2017年03月29日

ジョゼ・アルド「マクレガー vs. メイウェザーは実現しないと思う」

Funko - Figurine UFC - Jose Aldo
Funko - Figurine UFC - Jose Aldo Pop 10cm - 0889698106894

Jose Aldo doesn’t believe Conor McGregor vs. Floyd Mayweather will happen(MMAFighting)

 ジョゼ・アルドがコナー・マクレガー vs. フロイド・メイウェザーJr.の噂について以下のコメント

「俺たち選手はみんなUFCと契約しているし、全てUFCを経由しないといけない。メイウェザーがUFCファイターと対戦するのは難しい。彼はボクシング大会(メイウェザー・プロモーションズ)を主催しているので80%持って行く。UFCはその逆で、彼らが80%持って行って選手の取り分は20%だ。これは本当のことだ。だからコナーがサインするかどうかよりもメイウェザーがそれを受け入れるかの方が問題だ」

「俺がコナーと再戦することはもう無さそうだ。それが間近だと思っていたこともあった。UFCは試合を組もうとしたが、彼はそれを受けずに逃げた」

「メディアで言うのは簡単なことだ。俺だってこれからボクシングやキックボクシングの世界チャンピオンと対戦すると言うとしよう。みんながそれを報じてニュースになる。そしてトークを繰り広げる。それが本当に実現するかもしれないが、もう嘘は止められなくなる」

「今はコナーのことなんて考えちゃいない。彼が何をしようと気にしちゃいない。俺はチャンピオンとしてビッグファイトがしたいだけだ。いずれ再戦することがあればグレートだが、そうならなかったとしても俺は俺の人生を歩むだけだし、チャンピオンとして勝ち続けたい。だから今は彼のことなんて考えちゃいないし、質問するから答えているだけだ。彼はクソッタレだよ」

posted by ジーニアス at 00:58| Comment(8) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
偉大なチャンピオンだったアルドがヤバい元カノみたいになってる。
Posted by ヨーグルト at 2017年03月29日 07:40
めっちゃ考えてるやん!
Posted by じゃが at 2017年03月29日 08:18
マクレガーには拘ってほしいな。UFCじゃ何年もずっと無敗で、危ないとこすらなかった最強王者の初めての挫折なんだから、ここからマクレガーにリベンジしたらマジでドラマだよ。マクレガーは最強のフィジカル持ってる進化し続ける天才だけど、アルドが本気で初心に戻ったら結果はわからない。
Posted by りく at 2017年03月29日 08:37
アルドは心の底からコナーマクレガーが嫌いそうだな。

けど、ネイトの時は、アルドも一度はオファー受けてチャンスがあったのに避けたからね。

準備期間が少なければ、前とさほど変わらない、
また負ける恐怖でいっぱいだったのかな。
Posted by めん at 2017年03月29日 10:06
アルドはヌルマゴ叩きのめして欲しい

そうすりゃマクレガーも相手してくれるんじゃないかな?
Posted by freeman at 2017年03月29日 11:43
今にして思うとマクレガー戦のアルドはベストだった。
たとえ13秒でKOされても、あの時のアルドは美しかった。
そういう美しさを取り戻すためにボクシングを始めるなら、悪くない気がする。
Posted by 気高い孤独 at 2017年03月29日 13:03
マクレガーがネイトと1回目に試合をした時にアルドはマクレガー戦のオファーを断ってるよね
この人はいつも事実を捻じ曲げて自分の都合のいいように話すね
気にしていないと言いながらマクレガーのことばっかり話してるし
結局はマクレガーに嫉妬してるだけにしか見えない

メイウェザーの件だってマクレガーが勝手にトークを繰り広げてるんじゃなくて、メイウェザーもマクレガーとやりたいと言ってるから

ジョゼ・アルド「マクレガー vs. メイウェザーは実現しないと思う」じゃなくて
ジョゼ・アルド「マクレガー vs. メイウェザーは実現して欲しくない(羨ましい)」が本心でしょ




Posted by もうもう at 2017年03月29日 14:35
負傷明けで試合勘が無かったアルドだし
ベストコンディションなら判定までいけるって思うんですけどね

ヴェラスケスがサントスに負けた時も
もう絶対に勝てないって2chでも言われてましたしね
結果は逆でしたが
Posted by 赤鯖 at 2017年03月29日 20:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索