2016年12月23日

デイナ・ホワイトがクリス・サイボーグ禁止薬物陽性反応についてコメント

デイナ・ホワイト「我々は女子フェザー級タイトルマッチを組もうとしたのにクリス・サイボーグは2度も断った」→サイボーグが反論(2016年12月11日)

クリス・サイボーグがランダムの薬物検査で禁止薬物の陽性反応(2016年12月23日)

 こちらの続報。



 デイナ・ホワイトが以下のコメント。

「面白い展開だな。結局ホーリー・ホルム vs. ジャーメイン・デ・ランダミーで女子フェザー級王座決定戦を組んだのは完璧だったじゃないか」

「そもそも私は彼女に女子フェザー級王座決定戦のオファーをしていたが、最初は試合まで8週間、2度目は試合まで11週間もあり、3度目はただ単に断られて不可解だと思ってた。今となっては不思議じゃないがね」

「ロンダ・ラウジーに限らず多くの人たちが批判するだろうな。これで2度目だし、どうするかは私も分からない。成り行きを見守るしかないな」

Round 5 UFC Ultimate Collector Series 14 Action Figure Dana White by Round 5 MMA [並行輸入品]
posted by ジーニアス at 13:38| Comment(18) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまり、トレーニングの期間が足りない、ではなく
薬を抜く為の期間が足りない、ってことだったと。
苦しんで減量してるの見て、すごい見直してたのに…
Posted by redrum at 2016年12月23日 14:24
ようするに、
お薬出ないようにするためには、
調整に時間がかかるって事なのかな?

だから11週でも無理だと言ったの?
Posted by リトルまさ at 2016年12月23日 15:10
これはUFC流石ですな。
インチキするヤツは無視、無視。
Posted by テレコ at 2016年12月23日 15:30
ださい。ナチュラルファイターは実際どのくらいいるんだろ。
Posted by ◉ at 2016年12月23日 16:31
もっともっとUFC側からの処分重くしてくれないですかね。結局後を絶たないし。
ナチュラルでやってる選手が当然不利になるし、ファンとしては楽しみにしてた試合が頓挫してしまうのが本当に残念な気持ちになる。
しかも陽性反応出た奴に限ってデカイ口たたきやがる。
Posted by ssa at 2016年12月23日 16:51
ようやくシッポ掴んだかって感じだよねw
Posted by くれいじー at 2016年12月23日 16:57
ステロイドの類をこうして平気で使うって事は対戦相手を容赦せず殺すつもりでいたって事だ。。。

Posted by マグナム44 at 2016年12月23日 16:57
ディナ「またバレやがったもうシラネ」
って事でしょ
Posted by 赤鯖 at 2016年12月23日 20:29
UFCはいい加減、インチキ野郎どもに対する厳罰を強化して欲しい!
Posted by いや、ホンマに知ってたから at 2016年12月23日 22:38
いや、UFCほど厳罰を強化してる団体も検査を厳しくやってる団体も、他には無いんじゃね。
Posted by DA at 2016年12月23日 23:37
推したい選手じゃないと全く庇わないな。
素直にナチュラルで減量して闘うか出て行くか好きに選べくらいなのかな。
Posted by あ at 2016年12月24日 02:24
だな禿さんは何を言っているのか..何だかんだでサイボーグはUFC女子フェザー級の目玉選手だったし、ファン目線では面白くもなんともないぞ。
そもそも本当は王座決定戦で使いたかったけど、減量でゴネられたから止む無くサイボーグをはずしただけではないのか?
俺はこうなるの知ってた、みたいな強がりの後だしジャンケン最高にカッコワルイっす。
てか私生活荒れきってるJJを懲りずに何度もPPV大会のメインで起用して、超絶ズンドコの引き金引いたばかりでしょアナタ!
一体どの口がこんなことを言うのか。
Posted by キムラ at 2016年12月24日 17:25
まぁ薬物を使う選手がいなくなるとかは有り得ないよ。
どの格闘技でもスポーツでも五輪でも、結局後を絶たないだろう。
でも、UFCのような厳しい検査や罰則は有った方が良いんだよ。
ただ、プロスポーツでこれ以上を求めるのは無理も出て来るから、
ハントが言ってたような、厳しすぎる罰則制度を求める声は、UFCも絶対に認めちゃいけないよ。バランスは大事。

ボクシングとかの他の格闘技や他の団体は、薬物検査で薬物使用が発覚しても罰金を払えば普通に試合が出来たり、
薬物検査がまともに機能してなくて野放しだったり、罰則が無いに等しかったりするのが現実なんだよ。
そういう所だけが得をして、真面目に検査してる団体だけが損をするんじゃ、業界に未来は無いよ。
そういう面でもバランスは大事だよ。
Posted by DA at 2016年12月24日 18:36
サイボーグに限らずの話として陽性者は結局またすぐ戻ってきてUFCも薬物検査違反者にオファーをかける。それじゃダメだよね。
これだけ余裕があるトップ団体ならそこも改善していってほしいところ。サイボーグみたいに気に入ってない選手やイマイチの選手の場合だけ突き放すとかじゃなく一貫性もほしい。
Posted by い at 2016年12月24日 19:38
>い

同意。今まで色んな人が言ってるけどこれじゃドーピングやった者勝ちだよね。
レスナーみたくメモリアル大会で数百万ドル稼いで勝ち逃げ、プロレスに専念しますとか何も言えねえ。
勝ち逃げする気満々の選手とって検査は抑止力にすらなってない。これは大問題。
Posted by マックス at 2016年12月25日 03:35
レスナーはUFCでまた試合したいと宣言してたし、
勝ちも無くなったよ
Posted by kashi at 2016年12月25日 18:28
違反者にはオファーするなってなるとセラーニやロズウェルや田中は飼い殺しにしとけってことになりますよね。
それはUFCのやることではないでしょう。
検査するのも処分するのもコミッションないしはUSADAの仕事です。UFCは良くも悪くもそことは関係無いので、処分を終えた選手には通常通りオファーするのが立場上正しいと思います。今より厳しくしようと思ったらUFCやダナじゃなくて、コミッションやUSADAに罰則を厳しくするよう訴えるしかないのでは。
Posted by けす at 2016年12月26日 21:29
そういえば、ハントってヴァンダレイの一件については何も言ってないのかな。
薬物検査から逃亡→三年間の出場停止→ベラトールと契約→コミッション管轄外のRIZINで試合って相当ナメてると思うけど。
Posted by y at 2016年12月27日 01:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索