RIZIN2017__0416_2.jpg

2017年03月15日

カリフォルニア州が体重超過選手の勝利ボーナスにも罰金を科すようルール変更

CSAC to fine win bonus, in addition to show money, if fighter misses weight(MMAFighting)

 カリフォルニア州アスレチックコミッションのエグゼクティブオフィサー、アンディ・フォスターが3月14日の会議で計量ミスをしたファイターが勝った場合の勝利ボーナスも罰金の対象とするようルール改正したとコメント。これまでは出場給の20%が対戦相手に譲渡されていましたが、勝利ボーナスは対象外でした。出場給20%のみでは抑止力としては十分ではないと判断したそうです。

 また、カリフォルニア州アスレチックコミッションは階級制度や計量制度の変更も検討しているとのこと。無理な減量を抑制するために階級を落とす選手に医師の診察を義務付けることや、体重戻しの抑制のために当日計量の採用を検討しているそうです。

わかりやすい刑罰のはなし―死刑・懲役・罰金
わかりやすい刑罰のはなし―死刑・懲役・罰金

posted by ジーニアス at 21:35 | Comment(8) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
いいね!
Posted by nn at 2017年03月15日 22:28
これは朗報。
あとは、まずはウェルターを165と175に分けてあげてほしいな。RDA、セラーニ、マスヴィのようにライトから165に上げる選手たちが出てくるだろうし、ウェルターはジョニヘンやガステラムを含む175組とオリヴェイラやアウベスなど含む165組に分かれることになるだろうけど、両階級とも層が厚いから大丈夫だろうし。
当日計量はきちんと整備したうえでやるならいいけど、ファラヤンがやけに大きく感じたという青木の話もあるしどうなんだろう。
Posted by y at 2017年03月16日 00:38
薬物でノーコンテストになった人にもね!
Posted by あひる at 2017年03月16日 00:59
でもUFCほど層が厚くない他団体も影響受けるわけだし、それなら当初の案どおり10ポンド刻みで統一してくれたほうがいいか。
195ができた場合、どのように選手たちが動くかいまいち予想つきにくいけど。
Posted by y at 2017年03月16日 01:02
当日軽量は導入すべき
Posted by たまご at 2017年03月16日 10:59
いいことだけどUFCも一緒にもっと厳しく取り組んで欲しいですね。
個人的には大幅な減量&増量はさほど問題無いと思うけど、体重オーバーはダメですね。
体重落とせないのに試合に勝てるコンディションというのがそもそもおかしい。最近ボクシングでも体重オーバーしといてキレキレの動きでスタミナもバッチリで勝っちゃう選手多いんですが、インチキと言いたい。ほんとなら勝った場合は勝ち星無しで参考記録扱いにしてランキングも上げないで欲しい。せめて別階級扱いにして欲しい。
TUFでは体重落とせなかったら問答無用で試合中止&合宿所から追放なのに、興行となると事情が違うんでしょうかねぇ。
Posted by けす at 2017年03月16日 12:24
大賛成です!!

体重戻しの制限についても
頑張ってほしいです。
Posted by SK at 2017年03月16日 12:50
ライト70キロで前日から13キロ増、83キロミドル級の体で試合するグレイソン・チバウは最悪例としても、10%ルールだと78キロ+でもアウトですよね。かなーり引っかかるのでは?
Posted by HIROS at 2017年05月24日 18:41
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

この記事へのTrackBack URL(承認制)
http://blog.seesaa.jp/tb/448002222
banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索