2017年03月11日

スティーブン・トンプソン「タイロン・ウッドリーに勝ったと思ったけど十分じゃなかった」

予想外の結末
予想外の結末

Despite 2 failed title bids, Stephen Thompson 'not giving up' on chase for UFC gold(MMAJunkie)

 『UFC 209: Woodley vs. Thompson 2』でタイロン・ウッドリーのウェルター級王座に挑戦し判定負けしたスティーブン・トンプソンが以下のコメント

「次にタイトルに挑戦する時は(UFC 205でウッドリーの王座に初挑戦した当時の)7連勝する前だったら良いけどね。また挑戦できると思ってるし、諦めちゃいない。また一からやり直しだ。僕は34歳だがまだ若い。時間は十分あると思う。また彼と対戦するかもしれないし、それは分からない。こっちは自分のやるべきことをやるだけだ。3度目はあるかもね」

「みんなはもちろん観客として試合を見ているわけで、オクタゴンで顔を殴られているわけじゃない。ブロックしてやるべきことをやってるのを学ばなくてはいけない。僕はやるべきことはやったつもりでいたけど十分じゃなかった。だからまた一からやり直さなきゃいけない。試合には勝ったと思った。作戦は彼の隙に付け込むことだった。彼のようにフィジカルの強い相手にクリンチはされたくない。あの右のパンチも貰いたくない。そうなると隙を見つけるしかない」

「みんなをガッカリさせてしまった。人生を懸けて頑張ったし、勝ったと思った。だけどジャッジに委ねてしまったのは僕のせいだ」

posted by ジーニアス at 06:48| Comment(13) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャレンジャーであの試合したら敗者だわ
Posted by らら at 2017年03月11日 09:14
ウッドリーの強さを知っていて、あれだけプレッシャー与えて金網に追い詰めるのは凄い。
プレッシャーに耐えられなくなって打ってきたウッドリーに対してカウンターが作戦だったろうけど、ウッドリー陣営には通用しなかった。
そこでアジャストできればよかったんだけどウッドリーの一発は見てるこっちですら怖いから作戦はかえられなかったのかね。
達人同士の戦いだった。
つまんなかったけど。
Posted by テレコ at 2017年03月11日 10:36
マーシャルアーティストには【一撃必殺】が求められる。

今回の試合はファンのみならず
同じくファイターからも【つまらない】と言われた。

そう、つまらない試合だったんだ。

つまらない試合を見せてしまった分
やはり次回は【一撃必殺】を見せてほしいよ。

Posted by ジョーイ at 2017年03月11日 11:18
UFC time まさかのノーカットw
トンプソンはリズムが崩れるのを待ったんでしょうけど消極姿勢はダメですね。緊張感はあったけど、確かにつまらなかった。
Posted by kーta at 2017年03月11日 11:52
金網に追い込んでも手を出さずお見合いを続けたら、マストシステムでないのでポイント差はつかないという事ですね。
取りあえずプレッシャーはかけているので自分にポイントをつけてくれるはずという楽観的な見通しのジャッジ頼りの戦法を一貫して取っておいて、ジャッジに勝敗を委ねた自分が悪いとは良く言うなと。

引き分け後のダイレクトりマッチで引き分けの可能性が高いあの戦法を挑戦者側が取るのが根本的に間違っているし、アレでは次に挑戦権が回ってくるのは暫く先になるでしょう。
Posted by NHB at 2017年03月11日 13:58
かなりバッシングされてるのでどんな試合かと思って観ましたが、緊迫感あって普通に楽しめました。
期待してなかったのもありますが、一瞬の隙が命取りになるようなハイレベルゆえ、あのような展開も仕方ないなと。
攻める気のない消極的な試合なら嫌気が差しますけどね。
Posted by xyz at 2017年03月11日 17:51
次も期待してるぜステトン
Posted by みかん at 2017年03月11日 17:57
ブーイング受けるような保守的な戦略取る選手が増えれば増えるほどマクレガーのような選手の発言権が強くなるんだろうなー。それが悪い事とも思わないけど。
Posted by ハヤシ at 2017年03月11日 18:52
>>xyzさん
少なくともトンプソンはまさに攻める気のない判定狙いにしか見えませんでしたがw
選手にまでつまらんつまらん言われてるしハイレベルとかいうのとも違うでしょ
リスクをとらない奴の試合は見ててもつまらんよ
最近はそんな選手ばかりになってしまったが
Posted by 黒海 at 2017年03月11日 19:08
>黒海さん

トンプソン良い打撃ありましたけど、ウッドリーが防いだり凌いだって印象でしたけどね。
トンプソンは優位に進めてたので5Rは判定狙いで、後がないウッドリーが攻めてたのは間違いないですが。
ラウンド毎に優劣つけるシステムゆえの展開ですね。
まぁ、ハイレベルっていうのはあくまで個人的な意見なのでm(__)m
Posted by xyz at 2017年03月11日 20:03
人生賭けて戦ってあの試合だったとか呆れるしかないわ。

いくら手数を絞ろうが構わないが、それは明確にポイントを奪ってこそだろう。
ジャブやローや金網押し付けでポイント稼ぎというならまだマシだが、両者共それすらやっていないからな。
相手が打ってきたらバックステップしなければという事ばかり二人共思っていたのでは。

ドローでも防衛になる、負けても元王者という肩書を持つウッドリーが有利な状況なんだから、チャレンジャーがより貪欲にいくべきというのもある。
挑戦すべき選手が中々チャンスに恵まれないという今のUFCで、2度連続の挑戦を許されてあんな試合をしたら評価が下がるのは当たり前だ。

タイトルを本当にまだ獲りたいと願うなら、今回の反省を今後に活かして欲しい。
ポテンシャルはウッドリーよりもずっと上だと思うし、もっと出来るはずだろう。

Posted by もす at 2017年03月11日 21:09
>xyzさん

ラウンド毎の採点ですがマストシステムではないので差がつかないラウンドが出てくるんですよ。
イーブンもあり得る中でクリーンヒットも無いのに手数も出さないから退屈と選手にまで言われているワケで。
リスクを背負って打ちにいかないウッドリーと、有利なポジションにいながら手を出さないトンプソンという状況でトンプソンには期待してただけに歯がゆかったです。

トンプソンは隙の大きいビッグショットをリスクを考えて出さないのはわかりますが、ロリマクがやったようにジャブを当てるだけでポイントもついたし、嫌がってウッドリーを前に出させてカウンターを狙う事もできたはずなのに勿体ないなと。
ウッドリーがクロスを狙ってたのはわかりますが、あそこまでジャブすらめったに打たないのは消極的過ぎますよ。

Posted by NHB at 2017年03月12日 00:23
>NHBさん

最初の投稿で書いてるのですが、周りからバッシングされてるので自分は全く期待しないで観てるので、ライブなどで観てる人と意見や印象が違うのは当然なんですよね。
バッシングしてる人の気持ちもわかりますし、その上で個人的にはそこまで酷い試合には見えなかったので。
Posted by xyz at 2017年03月12日 03:25
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索