2016年12月05日

デメトリアス・ジョンソン「ティム・エリオットはタフだったけどアジャストしてからはこっちのものだった」

市場 アンセム アジャストテーブル 高さ4段階調節 ブラウン ANT-2734BR
市場 アンセム アジャストテーブル 高さ4段階調節 ブラウン ANT-2734BR

Demetrious Johnson: Once I Made My Adjustments, It Was ‘Downhill’ for Tim Elliott(Sherdog)

 『TUF 24 Finale』でティム・エリオットに判定勝ちしフライ級王座9度目の防衛を果たしたデメトリアス・ジョンソンが以下のコメント

「第1ラウンドを見るとタフだったかもしれないが、その後アジャストしてテイクダウンから寝技で圧倒することができた。彼の方が体格があったけど、それでもテイクダウンできた。チョーク、アームバー、アームロックが極まりかけた。第1ラウンドの彼はグッジョブだった。ギロチンを仕掛けられた。だけどそれ以外は額にコブとかアザができたぐらいだ」

「タフなシチュエーションは前にもあった。ジョン・ドッドソンと対戦した時も第1ラウンドに2度倒された。ティム・エリオットの第1ラウンドは素晴らしかったけど、こっちがアジャストしてからは彼は右肩下がりだった。ティムはタフだ。前に出るのが好きだ。チャンピオンはアジャストして有利に闘うことが出来なきゃいけないと思う。パフォーマンスには満足しているよ。採点を見ても5ラウンド中4つを取ったのはかなり良い」

「僕のモチベーションは高い。チャンピオンになるためにこのスポーツを始めたわけじゃない。総合格闘家になるために始めた。(チャンピオンになったのは)自己を高めるために学んでいった結果でしかない」

posted by ジーニアス at 23:47| Comment(6) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DJはコメントも王者らしく、的確ですね。
本当にかっこいいなあ。
以前の記事のコメントにもありましたが、小さいというだけでフライ級の評価が低いのは残念で仕方ありません。
Posted by ヌンチャク at 2016年12月06日 07:20
格好いい!以前アメリカでデメジョンを生観戦できて良かった。どんどん好きになっていく。。   
Posted by COCO at 2016年12月06日 09:31
小さいのもだけど正直クルーズに負けてるせいでの格落ち感はあると思う。
適正体重とか全盛期とか色々あるのは理屈でわかるけど感情的にね。
Posted by 黒海 at 2016年12月06日 09:31
クルーズ戦まではMMA以外にも仕事やってたからあんまり練習してなかったらしいですけどね。
あとダドソン1、べナビ1、マッコール1戦も負けかけてたし強くなったのは割と最近だと思います。
Posted by ドル袋 at 2016年12月06日 12:24
強いな~
Posted by 様 at 2016年12月06日 12:27
DJにはUFCの防衛数新記録を打ち立てて、フライ級を無人の荒野にしてからクルーズにリベンジしてほしいね。
Posted by ゴードン at 2016年12月06日 18:45
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索