2016年12月18日

『UFC on FOX 22: VanZant vs. Waterson』速報

The Laws of the Ring
The Laws of the Ring

UFC on Fox 22 ‘VanZant vs. Waterson’ Results: Play-by-Play & Updates(Sherdog)

UFC on FOX 22 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です

▼ウェルター級/5分3R
ボヤン・ベリチコビッチ vs. スルタン・アリエフ


 1ラウンド。ベリチコビッチはサウスポー。ベリチコビッチ左ハイ。左ミドル。左ロー。左ハイ。左ロー。アリエフタックル、金網に押し込んでからテイクダウン。ベリチコビッチ下からアームバー狙い。アリエフ外して肘打ち。パウンド。ベリチコビッチ立つ、アリエフなおも金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。ベリチコビッチ左ロー。左ロー連打。ワンツー。左ロー。アリエフクリンチからテイクダウン、クローズドガード。アリエフパウンド。ベリチコビッチ脱出図る、アリエフバックを取る。ベリチコビッチ立つ、アリエフなおも金網に押し込む。ベリチコビッチギロチンに行くもアリエフ外す。再度クローズドガードに。ベリチコビッチパウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。ベリチコビッチ左ロー。左ロー、左ミドル。ベリチコビッチタックル、金網に押し込む。離れる。ベリチコビッチジャブ。アリエフタックルもベリチコビッチがテイクダウン、ベリチコビッチ下からキムラ狙いも外されハーフガード。アリエフパウンド。パスしてサイド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(28-29、30-27、30-27)でスルタン・アリエフ勝利。


▼フライ級/5分3R
ヘクター・サンドヴァル vs. フレディ・セラーノ


 1ラウンド。サンドヴァルはスイッチスタイル。サンドヴァルテイクダウン、セラーノすぐ立つ、サンドヴァルなおも連打、離れる。サンドヴァル再度タックル、セラーノ膝を合わせるもサンドヴァル金網に押し込む。離れる。サンドヴァル右フックからタックル、金網に押し込む。離れる。サンドヴァル右フックからタックル、金網に押し込む。離れる。サンドヴァル左ミドル。セラーノ右ミドル。サンドヴァル右フック。セラーノ右ロー。セラーノタックル、金網に押し込むもサンドヴァルがテイクダウン、セラーノすぐ立つ、サンドヴァル左フック。跳び膝。ラウンド終了。

 2ラウンド。セラーノ右ロー。サンドヴァルワンツーから首を抱える、ギロチンチョークも外れる、サンドヴァルなおも金網に押し込む。肘打ち、離れる。セラーノ膝蹴りもサンドヴァルクリンチから金網に押し込む。離れ際にサンドヴァル左ミドル。セラーノ右ハイ。サンドヴァルワンツー。クリンチ、金網に押し込む。離れる。セラーノ右ミドル。スーパーマンパンチ。左ハイ。サンドヴァルワンツーからクリンチ、離れる。セラーノ右ロー。サンドヴァル右フック。セラーノ左ハイもスリップ、すぐ立つ。ラウンド終了。

 3ラウンド。サンドヴァルテイクダウン、クローズドガード、パスして首を抱える、セラーノ立つ、サンドヴァルなおも金網に押し込む。離れる。セラーノ右ロー。右ロー。右フック。サンドヴァル蹴りをかわしてバックを取るもすぐ離れる。セラーノ右フック。右ロー。左右ロー。右フック、右ロー。右フック。右ミドル。右ロー、右ミドル。サンドヴァル右ロー。クリンチ、離れ際にサンドヴァル右フック。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、29-28、30-27)でヘクター・サンドヴァル勝利。


▼バンタム級/5分3R
エディ・ワインランド vs. 水垣偉弥


 1ラウンド。パンチが交錯。水垣右ロー。左ロー。右ロー。パンチが交錯。水垣ジャブ。ワンツー。ワインランドワンツー。水垣ワンツー。ジャブ。パンチが交錯。ワインランド右フック! 水垣ダウン! すぐ立つもワインランドなおも右フック! 水垣再度ダウン! レフェリー止めた!

 1ラウンド3分04秒、エディ・ワインランドTKO勝ち。


▼女子バンタム級/5分3R
レスリー・スミス vs. アイリーン・アルダナ


 1ラウンド。アルダナジャブ。ジャブの応酬。アルダナワンツー。スミス追いかけながら連打。アルダナ右ストレート。スミス左ハイ。アルダナ右フック。スミス右フック! アルダナダウン! スミスパウンド! しかしアルダナ立つ、激しい打ち合い。スミスなおも連打、肘打ち。左ハイ、右フック。前蹴り。ワンツー。アルダナバックハンドブロー。左ロー。スミス右ロー、ワンツー。アルダナ右フック。ワンツー。スミスワンツー、右ミドル。右ロー。左フック。ワンツーから左ミドル、左右連打! しかしここでラウンド終了。

 2ラウンド。アルダナジャブ。左ロー、ジャブ。スミスワンツー。左ロー連打。右フック。前蹴り。右フック。ワンツー、なおも連打。右ハイ。アルダナジャブ。スミスワンツー。前蹴り。アルダナジャブ。スミス左右フック。左ミドル。左右フック。互いに前蹴り。スミス連打、左ハイ。左右連打。アルダナジャブ連打。スミスワンツー、左ハイ。アルダナ左右フック、なおも連打! 激しい打ち合い! 離れる。アルダナ右フック。スミス左フック。ワンツー。左ミドル。ワンツー、なおも連打。ラウンド終了。

 3ラウンド。アルダナジャブ連打。スミスワンツー。ワンツー、左ハイ。ワンツー、膝蹴り、右フック。ソバット。左フック。ローが交錯。スミス前蹴り。アルダナ左フック。スミス右フック、ワンツー、右ミドル。アルダナ右フック。ワンツー。左フック。スミスワンツー、左ロー、左右連打! 右ロー。パンチが交錯。アルダナ左フック。スミス左ミドル。ワンツー、金網に押し込んでから肘打ち、離れる。左ミドル。アルダナジャブ。ワンツー、左ミドル。右ミドル。左ミドル、ワンツー。アルダナ右ハイ。スミスジャブ。アルダナワンツー。スミス左ハイ。アルダナテイクダウンもスミスすぐ立つ。スミスワンツー。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、29-28、30-27)でレスリー・スミス勝利。


▼ライト級/5分3R
ジョシュ・エメット vs. スコット・ホルツマン


 1ラウンド。ホルツマンジャブ。エメット右ロー。ホルツマンワンツー。エメット左ハイ。ホルツマンの蹴りをエメットキャッチ、金網に押し込む。肘打ち、離れる。互いにジャブ。エメット右フック。右フック。ホルツマンの右ローが急所にヒット。休憩後再開。今度はエメットの指がホルツマンにアイポークもすぐ再開。エメット片足タックルからテイクダウン、ホルツマンすぐ立つ、エメットなおも金網に押し込んでから膝蹴り、離れる。エメットタックル、金網に押し込む、離れる。ホルツマンクリンチから膝蹴り、金網に押し込む。エメット膝蹴り、入れ替えてなおも膝蹴り。ホルツマン膝蹴り。エメットテイクダウン、ホルツマンすぐ立つ、エメット離れ際に左ハイ。クリンチ、ホルツマン膝蹴りからテイクダウン、パウンド。エメットも下から打ち返すもホルツマンパウンド。エメット立つ、ホルツマンなおも金網に押し込む。膝蹴り。離れる。ラウンド終了。

 2ラウンド。ホルツマンワンツー、右ハイもエメットキャッチしテイクダウン、ホルツマンすぐ立つ、エメットなおも金網に押し込む。離れて激しい打ち合い! エメットタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、ホルツマン立とうとするもエメットバックを取る。ホルツマン振り払う、クリンチ、ホルツマンが金網に押し込む。離れる。ホルツマンタックル、金網に押し込んでからテイクダウン。エメット下からヒールフック、ホルツマン外す、エメット立つとバックを取る。ホルツマンバックを取り返す。金網に押し込む。膝蹴り連打。離れる。パンチが交錯。ホルツマン左ハイ。エメット右フック。ジャブ。ホルツマンワンツー。エメット跳び膝、ホルツマンぐらつく! ラウンド終了。

 3ラウンド。エメットワンツー。右フック。ホルツマン右ミドルもエメットキャッチし金網に押し込む。互いに膝蹴り、クリンチアッパー、激しい打ち合い! エメット右フック! ホルツマンダウン! すぐ立つもエメット跳び膝、なおも連打。しかしホルツマン打ち返す。ホルツマン片足タックルからテイクダウン、エメットすぐ立ち逆に金網に押し込む。テイクダウン、ホルツマンすぐ立つ、エメットなおも金網に押し込む。離れて打ち合い。ホルツマン跳び膝もエメットキャッチし金網に押し込む。テイクダウン、ホルツマン金網を背にする。ホルツマン立つ、またも激しい打ち合い。互いに左ミドル。エメット蹴り足キャッチしテイクダウン、ホルツマンすぐ立つ、エメット右フック。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でジョシュ・エメット勝利。


▼ウェルター級/5分3R
ジェームス・ムーンタスリ vs. アレックス・モロノ


 1ラウンド。ムーンタスリはスイッチスタイル。モロノ左ロー。右ミドル。左右ロー。ムーンタスリ右ロー。左ミドル。モロノ右ロー。ムーンタスリ左ロー。右ロー。左ミドル。前蹴り。左フック。左ミドル。ソバット。モロノ右ミドルもムーンタスリキャッチし右ミドル。左ミドル。ローが交錯。ムーンタスリ左フック。モロノ左右ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。モロノ右ロー。ムーンタスリ前蹴り。左ロー。モロノワンツー。ムーンタスリ左ロー、左ミドル。左ミドル。右ストレート。モロノ右ロー。ムーンタスリ左ミドル。モロノクリンチ、金網に押し込む、離れる。モロノ右フック。パンチが交錯。モロノワンツー、膝蹴り、なおも連打、クリンチ、金網に押し込む。右フック、膝蹴り、離れる。モロノクリンチもムーンタスリが金網に押し込む。モロノ肘打ち、離れる。ムーンタスリ左目の上から出血。モロノワンツー。ムーンタスリ左ミドル、左ハイ。モロノバックハンドブロー。ラウンド終了。

 3ラウンド。ムーンタスリ右ロー。左ロー。パンチが交錯。モロノ右ロー。ムーンタスリ左フック、右ハイ、左ミドル。モロノワンツー、肘打ち。ムーンタスリ左ミドル。モロノ右フック、ムーンタスリぐらつく! モロノラッシュ! 右フック連打! 一旦離れるもモロノなおも右フック。バックハンドブロー。前蹴り、飛び込んで肘打ち、金網に押し込む。肘打ち、ワンツー。ジャブ。ムーンタスリ左ミドル。モロノ肘打ち。ジャブ、右フック、左ミドル。左右フック。左フック。ムーンタスリソバット、モロノ尻もち。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でアレックス・モロノ勝利。


▼ウェルター級/5分3R
ブライアン・バルベリーナ vs. コルビー・コヴィントン


 1ラウンド。互いにサウスポー。コヴィントンプレッシャー掛ける。右ハイ。バルベリーナ左右ロー。コヴィントン片足タックル、金網に押し込む。テイクダウン、バルベリーナすぐ立つ、コヴィントンなおも金網に押し込む。再度テイクダウン。バルベリーナ立つ、コヴィントンなおも金網に押し込む。またもテイクダウン、バルベリーナすぐ立つ、コヴィントンなおも金網に押し込む。バルベリーナ肘打ち、離れる。コヴィントン右ハイ。左フックからタックル、金網に押し込む。離れる。コヴィントン跳び膝からクリンチ、離れる。コヴィントンジャブ、左フック。ジャブ、右ミドル。ラウンド終了。

 2ラウンド。バルベリーナ左右ロー。コヴィントン右ミドル。ワンツー。ワンツーからタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、クローズドガード。バルベリーナ立つ、コヴィントンなおも金網に押し込む。離れる。コヴィントン左ロー。バルベリーナワンツー。コヴィントン右ロー。バルベリーナ左フック。コヴィントンワンツーからタックル、金網に押し込む。離れ際に肘打ち。コヴィントンまたもタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、バックを取る。バルベリーナ立つ、離れる。コヴィントンまたもテイクダウン、バックを取る。コヴィントン立つ、離れる。バルベリーナワンツー。コヴィントン左フック。タックル、金網に押し込む。離れる。コヴィントン右フック。ラウンド終了。

 3ラウンド。バルベリーナ左フック。コヴィントンワンツー。パンチが交錯。コヴィントンテイクダウン、バックを取る。バルベリーナ立つ、コヴィントンなおも金網に押し込む。離れる。コヴィントンワンツー。テイクダウン、バックを取る、バルベリーナ立つ、コヴィントンなおも金網に押し込む。離れる。バルベリーナジャブ。コヴィントン右ミドル。ワンツー。パンチが交錯。コヴィントンタックル、金網に押し込む。離れる。互いに右ハイ。激しい打ち合い。バルベリーナ左ミドル。コヴィントン左フック、タックル、金網に押し込んでからテイクダウン、クローズドガード。コヴィントンパウンド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でコルビー・コヴィントン勝利。


▼フェザー級/5分3R
コール・ミラー vs. 廣田瑞人


 1ラウンド。ミラー右ロー、左ミドル。廣田タックル、テイクダウンもミラー下から組み付く、スタンドに戻る。廣田ジャブ。ミラーワンツー、廣田ぐらつく! しかしテイクダウン、廣田パウンド。ミラースタンドに戻る。ミラー左ハイもスリップ、すぐ立つ。前蹴り。廣田ジャブ、左フック。右ロー。ミラー右ロー。前蹴り。廣田右ロー。ジャブ。右ロー。ミラー右フック。廣田ワンツーからテイクダウン、廣田パウンド連打。猪木アリ状態。ミラー立つ。廣田クリンチからまたもテイクダウン、マウントを取る。廣田パウンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。ミラーワンツー。廣田左右ロー。ワンツー。ミラージャブ。左ミドル。ジャブ。廣田ジャブ。ジャブからテイクダウン。ミラー下から足関狙い。外す、ミラーが廣田を金網に押し込む。廣田側頭部にパンチ。スイープし上になる。廣田パウンド連打。パスしてハーフ。ミラー脱出図る、廣田足首取りながらパウンド。クローズドガードからなおもパウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。ミラー右ロー。ジャブ。廣田右ロー。ミラーワンツー。廣田タックル、金網に押し込む。離れる。ミラー左ロー。廣田ジャブ。ワンツー。左フック。ミラー膝蹴りも廣田クリンチからテイクダウン、ハーフガード。廣田パウンド。パウンド連打。ミラー下から仕掛けようとするも廣田振り切りパウンド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-26、30-27、30-27)で廣田瑞人勝利。


▼ライトヘビー級/5分3R
ルイス・エンリケ・ダ・シウバ vs. ポール・クレイグ


 1ラウンド。クレイグ左ハイ。左ハイ。シウバタックル、金網に押し込む。膝蹴り連打。クレイグクリンチアッパー連打もシウバなおも金網に押し込む。離れる。クレイグ右ミドル、左フックからテイクダウン、ハーフガード。シウバ下からキムラ狙いもクレイグ外してパウンド。肘打ち。シウバ右頬から出血。クレイグパスしてサイド。シウバスイープに行くもクレイグギロチンチョーク。シウバ外す。立って猪木アリ状態。レフェリー立たせる。シウバジャブ。右フックからクリンチも、もつれてクレイグが上になる。ラウンド終了。

 2ラウンド。クレイグタックル、金網に押し込む。シウバ入れ替える。離れる。クレイグ右ミドル。シウバ左ミドル。クレイグ右フック。シウバテイクダウンもクレイグ下からアームバー! シウバタップ!

 2ラウンド1分59秒、アームバーでポール・クレイグ勝利。


▼ウェルター級/5分3R
アラン・ジョウバン vs. マイク・ペリー


 1ラウンド。ジョウバンはサウスポー。ペリーサイドキック。ペリーワンツー。ジョウバン左ミドル連打。左ロー。ジャブ、右ロー。左ミドル。ペリー左フック。ジョウバン左ミドル、左ロー。ローが交錯。ペリー左ロー。ジョウバン左フック、左ロー。ペリー右ハイ。左ロー。右フック。ジョウバン左ハイ。タックル、バックを取る。金網に押し込んでからテイクダウン。ペリー立つ、ジョウバン肘打ち、離れる。ジョウバン左ロー。左ミドル。左フック。膝蹴り。ペリー右フック。右ハイ。クリンチ、離れる。ジョウバン左ロー。左ミドル。バックハンドブローもペリーかわして左フック。左フック、クリンチアッパー。ジョウバン左ハイ。左ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。ジョウバン前蹴り。ペリー前蹴り。ジョウバン左ミドル。互いにロー。ペリー左フック。ジョウバン膝蹴り、左ミドル。前蹴り。右ロー。ペリー右ミドル。左ロー。ジョウバン左フック、左ミドル、ジャブ、タックル、金網に押し込む。ペリー肘打ち、離れる。ジョウバン右ロー。ジャブが交錯。ペリー右フック。ジャブ。ジョウバン右ロー。ペリー右ミドル。ジョウバン左ハイ。クリンチ、離れる。ジョウバン左ミドル。左フック。左ミドル。右ロー。ペリー右フック。ワンツー。ジョウバン左右ロー、左ミドル。左ストレート! ペリーダウン! すぐ立つ。ジョウバン左ハイ。ラウンド終了。

 3ラウンド。ペリー左ロー。ジョウバン右ロー。ペリー左ロー連打、関節蹴り。ジョウバン前蹴り。ジャブの応酬。ジョウバン左ミドル。左ミドル。ペリージャブ。右フック。右フック。互いにロー。ジョウバン左ミドル。右ハイは空を切る。左ロー。左フック、ワンツー。左ロー。ワンツー。右ロー。右フック。左ロー。左ミドル。ペリージャブ。左ロー。ジョウバンタックルも切られる、離れる。ジョウバン左ミドル。左ミドル、左フック。手をついて右ハイ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、30-27、30-27)でアラン・ジョウバン勝利。


▼バンタム級/5分3R
ユライア・フェイバー vs. ブラッド・ピケット


 1ラウンド。フェイバージャブ。ピケット右ロー。フェイバー前蹴り連打。ピケット右ロー。パンチが交錯。フェイバージャブ。ピケット右ロー。フェイバージャブ。ピケット右ロー、フェイバースリップ、すぐ立つ。クリンチ、離れる。フェイバー右ロー。ピケット右ロー。フェイバーワンツー。右ストレート。片足タックルもピケット切って逆に金網に押し込む。テイクダウンもフェイバーすぐ立ち左フック! ピケットダウン! フェイバーパウンドからバックを取る。フェイバーパウンド連打! チョーク狙いは反転されるも今度はマウントからパウンド。ピケット再度反転、フェイバーバックを取る。ラウンド終了。

 2ラウンド。ジャブの応酬。フェイバー飛び込んで膝蹴り。互いに右ロー。ピケット右ロー連打。左フック、右ロー。フェイバー片足タックルもかわされる。フェイバー右フック。ワンツー。左フック。右フック。ピケット膝蹴りに行くもフェイバーキャッチしテイクダウン、クローズドガード。ピケット下から組み付く、フェイバーがぶって膝蹴り。フェイバーバックを取りパウンドもピケット脱出、スタンド。フェイバージャブ。ピケット右フック。右ロー。フェイバー右ストレートからテイクダウン、首を抱えるもピケット脱出、スタンドに戻る。フェイバー右フック。ピケット右フック。フェイバー左ロー。ジャブ。ピケット左フック。フェイバーテイクダウン、バックを取る。ラウンド終了。

 3ラウンド。フェイバー左ハイ、右ハイ。片足タックル、金網に押し込んでからテイクダウン、クローズドガード。ピケットギロチン狙いも外れる。フェイバーパウンド。ピケット下から組み付く、離れてスタンド。フェイバー前蹴り。ジャブ。テイクダウン、ピケットギロチン狙いも外れる。下から組み付く、フェイバーがぶる、パスしてサイドを取る。フェイバーパウンド。肘打ち。パウンド。ピケット脱出、スタンド。ピケット左フック! フェイバーダウンもすぐ立つ。フェイバージャブ、右フック。ピケット右ロー連打。フェイバータックル、金網に押し込む。膝蹴り、右フック、離れる。フェイバージャブ。ピケット右ロー。跳び膝もフェイバーキャッチしテイクダウン。ピケットスイープ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-26×3)でユライア・フェイバー勝利。


▼ウェルター級/5分3R
セイジ・ノースカット vs. ミッキー・ガル


 1ラウンド。ガルジャブからタックル、金網に押し込む。テイクダウン、ハーフガード。ガル首を抱えて膝蹴り。パスしてサイド。ノースカット脱出図る、ガルギロチンチョーク。ノースカット外して肘打ち、猪木アリ状態から飛び込んでパウンド。ガル下から挑発。ノースカットも言い返す。レフェリー立たせる。ノースカット左フック。左ローもガルキャッチしテイクダウン、ハーフガード。ガルパウンド。パスしてマウントからパウンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。ノースカット右フック。右フック! ガルダウン! 猪木アリ状態。レフェリー立たせる。ノースカットワンツー。ノースカットクリンチも離れ際にガル右フック! ノースカットダウン! ノースカット下から組み付こうとするとガルがぶってバックを取る、ガルチョーク! ノースカットタップ!

 2ラウンド1分40秒、リアネイキッドチョークでミッキー・ガル勝利。


▼女子ストロー級/5分5R
ペイジ・ヴァンザント vs. ミシェル・ウォーターソン


 1ラウンド。ウォーターソンはサウスポー。ウォーターソンサイドキック。ヴァンザント左ロー。ウォーターソンサイドキック、ジャブ。ヴァンザントサイドキック。ウォーターソンサイドキック。サイドキック、ジャブ。サイドキック、ジャブ。ヴァンザント飛び込んで右フック。パンチが交錯。ヴァンザントクリンチから首投げ狙うもすっぽ抜けウォーターソンが金網に押し込む。ウォーターソンが首投げでテイクダウンからバックを取る。ボディトライアングルからチョーク! 深く入っているがヴァンザント粘る! しかしレフェリー止めた!

 1ラウンド3分21秒、リアネイキッドチョークでミシェル・ウォーターソン勝利。

posted by ジーニアス at 05:30| Comment(57) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ水垣ぃ…
せっかくストライキングで上回ってたのに色気づいてコンビなしに振ってくからー
もったいない。
Posted by テレコ at 2016年12月18日 09:06
うーん、水垣弱い
ボクシングは上手い、当て勘もある
でも生き物として弱い
どんな天才的なボクサーだって一発も被弾せずに試合を終えることはほぼない
だから誰でもパンチは必ず喰らう
それを喰らったときの打たれ強さ、そして不利な状況でも強引に自分のペースに持っていく強さ
それが無い彼には
Posted by テレンス at 2016年12月18日 09:54
水垣…こんなに弱かったっけ?
Posted by ルーニー at 2016年12月18日 09:55
廣田が勝ってホントに嬉しい
五味と同じぐらい応援してる
Posted by マル at 2016年12月18日 10:05
ミズガケ…
Posted by そうげん at 2016年12月18日 10:31
ィやったああぁーー!!!!私のジョウバン、勝ったー!!アンダードッグになっちゃってたので悔しかった、でも相手は乗りに乗ってるし。
でも信じてたんだ!!ジョウバンはきっと研究してきて攻略し、勝利してくれるとね!
蹴りも美しくパンチもテクニカルだった、最後まで緊張の糸を切らさず集中してましたね!!おめでとう!!today!思ったらバーン!!とニックのアップ。
Posted by コロナキッド at 2016年12月18日 10:45
リリースですかね?水垣選手(´;ω;`)
Posted by 部長の敵討ち at 2016年12月18日 10:56
ミッキー・ガルやるじゃん
Posted by おへろ at 2016年12月18日 11:42
ノースカット...
Posted by 犬ロック at 2016年12月18日 11:49
UFCに弱い選手なんかいません!

どの選手も、皆さんもじゅうぶんご存知なとおり、れぞれ母国の団体じゃチャンピオン級でしょ?!

そんなこといったら、UFCで負けた選手が弱いなら、日本国内のDEEPやパンクラスとの所属選手、丸ごとみんな弱いことになっちゃいます。

こちらのサイト、ここで名前のあがる プロ選手達本人も見ております!

まぁ、もちろんプロは、客に見られてナンボ、ファンや視聴者ヤジられても仕方無いし、ファンは客の立場、だから何を野次っても問題無い…が

皆さんも、少しでも格闘技を知ってるなら、心ある言い方したら佳いものかと思います
Posted by はだか at 2016年12月18日 12:09
ミッキーガル、ヤりますね~。CMパンクもモチベーションあがったのでは無いでしょうか。そしてミッキーガルはCMパンクとの対戦以降の振る舞いがWWEファンに印象が良かったようで大勢のWWEファン達を自分のファンにできた様子で、CMパンクとの対戦でミッキーガル自身も知名度あがって、色々と批難もあったけど、ミッキーガルてきには試合した甲斐、メリットがありましたね。けどまぁUFCには、今後は受け狙いな色物メイクマッチはやめて、地道にやって欲しいと痛切に思います。
Posted by 100万発 at 2016年12月18日 12:17
ノースカット... マシューズとかもだけど若すぎると経験値なさすぎて辛いな。
といってもガルもまだ4戦しかしてないけど。
Posted by ドル袋 at 2016年12月18日 12:25
水垣選手残念。打たれ弱くなっている気がする…。
打たれ強い印象だったんだけどな。ドミニクに殴られすぎたか?
ずっと応援してるから辛いです。
Posted by カエル at 2016年12月18日 12:28
ミッシェル、強く、美しく、可愛かったー!!
私が大注目しているヴァンナータと練習しているようなので特に楽しみにしていました!
それにしてもガルといいミッシェルといいリアネイキッドのセット速かったですね~!!リアネイキッドってがっちり決まるとタップするか堕ちるしかないような現実をいつも見せられてきてますので、こうなってくると明日の仕事よりも「リアネイキッドチョークががっちり決まったところから逃れる方法」のことで頭がいっぱいになるし、それができた方が今後の人生に役立つのでは無いか?とさえ思えてきます。
Posted by コロナキッド at 2016年12月18日 12:29
ミッキーガル良いねぇ~
タフだししっかりフィニッシュ出来るし
格闘家として持ってる物はノースカットより
良いかもしれない…
にしても高学歴なのにガルはよく格闘家になったな…
Posted by ルーニー at 2016年12月18日 12:29
ミッキーガルはCMパンク戦で何か掴んだかな?
Posted by そうえん at 2016年12月18日 12:36
とりあえずセイジよりもペイジのほうがハートがあることは分かった
Posted by あなぼりっ君 at 2016年12月18日 12:40
>はだかさん

個人的にも心情的にも共感できるのですが、ご自身でもおっしゃっている通りプロって勝てば称賛され負ければヤジられる
という勝てば官軍な世界に生きているわけです。だから光と影が際立って面白い世界ともいえます。

もし、みんな優等生な発言しかしなければつまらないと思いませんか?確かに心無いこと言う人いますけど、
ここは個々人が主観で発言していい場所ですから、そういう意見もあるんだなでいいと思います。

さすがに差別的な発言であったりするのはまずいと思いますが、変な発言をすれば恥をかいているのはその人自身ですから
いいじゃないですか。ただ、個人的には同意見です。


で、今大会の話だけどファッキンマイク・ペリーをジョーバンが成敗してくれてうれしいっ!できればKOしてほしかったけどね。メインもPVZをカラテホッティーがタップアウトして応援している選手が勝ってくれて良かった。

ところで、ミッキーガルってなんか青木臭がするのは私だけですかね。次はマットブラウンあたりとやってほしいかな。
Posted by FAT at 2016年12月18日 12:49
ガル勝ちましたね
彼はコールアウトが好きですね(笑)
Posted by アクエリアス at 2016年12月18日 12:56
水垣は病気の件もあるからなぁ。このまま引退とかありそうで心配。
Posted by b at 2016年12月18日 12:59
ミッキーガルは打撃で押されるかと思ってましたが、
まさかノースカットを打撃で効かせるとは。

しかしノースカットの打撃をもらった後のお粗末な対応、
あんなタックルじゃ柔術家の餌食になりますわ。
Posted by しば at 2016年12月18日 13:10
水垣弱いとか言ってる奴は水垣がUFCで五連勝してたら事も知らない無知なのか?
どんな強い選手でも長年激戦をしてたら、衰えは出る物です。水垣は長年のダメージが溜まって打たれ脆くなったかもしれませんね。動きは良かっただけに残念です。
廣田おめでとう!!!スタンドで殴って倒しても殴ってと廣田らしい試合で完勝でしたね。
メインのウォーターソン素晴らしいな。流石インビクタのベルト巻いただけ有りますね。
Posted by 格闘技ラブ at 2016年12月18日 13:30
ミシェルウォーターソン強いな!

可愛いし愛嬌あるし!

ペイジも可愛いけどアジア系のミシェルの方が俺たちには可愛いな!

日本人女子最強のレーナと戦ってほしいな!

レーナならUFCでも勝てそうだし人気でそうだな!

しかしミシェルは可愛いな!
Posted by ワシの娘 at 2016年12月18日 13:55
負けたらすぐ弱いとか言う奴なんなんだろう。
今の上位陣に立て続けに負けて、タイトル戦線からはなれたモチベーションの問題もあると思うし・・・
少なくともufcのランキングに載ってる時点で絶対弱くない。
Posted by ハラミ at 2016年12月18日 14:13
水垣が選手として弱いって批判してるんじゃなくて川尻とかが持っている強さがないって意味で水垣を弱いって言ってるだけでしょう。
ほんのすこし前にはそのような強さも水垣は持っていたと思うんですが、ドミニクに負けてベルトは取れないって悟ってからモチベーションが下がってるんですかね…?
Posted by bk201 at 2016年12月18日 14:21
UFCに弱い選手はいません
って、こういうやつたまに出てくるよな
強くないとUFC出れないのはその通りなんだけどさ
でも、誰もDEEPや他団体の話なんてしてないんだよ、UFCの話をしてるんだよ
だったらその中で勝てない選手を弱いって表現するのは当たり前じゃないか?
「○○負けちゃったし連敗だけどUFCはみんなが強いから仕方ないよね(。>д<)」・・・って、そんな甘い世界じゃねーんだよ
これいつも思うわ
Posted by 滝損じ at 2016年12月18日 14:47
カラテホッティ応援してたから勝って良かった!
運営があからさまなペイジ推しだったからな!
廣田選手おめでとうございます。夜叉坊までいかなくてももう少し自己アピールも出来るようになって欲しいな。
Posted by ワシが育てた! at 2016年12月18日 15:48
水垣選手心配です。
おそらく事前に話のあった体調がおもわしくないことが関係しているのでは?
一歩で今やっていたようにドランカー気味なんでしょうか。

ここ数戦、前と違ってあっさり倒れてるし。本来の水垣じゃないんでしょうね。
Posted by フライド at 2016年12月18日 15:56
ミッキーガルはラトガース大学

世界ランキング付けで36位

ちなみに、
東京大学は44位
京都大学92位
慶応義塾161位

頭いいから、お金の稼ぎ方、資本主義の仕組みも良く解ってらっしゃるようだ。
Posted by くれない at 2016年12月18日 16:06
水垣選手は残念ですが、病気だということをこの試合前にインタビューで答えています。
リリース以前にこれでMMA引退になるかもしれないということでした。
ガーブラント戦以前から症状はあったそうです。
ご存じない方はそれでもいいと思いますが、一応知っておけば考え方やコメントも多少変わるかなと思います。

Posted by ヌンチャク at 2016年12月18日 16:41
>FATさん
たしかにそうですね。おっしゃるとおりです。たしかにプロは、勝てば官軍"それがプロの世界で、プロ野球でも三振するバッターに観客は野次りますし、それが客観的には正論かと思います。同感です。
全てのスポーツの中で、MMAは最も過酷で極限なスポーツと感じてます。その中で世界中から選抜された選手達が凌ぎを削ってて… 心無い発言を見かけると、どうしても心情として、つい突っ込みたくなってしまいました。プロMMAって、本当に過酷です

>ハラミさん
まったくもって、おっしゃるとおり。同感です!
Posted by はだか at 2016年12月18日 16:46
水垣は耳の後ろにパンチ受けてダウンし足元もふらついてて、もう一つ脳が揺れるようなパンチも貰ってる状況なのに、
不利な状況でも強引に自分のペースに持っていける強さが無いとコメントされてもな、とは思う。

ノースカットは運動神経は最高なんだけどね。
まだ本格的にMMAや格闘技に集中出来る環境になってからなのかもしれない。
これでもう一試合、ライト級に戻る前にウェルター級でCMパンクとやる道も生まれたかもしれないな。
Posted by DA at 2016年12月18日 17:27
いざ始まったら、ミシェルをめちゃくちゃ応援してる自分がいました
ロンダとともに女子を注目する切っ掛けになった選手なんで、
やはり勝つとうれしいですね!

しかしこの階級、勝ち進んでも最後には女ピラニアのようなヨアナが待っていると思うと
震えるような気分になります・・・
Posted by ジーピー at 2016年12月18日 17:46
>川尻とかが持っている強さがない
ハア?その川尻よりもUFCの実績は水垣の方が上ですが?
>そんな甘い世界じゃねーんだよ
そんな甘い世界じゃない所に岡見を除いたら水垣は日本人で一番長くUFCで戦ってるんだけど?
水垣弱いとか言ってる奴等は水垣がUFCで活躍してた時期はスルーなのか?
話にならねえよ。弱い奴が5連勝出来る訳ねえだろ。
Posted by 格闘技ラブ at 2016年12月18日 18:04
水垣はUFCの中で見たら弱い方にはなってきてるよな。
いい踏み台にしかなってないしギャラも安いしやる気ないんだろう。
Posted by GGG at 2016年12月18日 18:20
MMAは過酷ですけど、モータースポーツなんかも過酷ですよ。
死ぬ危険性はMMAよりもずっと高い。
最も過酷だなんて表現は安易にするものじゃない。
過酷なスポーツは世の中にたくさんある。
それにDEEPの選手は全員弱いよ。UFCファイターと比べたらね。
そりゃそこら辺の人と比べたらずっと強いよ。
でも、比較対象ってトップグループとするものでしょ。
プロ野球の二軍とメジャーリーグじゃ随分違うだろ?
そもそもプロ野球の二軍をマニアックなファン以外は誰も見ないように、DEEPも同じようなもので誰も興味無いし見向きもしてないんだわ。現にDEEPは人気無いでしょ。会場も小さいし、テレビはついてんの?精々CSで極少数の身内が視聴してるくらいでしょ。
二軍なんて別に誰も見てないし、彼らをメジャーリーグの選手達と比べる事すらしてない。
水垣が比較されてるのはUFCのトップグループだからね。
MMA全体で見たら強い方だが、トップグループと比較したら弱い。それだけの事に一々反応してちゃキリが無いぞ。
Posted by あ at 2016年12月18日 18:56
ガルってそんなに高学歴なの!?

どうせス....スポーツ推薦でしょ(ガクブル)

こんな優秀な奴の前職がトラックの運ちゃんとか、アメリカどうかしてるわ。

ガルは自信のセルフマーケティングの事よくわかってるから実力以上にチャンスを物にしている感じが半端ない。非常にスマート。

しかしセイジはまんまとガルに利用されたね。
イケメンでムキムキがために、実力以上にピックアップされてしまい、人気はあるけど実力が伴っていない。

打撃はかなり上手いが、煽られてガードを下げて戦ってしまうとことか、柔術紫帯であればできるであろう、バック取られてからのガードの対応とか全くできてない。

これは近いうちに、ガルみたいな選手に利用されるだけ利用されてリリースもあり得るかもね。
Posted by ルーク・ワイドマン at 2016年12月18日 20:17
カラテホッティは、Tシャツじゃなくてブラで戦ってほしいねぇ
ホッティなのにTシャツはないでしょー
Posted by あなぼりっ君 at 2016年12月18日 20:38
>ミッキーガルはラトガース
>大学世界ランキング付けで36位

あー、、こりゃ最近よく目にするUFC二連敗リリースであっさりMMA引退&転職していく典型的な選手ですわ。。
本業に専念するまでの腰掛としてMMAはあくまでお小遣いを稼げる趣味程度にやってるタイプ。
その上パンクやセイジ君などスター候補生は片っ端から潰していくしUFCも悩ましいでしょうな。
Posted by SAS at 2016年12月18日 21:17
CMパンク戦前後、ミッキーガルがUFC最底辺の選手とか言われてたが、全然弱くないじゃないか。
UFCで勝ち星上げてる時点で小谷さんより遥かに強いのに、更に全て一本勝利。

CMパンクの相手はもっと他に適任がいたような気がしてならない。あ、小谷さんはもちろんめっちゃ強いと思いますしリスペクトしてますよ!
Posted by Jjd at 2016年12月18日 21:35
水垣はやはり病気の影響じゃないですかね?

数年前の水垣ならワインランドに
勝るとも劣らないバンタムの実力者でしたからねぇ。

UFCで好成績を収めた希少な日本人選手ですので
病気を完全に治してまたカムバックして欲しいです。

女子格も本当にレベルが高くなってきましたね。
ウォーターソン見事でした!
Posted by アンチ判定 at 2016年12月18日 21:54
廣田やった!!
おめでとう!!
次はKO見たいぜ!!!
Posted by Hi- at 2016年12月19日 06:30
うーん、力強さ云々のコメントに完全に同意する訳じゃないけど
でもだったら、いつもKO負けしても、耳の後ろにパンチもらっちゃったから仕方ないで済まされるのかって話ですし、
力強さ云々もあながち間違いじゃないと思います。
だって水垣選手はパンチのディフェスもオフェンスも悪いわけじゃないし、穴という穴があるわけでもないし、じゃあなんで勝てないのって言ったらやっぱりそこじゃないかと思うんですよねー。彼からUFCで勝つためのトップファイター達が持ってる力強さのような物を感じないのも事実ですし。
今回の試合のパンチをもらった瞬間に強引に何とかしろってわけじゃないですよ。その前の段階の話。
Posted by ロレンツォ at 2016年12月19日 13:09
ウォーターソン勝ちましたか
(ルックスの)ファンなので嬉しいです
Posted by kーta at 2016年12月19日 14:53
ガル強かったなーでもパンチもらってやばかった
セイジも後半パンチよかったけど....
二人ともまだまだそうだしじっくり育ってほしい
ってUFCだけどね....
二人とも明るくていいよな

もうひとつの明るい対決は
ウオーターソンの勝ちすごかった
ペイジは2連敗のようなものだよな
スター候補だけどまだ先の話か.......
Posted by リトルまさ at 2016年12月19日 15:26
ノ~スカットもテキサスatだし高学歴対決だったな

ノースカットは現役の学生だし
Posted by あ at 2016年12月19日 15:40
もうリアクションする気は無いけど、あ ってハンドルネームの投稿者は、格闘技がみたいのか、格闘技っぽいバラエティーがみたいのか?!こういう人は、恐らく 格闘技っぽいバラエティーがみたいのでしょうね?!典型的に流行や露出と格闘技が混同しちゃってるタイプなんでしょうね?

まぁせいぜい格闘技じゃなく、藤原紀香や小池栄子が絶叫する格闘技っぽいことを格闘技だと思い込んで雄叫びあげ続けてて下さい。

DEEPが人気無い?(笑) 人気の無かったり、実力が無い団体が、地上波の宣伝も無いなかで、いつ興業を売っても、それなりな動員がありますが、それこそ実力なければヤれないだろ(失笑)
Posted by はだか at 2016年12月19日 16:19
>格闘技がみたいのか、格闘技っぽいバラエティーがみたいのか?!こういう人は、恐らく 格闘技っぽいバラエティーがみたいのでしょうね?

プロ格闘技興業はその両方の魅力があるんですが....
なぜどっちかにしたがり、えらそうに言うのだろうか....

で、ライジンは日本のテレビ局で視聴率とらなきゃいけないのに
今更なにを.....
言いたいだけのあんたが欲まみれの善悪混在しちゃってる人なんじゃないでしょうか......
Posted by リトルまさ at 2016年12月19日 16:56
それなりな動員ってどの程度の事言ってんだよ(笑)
ちなみにDEEPが大晦日興行やった時のたまアリはガラガラだったけどね。
とてもじゃないが人気のある団体には見えなかったわ。
ちなみに小池栄子が絶叫したミルコ×ノゲイラはDEEPレベルじゃまず見れない代物だったな。
Posted by か at 2016年12月20日 00:51
水垣選手残念です。
今回はワインランドの動きが良かったですね、フェイントやステップも対ドミニクを見据えた新しいテクニックを取り入れてるような気がしました。

廣田選手おめでとう!
ミラーとのリーチ差を越えれるテイクダウンとトップキープの差がありましたね。
ところどころあったミスも冷静に対処してリカバリできてたので次の試合も楽しみ。
Posted by su at 2016年12月20日 07:17
いつもは同意できない事が多いが、
18時56分のあさんのコメントは非常に共感できる。
Posted by k at 2016年12月20日 08:29
ええええええノースカットはこのレベルにも勝てないんですか
ラッキーボーイ的なガルがUFCごり押し枠を取って代わりそうですね・・・
Posted by MMA at 2016年12月20日 10:04
か さん

>ちなみに小池栄子が絶叫したミルコ×ノゲイラはDEEPレベルじゃまず見れない代物だった

ミルコ×ノゲイラ もはやDEEPの選手もパンクラスの選手もトップクラスは、もっと高いスキルの域に達してるのも観ててわかりませんか?
やっぱり格闘技をやってないから、華やかさがないとレベルじたい低くみえてしまうのでしょうか?
ミルコ×ノゲイラ あの時代は、あれが確かに凄かったし、華やかでもありました。バラエティーと格闘技の競技性が上手くシンクロしてました。

けど、DEEPせよパンクラスにせよ、若手の中堅選手レベルですら 貴方がいう あの頃 のレベルは既に越えてることとか、格闘技を見続けててわかりませんか?
Posted by くどう at 2016年12月20日 13:58
くどう
自分格闘技わかってますみたいなのやめたほうがいいですよ笑
恥ずかしい。笑
格闘技のレベルはどこを指しますか?小手先の技術や多彩さは増えましたけど、ぶっちゃけ元々の競技の趣旨で言えばレベルは上がってませんよ。昔の選手と比べるなら勝手に昔の選手が加齢で弱くなってるだけですよ。笑
Posted by ぷぷ at 2016年12月20日 23:07
まず日本語のレベルを上げられた方が......
Posted by カワチ at 2016年12月21日 11:25
UFCでもDEEPでも競技レベルはノゲミルコ当時と比べて格段に上がってるけど
何を言ってるんだろうこの人...
Posted by くぅ at 2016年12月21日 16:38
水垣がやる気無いとかありえない。
ドミニク戦からのダメージが溜まった結果だと思う。
まだまだこんなもんじゃ無いよ。
水垣なめんな!!!
Posted by MCワイン at 2016年12月22日 23:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索