2017年01月31日

UFC 208イアン・マッコールの対戦相手がジャレッド・ブルックスに変更

Indiana newcomer Jarred Brooks in for Neil Seery vs. Ian McCall at UFC 208 in Brooklyn(MMAJunkie)

Jarred Brooks(Sherdog)

 UFCが2月11日にニューヨーク州ブルックリンで開催する『UFC 208: Holm vs. de Randamie』でイアン・マッコールと対戦予定だったニール・シーリーが欠場、代わりにジャレッド・ブルックスがマッコールと対戦することを発表。

 ジャレッド・ブルックスは現在23歳のアメリカ人でMMA戦績12勝0敗。今回がUFCデビュー戦。昨年は2度来日しており、『WSOF-GC 2 Japan』では猿丸ジュンジに、『PANCRASE 281』では潤鎮魂歌にそれぞれ2ラウンドで勝利しています。

ブルックリン 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
ブルックリン 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
posted by ジーニアス at 20:59| Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マッコールは試合が流れたり、相手変更が多いという印象でしたので調べたところ、自身の怪我も含めてUFCで9回くらいありました。
最近はリネカーとのキャッチウェイトマッチから4 試合連続試合消滅で、今回はなんとか代役が決まってなによりです。
UFC参戦初っぱなから始まり不運続きですが、いつか報われて欲しいと思います。
Posted by クッキー at 2017年01月31日 21:47
代役でジャレッド・ブルックス?
ブルックスがマッコールに勝ったら、ジョンソンへの新しい挑戦者候補になるね。
ストロー級最強とされててフライ級でも試合する無敗のブルックスと、
フライ級の絶対王者でストロー級が出来ても王者になりそうなジョンソンとの対決は見てみたいな。
Posted by DA at 2017年01月31日 21:49
という事はブルックスに勝っていたら潤さんはUFCに出場できた可能性もあるという事なのか…?
Posted by 當 at 2017年02月01日 07:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索