンスって仲直りしたんだね。超ニコニコで二人で客席にいたね
Posted by サモハン at 2017年04月09日 23:12
ローガンは反則を連呼してないよ。最初は1発目はlegal、2発目はillegal、リプレイ出て1発目は完全にlegal、2発目はillegalかな?
別アングルのリプレイで1発目完全にlegal、2発目はこれはlegal だ!といってます。 legalとillegal聞き分け難しいですが、前後の言葉からも途中からlegalとなってるのが分かります。
Posted by Ka at 2017年04月09日 23:15
ブレイクの直後ローガンは「二番目の膝はわからない」ってリプレイを要求して、
そのあと別角度の映像で確認して「両方とも問題ない」ってコメントしてたような。
Posted by なべ at 2017年04月09日 23:51
私はなにげに
シリコンvsカルヴィーロの試合が面白かったな~
Posted by コロナキッド at 2017年04月10日 01:55
ワイドマンはあの状況を打開するために両手をマットにつけルールを利用しようとした→レフリーはリーガルかイリーガルか判定するために試合をストップ→一応リーガルの判定→医師が何曜日か聞いたがワイドマン答えられず。 試合で興奮してるんだから今日が何曜日かあんてかんがえながら試合してる選手あまりいないでしょ。 ワイドマンが戦えそうだったな。続けてほしかった。 無敵のアンデウソン相手に無双してた頃のワイドマンはどこへ行ってしまったんだ?
Posted by ぽんた at 2017年04月10日 02:31
そうですよね、ローガン映像確認後からリーガルって言ってますよね。自分はそう認識してたのにここのコメント見て、ローガンはイリーガルだと就職連呼してたとか言ってる人いるから、あれ自分のリスニング能力が低いのかって思ってしまいました。
Posted by 高安 at 2017年04月10日 05:38
ムサシの膝は、当たる瞬間は2発目も手は離れてますね。
だとしたら、正当な攻撃で試合を止めたレフェリーのミスジャッジだと思いますけど。
ワイドマンも有効な攻撃だと思ったと言ってますし、ダメージの回復待ってたら続行不可能と判断されて終わらせられた感じですかね。

AJはJJ×DCの試合を参考にして、レスリング力で勝ろうとしたのかもですね。
実際、JJと同じ様な形でテイクダウン取ってますし。
Posted by xyz at 2017年04月10日 09:26
ランブル1Rはレスリングを仕掛けてたけど、2Rはコーミエが打撃に付き合わずにレスリングに持ち込まれてしまったって見えましたね。ランブルがJJと戦ってもあの戦い方されると厳しいと思います。

ムサシは今回勝ったものの、モーに負けたときと同じで、レスラー相手には依然分が悪いですね。ロメロ、ジャカレイよりは1ランク下って印象。
Posted by mk at 2017年04月10日 10:18
秋山と三崎のときもそうだけど、「片手が浮いてたから」とかなんとか言ってる人は、ではあの状態でノーガードで黙って膝を受けろとでも言うのかな。
機械じゃあるまいし、頭部に膝出されたらガードするしかないだろう。つまりあの状態の膝が反則なら、それを出した時点でその人間の反則だろ。
Posted by mma at 2017年04月10日 10:29
AJの戦法は初戦は打撃重視で今回はレスリングを混ぜたプランに対してDCのプランが基本初戦と変わらずフィニュッシュも同じなのが印象的でした。
DCの安定感が凄い!
Posted by sws at 2017年04月10日 13:44
ワイドマンが試合続行不可能なほどダメージがあるようには見えなかった。
あれでストップなら、劣勢でブザーに救われた場合などは毎回今日は何曜日か聞きに行った方がいい。
ただ基本的にはあそこで両手を着きにいったワイドマンが悪いと思う。
そんなひまがあったら相手のヒザをガードするべき。
ムサシの反則勝ちという方がまだスッキリする。
Posted by 気高い孤独 at 2017年04月10日 13:55
デイナがあのまま続けてもムサシが勝っただろう。再戦は不要だ。とツイートしてます。
Posted by ムムムサシ at 2017年04月10日 15:55
ワイドマンのカッコ悪さばかりが目立った試合

痛いアピールで床に転がりドクター呼んで時間稼ぎ
審判に「リプレイ見たら膝は問題なかった」と言われたのに無視して動かず
ローガンにリプレイ見せられて、今知ったとか平気で嘘つく三文芝居

Posted by なべ at 2017年04月10日 16:05
すみません、自分のリスニングミスでした。
試合後のマイクでも、たしかにlegalと言っていますね。
あとあと見返して、前後の会話からもlegalで間違いなかったですね。失礼しました。
Posted by たろー at 2017年04月10日 16:51
うーん片手付くか付かないかで反則を誘発する行為を是正しようという新ルールなのに、
片手と両手で同じことやられちゃうと意味ないってことが分かっちゃいましたね
両手までスタンドにしてしまうと今度は尻や膝を付いたり離したりする行為に・・・
昔の修斗みたいに「スタンド!」「グラウンド!」とか言わせないと駄目かなw
Posted by にご at 2017年04月10日 17:06
前欠場チャンピオンのワイドマン(今はあの人)なら絶対続行しないと思ったわ
不利な状況だし曜日答えないでノーコンテストか反則勝ちにしたろっていうのが見え見え
Posted by むぎち at 2017年04月10日 19:37
そうなんだよね~。今回何が悲しいって、旧プライドルールだったらワイドマンすぐに試合再開しただろうし、そもそも喰らってなかっただろうなと思っちゃうとこなんだよね。セコく反則勝ちを拾おうとして、失敗したんだからペナルティーは支払わないとね。スポーツでも武道なんだから、そういう姑息なとこは見せないでほしかったな。

ムサシは正当な攻撃で勝利したと胸を張ってほしい。
Posted by りく at 2017年04月10日 19:52
Posted by @ at
なんでいきなりローラー?頓珍漢なのはどっちなんだろう
Posted by OH at 2017年04月10日 21:07
2階級上のラシャドとレスリングスパーでTDとったりとられたりというすごいレスリング力のGSP。 そのGSPがアンデウソン挑戦前のワイドマンを、すごいものがある、ポテンシャルが別格と手放しで賞賛していましたよね。 それが今や打撃上手な相手には打たれてしまい、打撃回避に見えるTDがとれてもキープ力がなく、ロックホールド戦では極められてしまい。 打投極全てに長けていたはず。アメリカの掲示板ではヴェラスケスやJJにワイドマンなら勝てるのでは?という論争スレまで一時あった。 上位の下位グループ位まで下がってしまったね今や。
Posted by ぽんた at 2017年04月11日 01:19
ジョンソンは今回に限らず、ベウフォートの時とかいまいち何をしたいのかよく分からない時がある
Posted by Muse at 2017年04月11日 08:51
今までみんな使ってた戦法を
反則勝ち狙ったとか情けないと批判してる人は少し視野狭いのでは
Posted by aa at 2017年04月11日 20:17
だからUFCのルールはつまらないんだ
Posted by bbb at 2017年04月12日 23:05
なぜ視野が狭いんですか?

そういう意見もあっても、おかしくないとおもいますが?視野が狭いと決めつけてしまう方が…逆に…
Posted by FAT at 2017年04月12日 23:38
反則勝ちを狙ったのは、戦えたのに演技をして試合続行の意思を見せなかった事ですよ。要は賭けに出て負けて(結合法な膝だったし)、レフェリーのせいにして、挙げ句再戦要求してるって事。結果だけを見たら情けないと言っていいね、ワイドマンの大ファンだけど、だからこそ悲しい...。

「今までみんなが使ってた戦法」だからなんなんでしょう?新ルールに対応出来てない事には変わらないじゃないですか。煽りじゃなくどの辺の視野が狭いのか教えてくださいm(__)m
Posted by りく at 2017年04月13日 01:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索