20170727_WEB_UFC-JP_728x90.png RIZIN2017__1015_02.jpg

2017年03月19日

『UFC Fight Night 107: Manuwa vs. Anderson』速報

レゴ(LEGO) アーキテクチャー ロンドン 21034
レゴ(LEGO) アーキテクチャー ロンドン 21034

UFC Fight Night 107 ‘Manuwa vs. Anderson’ Results: Play-by-Play & Updates(Sherdog)

UFC Fight Night 107 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です

▼女子バンタム級/5分3R
リナ・ランスバーグ vs. ルーシー・パディロヴァ

 1ラウンド。ランスバーグジャブからクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。ブレイク。パディロヴァジャブ。前蹴り。パンチが交錯。ランスバーグ右フックからクリンチもパディロヴァが金網に押し込む。ランスバーグ膝蹴り。パディロヴァ左ハイ、離れる。パディロヴァクリンチ、金網に押し込む。互いに膝蹴り。ランスバーグクリンチアッパー。離れる。パディロヴァ左ミドル、ワンツー。クリンチ、離れる。ランスバーグ蹴り足キャッチもパディロヴァが金網に押し込む。ワンツー。ランスバーグ入れ替えて膝蹴り、肘打ち。離れ際にパンチが交錯前蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。ランスバーグ右ストレート。パディロヴァ左ミドルもランスバーグキャッチ、離れる。ランスバーグ右ミドル。クリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。離れる。ジャブが交錯。ランスバーグジャブ、ワンツーからクリンチもパンチが交錯が金網に押し込む。膝蹴り、離れる。ランスバーグ肘打ち、左右ロー。パンチが交錯。パディロヴァ右フック。ランスバーグ右ロー、ワンツー。前蹴り、右ロー連打。クリンチ、金網に押し込もうとするもパディロヴァ入れ替えて連打。ランスバーグ片足タックル、金網に押し込んでからテイクダウン、クローズドガード。ランスバーグパウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。パディロヴァ左ロー。ジャブが交錯。パンチが交錯。パディロヴァ左ミドル、ジャブ。ランスバーグワンツー。パディロヴァワンツー、なおも連打。ランスバーグ片足タックル、金網に押し込む。パディロヴァ側頭部に肘打ち連打! 離れる。パディロヴァジャブ連打。右フック。左ミドル、ランスバーグキャッチ、離れる。激しい打ち合い。ランスバーグタックル、金網に押し込む。離れる。パディロヴァ左ミドル。ランスバーグジャブ。パディロヴァワンツー、なおも連打。ランスバーグ右ミドル、前蹴り。パディロヴァジャブ、ワンツー。ジャブ。ジャブが交錯。激しい打ち合い。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でリナ・ランスバーグ勝利。


▼ミドル級/5分3R
ブラッドリー・スコット vs. スコット・アスカム


 1ラウンド。アスカムはサウスポー。アスカムワンツー。スコット左ロー。アスカム左ロー。スコット左ロー、右フック。左ミドル。アスカム左フック。左ロー。左ミドル。パンチが交錯。アスカム左フック。スコットワンツー、アスカムダウン! すぐ立つ。アスカム左ロー。スコット右フック。アスカム左ロー。スコット右フック。左ロー。互いに左ロー。アスカム左ミドル。スコット前蹴り。アスカム右アッパー。左フック。右ロー、右フック、右ボディからクリンチ、金網に押し込む。互いに膝蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。アスカムワンツー。左ロー。前蹴りが交錯。アスカム左ミドル。スコット右ロー、右フック。アスカム左ロー、左フック。パンチが交錯。アスカムワンツー。左フック。さらに左フックでスコットバランス崩しダウン、アスカム上になり首を抱えるもスコット立つ、離れる。ジャブが交錯。アスカム左ハイ、ワンツー、左ミドル。左フック。スコット左ロー、軸足を蹴られたアスカムが右足を気にする。右足をかばい時折オーソドックスにスイッチする。アスカムジャブ。スコット左ロー。右ロー。アスカム左ロー、前蹴り。スコット右ロー。アスカム左ロー。スコット右ロー。アスカム左ロー。パンチが交錯。アスカム左フック、ジャブ、左ハイ。スコットワンツー。ラウンド終了。

 3ラウンド。アスカム左ロー。前蹴り。スコット右ロー。アスカム右ロー。ジャブ。前蹴り。左ミドル。ジャブ。前蹴り、ジャブ。左ハイ。スコット右フック。右ロー。アスカムジャブ、左ロー、ジャブ。スコット右フック。ジャブ。右ロー。アスカムジャブ、肘打ち。スコットジャブ。ジャブが交錯。アスカム左ハイ。スコット右ロー。アスカムジャブ。左ハイ。ジャブ。スコットジャブ。アスカム左ミドル。スコットワンツー。アスカム左ミドル連打。ジャブが交錯。スコット右フック、左ロー。アスカム左ハイ。左フック。左ミドル。スコット左フック。アスカムジャブ。左フック。ワンツー。スコット左ストレート。アスカムワンツー。左ロー。スコット左ロー、ワンツー。パンチが交錯。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(28-29、29-28、29-28)でブラッド・スコット勝利。


▼ライト級/5分3R
マーク・ディアケイシー vs. ティーム・パッカラン


 1ラウンド。ディアケイシー右ロー。サイドキックからソバット、さらにソバット。関節蹴り。パッカランワンツー。ディアケイシー右フック! パッカランノックアウト!

 1ラウンド0分30秒、マーク・ディアケイシーKO勝ち。


▼ウェルター級/5分3R
レオン・エドワーズ vs. ヴィセント・ルケ


 1ラウンド。エドワーズはサウスポー。ルケ左ロー。パンチが交錯、エドワーズの左フックでルケぐらつく。エドワーズ左ミドル。ルケ左フック。エドワーズ左フック。クリンチ、ルケがテイクダウンもエドワーズすぐ立つ、ルケなおも金網に押し込む。エドワーズ入れ替える。ルケさらに入れ替える。離れる。エドワーズジャブ。左ミドル。左ハイもルケクリンチからテイクダウン、ハーフガード。パス狙うもエドワーズクローズドに戻す。ルケパスしてハーフ。さらにパスしてサイド。エドワーズ反転し亀に。ルケ膝蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。パンチが交錯、クリンチ、ルケが金網に押し込む。テイクダウン狙うもエドワーズがぶって首を抱える。ルケなおも金網に押し込む。ブレイク。エドワーズ左ミドル! ワンツー。跳び膝からタックル、金網に押し込む。テイクダウン、ハーフガード。エドワーズパウンド、膝蹴り。ブレイク。エドワーズ左ミドル。タックル、金網に押し込む。膝蹴り。ラウンド終了。

 3ラウンド。ルケ左ロー。エドワーズ左ミドル。ルケクリンチ、金網に押し込む。エドワーズバックに回り込む。ルケ反転、再度金網に押し込む。エドワーズ入れ替えて連打! 金網に押し込む。離れ際になおも連打! 離れる。エドワーズワンツー、膝蹴り。ワンツー。ルケワンツー。右ミドルもエドワーズキャッチ、金網に押し込む。離れる。エドワーズワンツー。ルケワンツー、なおも連打。激しい打ち合い。エドワーズワンツー。ルケワンツー。エドワーズワンツー、ルケ右ミドルもエドワーズキャッチしテイクダウン。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でレオン・エドワーズ勝利。エドワーズはドナルド・セラーニ戦をアピール。


▼ヘビー級/5分3R
ダニエル・オミランチョク vs. ティモシー・ジョンソン


 1ラウンド。互いにサウスポー。オミランチョクワンツー、左ロー。右フック。ジョンソン右フック。オミランチョクワンツー、左ロー。左フック。左ミドル。ジョンソンワンツー。オミランチョク左ロー。ジョンソンワンツーからクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。オミランチョクも膝蹴り。ブレイク。オミランチョクワンツー。左ロー。ジョンソンジャブからクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。離れる。ラウンド終了。

 2ラウンド。オミランチョク左ミドル。左ロー。左フック。ワンツー。右フック。左ロー。ジョンソンジャブ連打からクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。離れ際に右フック。オミランチョク左フック。左ストレート。パンチが交錯。オミランチョクジャブ。左ロー。ジョンソンジャブ連打からクリンチ、金網に押し込む。テイクダウン、ハーフガード。ジョンソン脇腹にパウンド。頭部にもパウンド連打。オミランチョク立つ、ジョンソンなおも金網に押し込む。ラウンド終了。

 3ラウンド。ジャブが交錯。ジョンソンタックル、金網に押し込む。ジョンソン膝蹴り連打。オミランチョク入れ替える。ジョンソンさらに入れ替える。ブレイク。ジャブが交錯。ジョンソンジャブ連打。オミランチョクタックルに行くもジョンソンがぶって逆に金網に押し込む。ブレイク。オミランチョク左ロー。ジョンソンワンツー。右フック。オミランチョク左エルボー。ワンツーからタックル、金網に押し込む。ジョンソン入れ替える。離れる。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(28-29、30-27、29-28)でティモシー・ジョンソン勝利。


▼ライトヘビー級/5分3R
ダレン・スチュワート vs. フランシマール・バホーゾ


 1ラウンド。バホーゾワンツー。スチュワートワンツー。カウンターのテイクダウン。バホーゾ下からアームバー狙いもスチュワート外して猪木アリ状態。ブレイク。スタンドに戻る。スチュワート左ローも急所にヒット。休憩後再開。バホーゾ左ロー。スチュワート右ロー。バホーゾ右ロー。スチュワートクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。離れる。スチュワートクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。クリンチアッパー。膝蹴り。離れる。バホーゾ左ストレート。左ミドルもスチュワートキャッチ、金網に押し込む。離れる。パンチが交錯、スチュワートが金網に押し込む。バホーゾ逆にテイクダウン、スチュワートすぐ立つ、バホーゾなおも金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。バホーゾ左ミドル。スチュワート左ロー。バホーゾ左ミドル。スチュワートクリンチもバホーゾが金網に押し込む。バックを取りテイクダウン、スチュワートすぐ立つ、バホーゾなおも金網に押し込み再度テイクダウン、スチュワートすぐ立つ、バホーゾなおもテイクダウン、バックをキープ。スチュワート立つ、バホーゾなおも金網に押し込む。ブレイク。バホーゾジャブ。スチュワート右フック。バホーゾ左ミドル、スチュワートクリンチもバホーゾが金網に押し込む。スチュワート膝蹴り。離れる。スチュワートクリンチ。ラウンド終了。

 3ラウンド。スチュワート右ロー。右フック。バホーゾ左フック。スチュワート右ロー。クリンチから互いにクリンチアッパー。離れる。バホーゾワンツーからクリンチ、金網に押し込む。互いに膝蹴り、離れる。バホーゾ左ミドル。スチュワートワンツー、右ロー。ワンツー。バホーゾクリンチ、金網に押し込む。スチュワート入れ替える。離れる。スチュワートワンツー。バホーゾワンツー。パンチが交錯。スチュワートタックル、金網に押し込む。離れる。バホーゾ左ハイ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でフランシマール・バホーゾ勝利。


▼ライト級/5分3R
ジョセフ・ダフィー vs. レザ・マダディ


 1ラウンド。ジャブの応酬。マダディタックルも交わされる。ダフィー左ミドル。マダディテイクダウン、ハーフガード。ダフィー金網を背にする。ダフィーが立つ前にマダディ再度テイクダウンも勢い余ってダフィーがスイープ、ハーフガード。マダディクローズドに戻す。下からアームバー狙いも逆にダフィーのパスを許すことに。マダディまたもクローズドに戻す。ダフィー肘打ち。パウンド。肘打ち。マダディ額からおびただしい出血。ラウンド終了。

 2ラウンド。ダフィーサイドキック連打。右フック。ジャブ。マダディ左ロー。ダフィージャブ連打。左ロー。ジャブ、ジャブ連打。左ミドル、右ロー、左ミドル、右ロー。マダディタックルも切られる。ダフィージャブ。マダディタックルも切られる。ダフィーワンツー。左ハイ。左フック。マダディ右エルボー。ダフィー右フック、ジャブ連打。左ハイ。左ミドル。マダディワンツー。テイクダウンもダフィーすぐ立ち離れる。ダフィーワンツー。マダディジャブ。タックルも着られる。ダフィーテンカオ。ジャブ。サイドキック。ジャブ。ラウンド終了。

 3ラウンド。マダディジャブ。タックルも交わされる。ダフィーワンツー。ジャブ。マダディワンツー。片足タックルも切られる。ダフィーワンツー、膝蹴り。マダディ片足タックル、金網に押し込む。膝蹴り。ダフィー入れ替える。膝蹴り。離れ際に肘打ち。ダフィーサイドキック。ジャブ。マダディワンツー。ダフィー右フック。ジャブ。右ロー。左ハイ。右アッパー。マダディジャブ。片足タックルも切られる。ダフィー左フック。ワンツー。左ミドル、右アッパー。マダディタックルも切られる。ダフィーサイドキック。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でジョセフ・ダフィー勝利。


▼フェザー級/5分3R
アーノルド・アレン vs. マクワン・アミルカーニ


 1ラウンド。互いにサウスポー。アミルカーニいきなり跳び膝狙いも不発。アレン右ロー。アミルカーニテイクダウン、アレンすぐ立つ、アミルカーニなおも金網に押し込み再度テイクダウンからアナコンダチョークも外れる。今後はギロチンチョークもアレン立って逆にテイクダウン、ハーフガード。アレン脇腹にパウンド、顔面に肘打ち。ボディに膝蹴り。パウンド。アミルカーニ立つ、金網に押し込んでからテイクダウン、アレンすぐ立ち金網に押し込む。膝蹴り。アミルカーニ入れ替える。ブレイク。アレン右ハイ、アミルカーニカウンターの右ストレート。アレン右ミドルからワンツー。ラウンド終了。

 2ラウンド。アミルカーニテイクダウンからアナコンダチョーク狙い。外れてアレンスイープ、ハーフガード。アレン肘打ち。パスしてマウントからパウンド。アミルカーニハーフに戻す。アレン肘打ち。アミルカーニ立つ、離れる。アミルカーニ前蹴り、ジャブからタックルもアレンがぶってギロチン、しかし外れてアミルカーニが上になる、ハーフガード。アレンクローズドに戻す。下からアームバー狙いも不発。ラウンド終了。

 3ラウンド。アミルカーニジャブ。アレンジャブ。ジャブの応酬からアミルカーニタックルも切られる。アレンスピニングエルボーも不発。アミルカーニ前蹴り。アレン左エルボー。左ストレート。アミルカーニジャブ。アレン左フック。アミルカーニタックルからバックを取る。金網に押し込む。アレンがテイクダウンもアミルカーニすぐ立ち逆にテイクダウン、パスしてハーフ。アレンクローズドに戻す。ブレイク。アミルカーニタックル、アレン入れ替える。テイクダウン、パスしてマウント、アミルカーニ反転、アレンバックを取る。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(28-29、30-27、30-27)でアーノルド・アレン勝利。


▼140ポンド契約/5分3R
ブラッド・ピケット vs. マルロン・ヴェラ


 1ラウンド。ヴェラはサウスポー。ヴェラ左ミドル。ピケットワンツー。ヴェラクリンチもピケットが金網に押し込む。テイクダウン、サイドを取る。ヴェラ脱出、スタンドに戻る。ピケットワンツー。ヴェラ左ロー。ピケット右フック。ヴェラ右ロー、ワンツー。ピケットワンツー。ヴェラ左ミドル。ピケット右フック。ヴェラ前蹴り。ピケット右ロー。ヴェラ右ロー。ピケット右フック。左フック、ヴェラダウン! すぐ立つ。ピケットタックルもヴェラがぶって膝蹴り、離れる。ピケット左フック。右フック。ヴェラ首相撲から膝蹴り、左ロー。ピケットジャブ。左フック。ジャブ。ヴェラ左ミドル連打。ピケット左フック。ラウンド終了。

 2ラウンド。ヴェラ右ロー。ピケット左フック。ヴェラ膝蹴り。左ロー。右ハイ。ジャブ。跳び膝。ピケットワンツー。タックル、金網に押し込む。テイクダウン、ハーフガード。ピケット肘打ち。ヴェラクローズドに戻す。ピケットなおも肘打ち。パウンド。パスを狙うもヴェラ脱出、スタンド。ヴェラ左フック。ピケット右ロー。ヴェラ左ロー。ピケット左フック。ヴェラ左ミドル。ピケットワンツー。ヴェラ左ミドル連打。ピケット首を抱えて膝蹴り、離れる。ラウンド終了。

 3ラウンド。ヴェラ左ミドル。右ロー。ピケット右フック。ヴェラ左ミドル、膝蹴り。ピケット右ロー。ヴェラ膝蹴り。左ミドル連打。ピケット右ロー連打。左フック。ヴェラジャブ。ピケット右フック。ヴェラ前蹴り、左ミドル、左ロー。ピケットワンツー。ヴェラ右ミドル。左ロー、ワンツー。ピケット右ロー。ヴェラ右ロー、左フック。右ロー。左ロー。ピケット右フック。ヴェラ前蹴り。ピケットワンツー。ヴェラ膝蹴り。左ミドル。前蹴り。左ハイ! ピケットダウン! ヴェラパウンド! レフェリー止めた!

 3ラウンド3分50秒、マルロン・ヴェラTKO勝ち。


▼ウェルター級/5分3R
グンナー・ネルソン vs. アラン・ジョウバン


 1ラウンド。ジョウバンはサウスポー。左ロー。右ロー。ネルソン右フックからクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。離れる。ジョウバン右ロー。ネルソンクリンチ、離れる。ネルソン右ミドル。ジョウバン左ミドル。ネルソン左フック。ジョウバン左ロー。ネルソンタックル、金網に押し込む。テイクダウン、ハーフガード。パスしてサイド、さらにマウント。しかしそこから攻めあぐみラウンド終了。

 2ラウンド。ジョウバン左ロー。ワンツー。右ロー。ネルソン右フック! ジョウバンぐらつく! ネルソン右ハイ! さらに首を抱えギロチンチョーク! ジョウバンタップ!

 2ラウンド0分46秒、ギロチンチョークでグンナー・ネルソン勝利。


▼ライトヘビー級/5分5R
ジミ・マヌワ vs. コーリー・アンダーソン


 1ラウンド。アンダーソン左ロー。マヌワジャブ。アンダーソンタックルも交わされる。マヌワ左フック。左ハイ。アンダーソン右フック。マヌワ左フック。アンダーソンタックルも切られる。アンダーソン再度タックルも切られる。アンダーソンジャブ。マヌワ左フック! アンダーソンノックアウト!

 1ラウンド3分05秒、ジミ・マヌワKO勝ち。


posted by ジーニアス at 03:15 | Comment(16) | TrackBack(0) | UFC | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
判定 ダメだよ KOじゃなきゃ
Posted by なか at 2017年03月19日 07:09
いや、べつに興行だしいいんだけど、前座の試合で一本勝ちの勝者にBOOとか(笑)
ずっと前から感じてたけど、イギリス、カナダの客の質は日本のミーハー層より遥かに劣る。そりゃビスピンが生まれるわ。
Posted by ごっち at 2017年03月19日 07:20
メインは絶対塩試合だと思ったのに
まさかのワンパンKOか
Posted by おへろ at 2017年03月19日 08:05
上三つ良かった!!
個人的にはジョウバンのために早起きしたので残念だったけど(。>A<。)
それにしてもテンプルって効くんだねー・・
上三つみんなテンプルにもらって一発で倒れたりぐらついたりだよなー・・
Posted by コロナキッド at 2017年03月19日 08:12
メイン三試合とディアキーシーの試合だけで大満足。アレンとアミルカーニの試合もよかったけど。
しかし、マヌワとピケットは一歳差とは思えないほど肉体的なダメージに違いを感じられて、改めて格闘技の恐ろしさを思い知らされた。
それだけにピケットのことは、負けてなお格好よく見えたし、セカンドキャリアがうまくいってほしいと思う。
Posted by y at 2017年03月19日 08:39
ごっちさん
それ凄く思いますね、お国柄なんでしょうか。
日本大会で日本で知名度と人気の高いムサシがホールにKOされてた時はホールに大歓声でした。
勝者を称えるべきですよね。

しかしまぁ、グンナーを子供扱いしたマイアの柔術スキルって改めて異次元なんだなと感じた。まぁジョウバンがあれだったけど。
Posted by テレコ at 2017年03月19日 10:21
ブラジルも相当ひどい ワーストレベル
ブラジル選手じゃない人の紹介はブーイング
ブラジル選手以外が勝ったら葬式みたいに静まり返る

なんかかんだアメリカがまだ公平なんだなって思う
Posted by イングランド at 2017年03月19日 11:30
コーリー アンダーソンは無駄な動きが多過ぎだったし、マヌワの相手にしては役不足だったと思う
トップファイターは無駄な動きがないし、体の重心がブレないことを改めて考えさせられました
Posted by すまほ at 2017年03月19日 12:38
悪く言えば日本は冷めてて、だから格闘技のスターが生まれないのかなと思う。マクレガーがここまでなったのもアイルランドの異様な熱狂があったからだろうし。
Posted by uji at 2017年03月19日 12:57
絶対マヌワがKOで勝つとは思ってた
ブラボヴィッチ以外の試合では全試合KO1本勝ちだからな
Posted by w at 2017年03月19日 15:21
グンナーとマヌワは次はナンバー大会でタイトルマッチにつながる試合を組んで欲しいな。
Posted by mr_st at 2017年03月19日 21:24
グンナーネルソンって、なんか。リトルコナーマクレガーみたいだな。
Posted by めか at 2017年03月20日 00:51
日本のファンはお国柄に加えてPRIDEの頃から長く成熟してるだけで、別に冷めてるとは一切思いません。
それに、アイルランドみたいな(ファン全員とは言わないけど)自国以外の選手にメタクソに暴言ぶつけたり、入場の時に国旗を投げつけたり、計量ですら相手を執拗にブーイングするようなああいう熱狂ならいらないと思ってます。
Posted by あ at 2017年03月20日 01:13
ujiさんに同意。
カナダやイギリス、ブラジル人は自国を思う気持ちが強いから自分の国の選手を必死に応援するあまり外国人選手にブーイングを送る。今の日本人は他の国に比べて自国を想う気持ちがあまり無いから日本人vs外国人で外国人に全くブーイングを送らない。それが日本は争いの少ない安全な国である最たる理由だと想うから自分は好きなんだけど
でもスターを生もうと思ったらこの環境じゃなかなか生まれないよね。アイルランドの自国を想う強さがマクレガーをあそこまでのスターに押し上げた。まあそれ以前に日本人選手がスターになれるだけの強さが無いんだけど。
Posted by かなと at 2017年03月20日 03:45
そうだね!日本人は格闘技の会場でもお行儀よくて本当に素晴らしいよね!
世界中の人間に私達の素晴らしい人間性を見習って欲しいよね!
Posted by もこ at 2017年03月20日 09:13
グンナーネルソンは寡黙な戦士だなあ。コナーとは真逆。ロシアン的なメンタルで地味だけどかっこいいわ
Posted by フルネルソン at 2017年03月21日 16:56
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

この記事へのTrackBack URL(承認制)

banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索