2016年12月26日

ユライア・フェイバー「山本KIDと対戦したかった」


Urijah Faber Happy to Conclude MMA Career ‘Able-Bodied and Able-Minded’(Sherdog)

 『UFC on FOX 22: VanZant vs. Waterson』でブラッド・ピケットに判定勝ちし、引退を発表したユライア・フェイバーが以下のコメント

「辞めるには良いタイミングだった。こういうことができるのも心身ともに充実しているからだ。チャンピオン、トップコンテンダー、団体の看板選手として活躍させてもらったけど、これで生計を立てるのは大変だ。あと10年やれるかもしれないけど、次の道に行くことにした」

「僕にはアパレル事業、建設事業、サプリメント事業など多くのクールなプロジェクトがある。そのことに興奮しているよ」

「MMAがカリフォルニア州で違法だった頃はテニスシューズを履いてインディアン・カジノで闘ったこともあるよ。文句を言われると思ったので母親にも闘ってるとは言えなかった。それが今ではこの通りだ。僕は運が良いし多くの人たちに助けられた」

「山本“KID”徳郁と対戦したかったね。彼は僕が台頭する前から軽い階級のスーパースターだった。僕のYouTubeが4000回ぐらいしか見られてなかった時に彼は25万回ぐらい見られていた。彼は男の中の男だったし、僕が試合で何度勝っても常に僕の前にいた」

【訂正】原文ではYouTubeの再生数がユライア・フェイバー400回、山本KID2万回でしたが、実際は4000回、25万回とコメントしていました。改めて訂正します。

posted by ジーニアス at 15:36| Comment(27) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全盛期のKIDとみたかった
怪我してからは別人みたくおちたな(><)
Posted by moo at 2016年12月26日 15:44
お互い全盛期の頃にこの対戦は観たかったな、、、
Posted by dark at 2016年12月26日 15:45
いい話ですね。
Posted by roots at 2016年12月26日 15:46
日本メディアに語ったわけではないので本心だろうね
Posted by ありはる at 2016年12月26日 15:51
ファイバーまじでリスペクトしてるやん!
確かに全盛期の頃戦ったら、面白い試合になってたと思う!
Posted by な at 2016年12月26日 16:00
誰もが見たかったでしょうね。
なんなら今からでも見たい。
Posted by ssa at 2016年12月26日 16:03
何度もkidの名を出してくれてますね。フェイバーにとって目標でもありライバルでもあったのかな。海外のジムとか行くと、kidや宇野やルミナを崇拝している人達がたくさんいて、こちらも嬉しくなります。
Posted by りく at 2016年12月26日 16:12
KID「よせやい(照」
Posted by ファルカン at 2016年12月26日 16:26
KID vs KID 観たかった....(泣)

MMAで生計立てるの大変だったと思うけどよく頑張ったよ。本当に立派だったと思う。
これからの人生も応援してます。
Posted by ルーク・ワイドマン at 2016年12月26日 16:39
ユライアはWECで台頭してたときからずっとKID戦をアピールしてたね。残念ながらその時は
実現しなかったけど。膝前十字靭帯断裂してからKIDは精彩を欠いたな。離婚後の奥さんの
著書にも相当遊んでて、身体的に無理(飲んだ次の日に試合とか)して家族を顧みなかったって
言ってたし、悪い仲間と飲み歩いてたって言ってた五味と何か被ってる気がする。
JJの例もあるし若い内に成功して、身を持ち崩すのを回避するのは難しいのか。
Posted by でら at 2016年12月26日 16:39
話し方がどもったり、会話の間、質問されてからの間があく選手っていうのは、後に低迷しやすい気がする。
五味とか

痛みどめとかの影響かも知れないけど。

身体能力じゃ確かにKIDは高いけど、思考力と学ぶ力ではどうかと思う。
Posted by とむ at 2016年12月26日 16:51
インドのカジノじゃなくて、カリフォルニア内にあるインディアン居留地のカジノのことだと思いますよ
Posted by 鹿 at 2016年12月26日 16:59
お互いの最盛期に実現しなかったのは大変ざんねんだったけど、これから何年後かしてから、RAIJINや、極限バトルとかで、エキシビションでも良いから実現して欲しいですね~、これは是非ともやるべきマッチメイクかと思いますよ
Posted by 大仁田の元秘書 at 2016年12月26日 17:07
>鹿さん
ご指摘ありがとうございます。直しました。
Posted by ジーニアス at 2016年12月26日 17:22
昔のkidの強さは、スポーツ選手とは異質ないけいけぶりだった気がするので、悪い奴とつるむのはある種必然に感じるね。昔はそんな選手でも上にいけたけど今は無理だろうね。フェイバーは昔からトップにいるし、すごかったな。
Posted by mk at 2016年12月26日 17:28
昔のKIDはカッコよすぎた KID来年は試合するのかな?もう負けるのみたくない
Posted by y4 at 2016年12月26日 18:28
腕相撲でもいいからやってくれ。
Posted by GGG at 2016年12月26日 20:35
こういうことを言ってもらえるとうれしいなあ
ユライアありがとう。おつかれさまでした
Posted by ペペロンチーノくん at 2016年12月26日 22:15
こんな話を聞く時がくるとは…
時がたったなー
KIDを知ったのが小5だけど今でもKIDが1番!
最近マクレガーだけどw
カルフォルニアキッドお疲れ様でした!
Posted by nac at 2016年12月26日 22:57
あの頃のkidは、強くて、そして本当にかっこよかった。

いくら勝っても、彼が前にいるなんて、そうそう言えないですよ。Kidへのリスペクト、素晴らしい。
Posted by Jpmmalove at 2016年12月26日 23:01
全盛期のKIDさんの影響力って凄かったんだね。ユライア程の大物にそこまで言って貰えるなんて嬉しいな。
本当に御疲れ様でした。
Posted by 格闘技ラブ at 2016年12月27日 10:41
当時のKIDは強くて狂気があったから本当にかっこよかったよな。五味も。フェイバーもWEC見てる者は皆憧れただろうな
Posted by かさ at 2016年12月27日 12:32
いくら勝っても
「人気の面で」上にいた
という事でしょうね
実力では完全にユライアが上でしょう

当時WECなどがいつでもステできたかどうか知らないけど、
キッドはつてに出来たはずだし
団体にもプロテクトされてたし
Posted by リトルまさ at 2016年12月27日 20:13
KIDは確かに強かったし好きだったけど、
思えば人間離れした(意味深)広背筋してたからなあ。
広背筋が小さくなってから一気に衰えたね。戦績が。
Posted by 人間離れ at 2016年12月27日 22:53
確かに全盛期のkidのイケイケぶりは狂気を感じた
その狂気故mkさんの言う通りスポーツ選手としての節制が出来なかったのも仕方ないのかもしれない

長所と短所は紙一重か


Posted by スラッカー at 2016年12月28日 02:27
テニスシューズを履いて戦うとはどういう意味ですか?
Posted by MMA at 2016年12月28日 05:38
まぁ一時のKIDの勢いは凄かったもんな。デイナもずっと日本人ファイターならKIDが一番欲しいって言ってたしね。
外国人から見ても魅力的に映る選手なんだろうね。
まぁ歯車が狂ってしまったのはレスリングに戻った所から始まった気がするけどね。膝もあるけど、レスリングで腕折られてから凄い試合って1試合も無いんだよね。
最後にインパクト残したのは2005年の須藤戦まで遡る。
Posted by あ at 2016年12月28日 17:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索