2016年12月31日

ロンダ・ラウジー「PPVやお金のことは気にしていない。ベルト奪回のことしか考えていない」

Ronda Rousey: Forget the money and PPV numbers, I want my belt back(BloodyElbow)

 『UFC 207: Nunes vs Rousey』でアマンダ・ヌネスの女子バンタム級王座に挑戦するロンダ・ラウジーが以下のコメント。

「この大会のPPVがどうなるかなんて気にしていない。幾ら稼ぐかなんて気にしていない。インタビューもどうでもいいし、それでどう思われようと気にしていない。ベルトを奪回することしか考えてないし、それが全てよ」

成功は「気にしない人」だけが手に入れる
成功は「気にしない人」だけが手に入れる
posted by ジーニアス at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は闘うにおいて、そもそもこういう考えの方が好き。
ロンダは一時期はメイウェザーとも絡んで「稼ぐ稼ぐ」発言が多くなっていたり、メイウェザー同様「無敗で現役を終える」と神話性に拘りすぎてたように思う。
それはMMAのステージを押し上げてくれるものではあったので否定はしません。マクレガー同様圧倒的な大スターになることでその競技の知名度・人気は上がりますから。
でも格闘技は「目の前の相手をぶっ倒す」「ベルトを獲る!!」こういうシンプルなモチベーションで良いと思うの。
この競技が好き!!やってて楽しい!!というのが伝わってくる選手が好きだから。
Posted by コロナキッド at 2016年12月31日 09:35
ゾーンに入りたい訳か。

でも残念だけどそれは 内心 不安な証。



ロンダは心の中で

負けるかも知れない、いや、ひょっとすると負ける・・



と思っている。



ホーリーに失神させられた記憶を乗り越えようとしているが

今のロンダは まだ 乗り越えきれていない。
Posted by ジャッジメントチェーン at 2016年12月31日 11:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索