RIZIN2017_0730_nasukawasaiga_01.jpg

2017年02月17日

RIZINが2017年のスケジュールを発表/秋から年末にかけて男女のGPを開催



2017年2月17日 RIZIN 2017 in YOKOHAMA記者会見 川尻達也、才賀紀左衛門、那須川天心、RENAが参戦決定(RIZIN)
2017年の大会スケジュール発表
2017年4月16日(日)
RIZIN 2017 in YOKOHAMA〈横浜アリーナ〉

2017年7月30日(日)
RIZIN 2017 in SAITAMA〈さいたまスーパーアリーナ〉

2017年10月頃
RIZIN WORLD GRAND-PRIX 開幕戦(仮) 〈会場未定〉
男女のトーナメントを同時に開催

2017年12月29日(金)
RIZIN WORLD GRAND-PRIX 2017 2nd ROUND(仮) 〈さいたまスーパーアリーナ〉

2017年12月31日(日)
RIZIN WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUND(仮) 〈さいたまスーパーアリーナ〉

RIZIN 2017 in YOKOHAMA参戦選手
川尻達也
才賀紀左衛門
那須川天心
RENA

川尻達也「娘に強い父親の記憶を残す」。GPでのクロンとの再戦を熱望:4.16 横浜(バウトレビュー)
 男子のGPは16名参加で階級はフライ級(56.7kg)〜ライト級(70.3kg)の範囲で調整中。初開催の女子のGPは8名参加で、RENAら常連選手の多い50kg近辺か、ギャビ・ガルシアの無差別級となる模様だ。
 RIZIN 7月30日(日) さいたまスーパーアリーナ大会(RIZIN 2017 in SAITAMA)はワンマッチが並ぶ大会で、秋からのGPの査定試合的なカードが組まれる。去年同様、9月末〜10月頭にGP開幕戦大会(首都圏)が行われ、12月29日にGP二回戦、31日にGPファイナルがいずれもたまアリで行われる。

 今年は5大会を開催予定。4.16横浜大会のカード発表は結局ありませんでした。

 RIZINの榊原信行実行委員長は、今年が1997年10月11日のPRIDE.1の高田延彦×ヒクソン・グレイシーの20周年となることから、記念イベントや企画を多数計画中であることを明かした。榊原氏は「高田×ヒクソンが今の総合格闘技の繁栄に大きな貢献をし、UFCをはじめ世界中のプロモーションに大きな影響を与えたと自負しています。総括をもう一回するいい機会で、次の20年、50年、100年後も、僕らが亡くなっても総合格闘技が愛されるよう、レガシーを残していきたい」と話した。具体的な企画の一つとして書籍出版のプランがあるといい、「『1984年のUWF』の2匹目のドジョウを狙う」と冗談めかして話していた。
 榊原氏はエメリヤーエンコ・ヒョードルが出場する18日(現地時間)のベラトール・サンノゼ大会に合わせ渡米し、ヒョードル、ベラトールのスコット・コーカー代表、クロン・グレイシーらと会い、今後の交渉をするとのこと。約10日滞在し、新しいRIZIN出場者とも契約するといい、帰国後の3月初頭の会見でまとめて4.16横浜大会のカードが発表される模様だ。

 柳澤健さんに『1997年のPRIDE』を書いてもらいましょうか…。

1984年のUWF
1984年のUWF

posted by ジーニアス at 12:53 | Comment(14) | TrackBack(0) | RIZIN | ▼人気blogランキング
この記事へのコメント
ほんと日本はトーナメント大好きだなぁ
Posted by もも at 2017年02月17日 15:40
未知強・UFC離脱した選手らを獲得してRIZINに招待しよう

そして選手達が喜ぶよう各階級のチャンピオンを決める王座戦を立てよう
Posted by w at 2017年02月17日 16:23
格闘技トーナメントが内外問わずファンから根強い人気があるのも事実。北米では規定で連戦トーナメントは開催出来ないからね
四月出場のフライ級選手に発破をかける目的であえてトーナメントの階級はぼかしてるのか?トーナメントは重い方でほぼ内定してると思うんだよな〜
Posted by mao at 2017年02月17日 16:44
PRIDE時代も客が多く入ったのはGPでしたからね。
Posted by ファルカン at 2017年02月17日 18:18
会見の音声さん、色々使ってもっと音聞きやすいようにしてくれないかな…。

川尻選手のコメントに潤んでしまった。カッコいいわこの人。

トーナメントは面白いし一般視聴者にも分かりやすいから、
テレビ付いてるROAD FCとかベラトールも真似するくらいだしね。
男子トーナメントはフライよりフェザー・ライト(65〜70kg)内で見たいですね。

大会数が増えてるのは朗報。
毎年増やしていってほしいね。
Posted by k at 2017年02月17日 18:53
トーナメントはいいけどまた無茶な日程なのがね
10月、12/29-31で16人?トーナメントとか馬鹿なんじゃねぇのって思う
Posted by くれいじー at 2017年02月17日 19:59
クロンは川尻に完勝したし、もう北米に行って欲しい。

トーナメントは公平にクジ等にしてくれたら、まだ乗りやすいんだけど。
K−1式にしたりでもいいし、DEEPなんかでRIZINトーナメント出場権を掛けた予選とか出来ないものか。

そろそろサプライズやただお馴染みの常連が出ているだけではなく、イベント内のライバル関係なり生き残りバトルなりが見たい所。
常連は何回負けても出てくるパターンなので、試合を見る時もどこか白けてしまう。
Posted by もす at 2017年02月17日 20:22
2〜3年前の話だけど、ホアン・ジュカオン・カルネイロがアメリカの団体で、
1日で終わらす8人トーナメントという無茶な大会で、1日3連勝で優勝して(確か全ての試合で5分3R)、
それでその後UFCに復帰してたんだし、別に良いんじゃないの?
Posted by DA at 2017年02月17日 21:37
ギャビガルシアの無差別級

誰得??
Posted by グリフォン at 2017年02月17日 22:23
トーナメントは消去法でやってる面もあるんでしょうしね

他団体から選手の多くを借りてくるシステムだとベルトが作れない
(王者になった選手を貸してくれなくなったら防衛戦が出来ない)

RIZIN内で王者を決めるとなると結果的にトーナメントしかない、
それも長期になると各団体から選手借りっぱなしになる可能性もあるんで、比較的短期のトーナメントになると。

肝心なのは「いかにRIZINトーナメントに価値を付けるか」なんでしょうね
Posted by ジーピー at 2017年02月17日 23:59
女子GPはRENA接待のト−ナメントするくらいなら、無差別やったほうがまし。世間へのインパクトはあるだろうし、現状ヒト科女子最強を決めるイベントは世界初になる。UFCも65kgまでしかないしね。ただ、人選が難しいね…
Posted by アンソニー at 2017年02月18日 00:46
>長期になると各団体から選手借りっぱなしになる可能性もあるんで、比較的短期のトーナメントになると。

ライジンが29,31の2daysで8人ーナメントを消化してるのはこれが原因でしょうね。
このような日程だったからこそベラトールがキングモーをトーナメントに急きょ派遣してくれた面もあるだろうし。
中一日のトーナメントに難色示すコメントもありますが、言うほど悪いことばかりでもないような気がしています。
トーナメントの熱を中一日置いてファイナルまで持っていけますし。何より会場設営が一回で済むのも運営的にオイシイのではないかと。笑
Posted by kazu at 2017年02月18日 01:58
あーなるほど、他団体との契約の問題での短期トーナメントか
苦肉の策ではあるが、大晦日のテレビ放送に焦点を当ているなら、めちゃくちゃ理にかなっていますね

ただ、ドクターチェックはしっかりしてほしいですね
Posted by くれいじー at 2017年02月18日 03:50
>ギャビガルシアの無差別級
誰得??


テレビ得
団体得
Posted by ビッグまさ at 2017年02月18日 17:52
コメントを書く(承認制:反映に時間がかかかります)
お名前:(未入力、公序良俗に反するHNは反映されません。記事ごとにHNを変える人のコメントも削除します)

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:(公序良俗に反する内容、選手・関係者への罵詈雑言、自作自演行為は反映されません。内容次第ではIPアドレスを公開します)

この記事へのTrackBack URL(承認制)
http://blog.seesaa.jp/tb/447083317
banner_02.gif ←この記事が面白かった、役に立ったという場合はクリックを・・・
記事検索