2017年01月18日

ティム・ケネディが引退を発表

UFC middleweight contender, ex-Strikeforce title challenger Tim Kennedy announces retirement(MMAJunkie)

Tim Kennedy(Sherdog)

 ティム・ケネディがフェイスブックで引退を発表。昨年12月の『UFC 206: Holloway vs. Pettis』でケルヴィン・ガステラムに3ラウンドTKO負けした試合がラストマッチとなります。試合後病院に行った時にはチームメイトや家族に引退を告げていたとのこと。ガステラムについては若い頃の自分を思い起こさせるファイターだったので負けた相手が彼で良かったともコメントしています。

 コーチ陣、友人、ファンからは「ケルヴィンが強かった」「ブランクの影響だ」と励まされたものの以前より動きが鈍くなったと感じ、これまでにない疲労感があったことから引退を決めたそうです。

 また、特に印象に残っている対戦相手としてルーク・ロックホールド、ホナウド・ジャカレイ、ロビー・ローラー、ホジャー・グレイシー、ハファエル・ナタウ、マイケル・ビスピンの名を挙げており激励しています。

 ケネディは現在37歳。MMA戦績18勝6敗。グリーンベレーでアフガニスタン紛争やイラク戦争で活躍。MMAではUFC以外ではIFL、ストライクフォース等で活躍していました。

グリーンベレー(初回生産限定) [DVD]
グリーンベレー(初回生産限定) [DVD]
posted by ジーニアス at 15:32| Comment(8) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぇ・・・良いファイターなのになぁ

ロエロまじで恨む
Posted by そうえん at 2017年01月18日 15:33
ケネディまじかぁ……ロメロのクソ野郎を改めて叩きのめして欲しかったんだけどなぁ
Posted by ファラオ at 2017年01月18日 18:14
お疲れ様でした。
今後はコーチとかやるのかな?
Posted by たまご at 2017年01月18日 18:20
ナショジオで見た時は何か嬉しかったなー。
お疲れ様でした。
Posted by GGG at 2017年01月18日 19:45
柔術世界王者で体格で圧倒的に有利にたつホジャー・グレイシーをレスリングで完膚なきまでに叩き潰した姿は圧巻でした。
Posted by ルーク・ワイドマン at 2017年01月18日 19:47
大勢の軍人仲間が見守る中での自分が主役の大会のメインイベントで、
KO勝利したハファエル・ナタウ戦は外せないですね。
Posted by DA at 2017年01月18日 21:04
ロメロ戦は明らかに優勢だったし、あの行為が無ければ勝っていた可能性は高い。
というよりもあれはロメロの失格負けにしないと駄目だ。

トップ5でやれる実力者だっただけに、ブランクが勿体なすぎる。
Posted by もす at 2017年01月18日 22:15
元グリーンベレーってことで、
ライジンさんが欲しがっております
ぜひ。
Posted by ビッグまさ at 2017年01月19日 11:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索