2017年03月28日

コナー・マクレガーとネバダ州アスレチックコミッションが和解、ボクサーライセンス取得へ

Here’s what Conor McGregor’s new fine means for his proposed fight with Floyd Mayweather(FOX Sports)

 昨年8月の『UFC 202: Diaz vs. McGregor 2』でネイト・ディアスと荒れた記者会見をした件の処分を不服とし、ネバダ州アスレチックコミッションと対立していたコナー・マクレガーが和解したとのこと。当初は15万ドルの罰金及び50時間のボランティア活動が科せられる予定でしたが、2万5000ドルの罰金及び25時間のボランティア活動に変更されています。マクレガー陣営によると、これによりネバダ州のボクサーライセンスを申請するとのこと。アスレチックコミッションのチェアマン、アンソニー・マーネル氏はライセンスは発行されるだろううとコメントしていることから、フロイド・メイウェザーJr.戦実現にまた一歩近づくことになります。

大橋秀行 ボクシング 新!完全教則 入門篇 [DVD]
大橋秀行 ボクシング 新!完全教則 入門篇 [DVD]
posted by ジーニアス at 01:20| Comment(4) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MMAファイターがこんな簡単にボクサーライセンス取れるなんて羨ましい国ですね
Posted by にご at 2017年03月28日 10:15
MMAファイターがとか関係なくない(笑)きみMMAファイターバカにしてるよね
Posted by 佐野 at 2017年03月28日 15:52
和解ですか。
罰金が当初の6分の1。
ネバダ州アスレチックコミッションが間違いを認めた、という印象です。
Posted by 横山ゾック at 2017年03月28日 23:00
>佐野さん
いや煽りで書いた訳じゃないですよ
日本のボクシング会ももう少しゆるくなってほしいなーと思っただけです
Posted by にご at 2017年03月29日 13:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索