2017年04月07日

ケルヴィン・ガステラムにマリファナ代謝物質の陽性反応、UFC 212のアンデウソン・シウバ戦が中止に

Kelvin Gastelum flagged by USADA for marijuana, pulled from Anderson Silva fight(MMAFighting)

 3月11日にフォルタレザで開催された『UFC Fight Night 106: Belfort vs. Gastelum』でビクトー・ベウフォートに1R TKO勝ちしたケルヴィン・ガステラムが試合後の薬物検査でマリファナ代謝物質であるカルボキシ・テトラヒドロカンナビノール(カルボキシTHC)の陽性反応が出たとのこと。これにより6月3日にリオデジャネイロで開催する『UFC 212: Aldo vs. Holloway』で行う予定だったアンデウソン・シウバ戦が中止されます。処分内容は後日発表されます。

なんてったってマリファナ音頭 (BK-002)
なんてったってマリファナ音頭 (BK-002)
posted by ジーニアス at 10:57| Comment(21) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにやってんだか。ま、まだ一ヶ月半あるし、準備期間一ヶ月半でもアンデウソンを喰ってやろうという選手はまだ他にもいるだろうからいいや。
Posted by うまお at 2017年04月07日 11:03
OMG-_-
Posted by ヨーグルト at 2017年04月07日 11:25
過去に私は、「アンデウソンよりランキングが高いか、マネーになるやつに戦う資格がある。」といったが、

その通りになった。

結局はガステラムはアンデウソンとは、戦う資格はなかった。
Posted by たろう at 2017年04月07日 11:58
やっぱ、アホやねーん
Posted by ゴン at 2017年04月07日 12:20
もー
体重オーバーの心配が無くなったと思ったら。。
TUFからずっと期待してるのに、なんでこんなしょーもないこと繰り返すんだよー。
アンデウソンの相手は誰になるんでしょうね。ホールとか見たいな。
Posted by けす at 2017年04月07日 12:24
アメリカは大麻に対して緩いなぁ 日本なら格闘技どころか社会から追放されるのに。
Posted by ジョルュコーラ at 2017年04月07日 12:35
最近のUFCのマッチメイクに対して不満が続出しますがこう言った欠場を見ると致し方ないかと思っちゃいますね
ミドル級もワイドマン、ロメロ、ロクホとどれも欠場の可能性がある選手
一方非難されるマッチメイクの選手はちゃんと出場する選手が多いですから

試合や大会がなくなったらUFCは選手に補償をしますが選手側が自己都合で欠場しても何のペナルティもないですし
UFCが非難されることもあるでしょうが選手にも責任の一端があるように思います
Posted by ジョン at 2017年04月07日 12:38
なんでこう楽しみな試合がのきなみ流れるのか、期待出来なくなる
Posted by あ at 2017年04月07日 12:56
前回のビクトーとの試合は、マリファナでハイになりながら戦ってたのか!

どうりで、動きが機敏だと思った。

無効試合にはならないのか?
少なからず恐怖心を克服するのに、酒やマリファナは有効だろうし。
酒は試合中トイレタイムとりたくなりそうだけど。

オバマ大統領
ブッシュ大統領
クリントン大統領
と歴代のアメリカ大統領がマリファナ経験があるのは、公表済だけれど、偉い人ほどやってるのかな

日本の総理大臣はどうなんだろう。
Posted by めん at 2017年04月07日 13:30
強くもならないマリファナで出場停止とは意味分からん。

マリファナくらいで社会から追放される日本の方がずっとおかしい。緩いとかコメントしてる人はちゃんと知識つけてから言いな。
Posted by よ at 2017年04月07日 13:41
アホー 楽しみにしとってん
Posted by そうげーん at 2017年04月07日 13:56
ほんとマリファナごときだけど、やったらダメよと決まってる中でバレたらやむを得ないでしょ。
しかるべき処罰は当然のこと。
反論大いに結構だが制度変えるために頑張ったら?
出来ないならだまっとくべし。
Posted by じゃがい at 2017年04月07日 15:58
クサはアッパーではないので必ずしもハイにはならないし、動きが機敏になるものでもないよ。
むしろ緩慢になるケースの方が多い。

試合に得られる効果としては恐怖心の麻痺、痛みの鈍化、とかじゃないかな。
Posted by あ at 2017年04月07日 16:02
マリファナはダウナーな時点で普通にドーピング効果あるんだよなぁ
興奮剤が禁止薬物なのと同じ
Posted by ドル袋 at 2017年04月07日 16:19
あーん、ざんねーん!!
でも顔はむっちゃ良いよね~
Posted by コロナキッド at 2017年04月07日 16:46
マリファナくらいいいんじゃないですか?
自分はディアス兄弟と同じ考えです。
Posted by わわ at 2017年04月07日 16:55
選手云々以前で人としてダメ。こんな理由でファンの期待を裏切らないでほしい。
Posted by 苦い涙 at 2017年04月07日 17:34
>前回のビクトーとの試合は、マリファナでハイになりながら戦ってたのか!

いや、べつに試合中じゃなくて、
練習合間や休みに吸ってリラックスしてたかもしれないよね

ほんとに責任感が無い選手が多いよな
ひっかかったアンデウソン含め
Posted by ビッグまさ at 2017年04月07日 18:36
強くはならないでしょうが、痛み止めの効果が有るから試合時は禁止なんじゃないですかね?
痛み止めの注射とか禁止ですよね。市販の風邪薬とか頭痛薬とか生理痛の薬も痛み止め入ってるから(それだけではないけど)引っかかるし、格闘家は大変です。
しかしなぜ試合時にわざわざマリファナやるんだ。。
Posted by けす at 2017年04月07日 18:54
よさん

なぜマリファナがアメリカのスポーツでも禁止されているのかについても、「意味分からん」と言う前に先に調べて知識をつけるのが先じゃないでしょうか?

他人の意見をからかってブーメランは格好悪いですよ。
Posted by 大 at 2017年04月07日 21:44
>めんさん
そして大麻で動きは機敏にならないと思いますよ。むしろ鈍くなるかと。。。
覚せい剤とは全く違うものですし恐怖心もどうですかね。関係ないと思います。
おそらく、数日前にやったものが残ったのでしょうね。直接試合には何も関係していないといっていいでしょう。

ただ、ルールはルールなんでね。1,2週間前からはやらないとかプロ意識を持ってほしいな
もともと体重守らなかったりプロ意識に欠ける選手なんで、そういうのがここにでたな
Posted by FAT at 2017年04月08日 02:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索