2017年01月11日

ロンダ・ラウジーがアマンダ・ヌネス戦後初めてインスタグラムを更新




 『UFC 207: Nunes vs. Rousey』でアマンダ・ヌネスの女子バンタム級王座に挑戦し1R TKO負けしたロンダ・ラウジーがインスタグラムに上記の画像をアップ。

「そして、どん底が人生をやり直す強固な基盤となった。―― J.K.ローリング」

 ハリー・ポッター・シリーズの著者であるJ.K.ローリング氏の名言を引用しています。

ハリー・ポッター コンプリート 8-Film BOX (24枚組) [Blu-ray]
ハリー・ポッター コンプリート 8-Film BOX (24枚組) [Blu-ray]
posted by ジーニアス at 01:19| Comment(12) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
復帰するとは言ってない。
Posted by ギャビガルシア at 2017年01月11日 02:08
ミーシャも倒しているし、上には上がいたんだね。
しかし、ロンダのキャラクターだからこそ、成功があったと思う。
Posted by めん at 2017年01月11日 07:47
ロックボトム?WWE?
Posted by おはつ at 2017年01月11日 13:43
ヌネスがヤバ強なだけな気がしますね・・・

ジンガノに負けたときの、ジンガノドーピング疑う程の肉体でしたからね

シェフチェンコもヤバいと思います
Posted by あ at 2017年01月11日 13:47
バンタム級じゃないのか?
Posted by アナザー at 2017年01月11日 14:37
ファイトマネー
二億貰ってどん底ねえ
Posted by AC at 2017年01月11日 14:46
確かに復帰するとは言ってませんが復帰してほしいです。
Posted by ジェロム at 2017年01月11日 14:57
>アナザーさん
すみません、間違えました。
Posted by ジーニアス at 2017年01月11日 18:56
JK同様
金に汚いオバさんになりそうね
Posted by ミーシャテート at 2017年01月11日 20:34
今こそメリル・ストリープに
「MMAは芸術だと私の復活する姿を見て分かって欲しい」と言ってもらいたい気持ちもありますが・・・

アートという言葉の定義はともかくとして、
音楽のコード進行、物語構成における起承転結、落語漫才の落ち・・・
これらすべては「落差の演出」でもあります。

そして脳は「ある種の落差」やコントラストを捉えてしまうように出来てるのですね、脳の機能上。
ロンダの落差の物語もまた、ある種のアートが作り出している「落差」に通じるものはあるかも知れませんね。
Posted by ジーピー at 2017年01月11日 20:50
まだまだいきますか!

チームを変えてパワーアップしたロンダを観たい!

二億もらって何が悪い。
誰も真似できないがんばりの賜物でしょ
Posted by ビッグまさ at 2017年01月11日 21:38
実際はUFC207の公表ファイトマネーは300万ドルだったから、三億円以上ですね。
PPVボーナスとか合わせたら八億円くらいですかね?
映画にも出てるし5月、6月くらいまでにもう1試合すれば、
ロンダの3年連続のフォーブス長者番付的には、まださらに跳ね上がりそうですよね。
MMAを始めたのはお金のためだったけど、今はお金のためじゃないんでしょうね。
Posted by DA at 2017年01月11日 22:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索