2016年10月27日

12.29&31 RIZINで所 vs. アーセン、山本美憂 vs. ウィンが決定/川尻、カーウィンの参戦も決定

(リバーサル) REVERSAL 高田延彦×RIZIN×rvddw SHAKE THE WORLD TEE (SS:TEE)(T459-BK)
(リバーサル) REVERSAL 高田延彦×RIZIN×rvddw SHAKE THE WORLD TEE (SS:TEE)(T459-BK) Tシャツ 半袖 高田延彦 RIZIN

10.27 13時より生配信! Cygames presents RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND/ Final ROUND 記者会見(RIZIN)



 12月29&31日に開催する『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント』の記者会見が行われました



 記者会見に出席したのは浅倉カンナ、村田夏南子、山本美憂、RENA、山本アーセン、所英男、川尻達也。

Kanna Asakura(Sherdog)

 浅倉カンナは現在19歳。パラエストラ松戸所属でMMA戦績5勝1敗。



所英男 vs. 山本アーセンが決定。共にクロン・グレイシーに敗れ才賀紀左衛門に勝利しています。





Andy Nguyen(Sherdog)

 山本美憂 vs. アンディ・ウィンが決定。アンディ・ウィンは34歳のアメリカ人でMMAはプロ戦績3勝3敗。現KOTCストロー級チャンピオン。打撃系選手です。今回発表されたのは以上の2カード。



 シェーン・カーウィンの参戦を正式発表。無差別級トーナメントの主催者推薦枠なのでエメリヤーエンコ・ヒョードル戦は無くなりました。



 川尻達也はクロン・グレイシー戦をアピール。榊原信行代表は「実現するために、全力を尽くします」とコメント。また、UFCに自らリリースを申し出たのは9月24日にUFCから来たメールで納得できない部分があったからと説明していました。



 ワンマッチでも見たいカードを受け付けています。川尻は「#RIZIN2016 で川尻クロンが見たい!と1人10回つぶやいてください!」とコメント。

 また、今大会のテーマは【世界の大喧嘩】と【日本の大喧嘩】、昨年同様3日間に渡って格闘技EXPOが開催、フジテレビでの放送も決定したとのこと。

posted by ジーニアス at 14:58| Comment(47) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
所は勝ってマイクアピールでKID戦を熱望したいでしょうね
Posted by ファルカン at 2016年10月27日 15:03
川尻は青木とやって欲しかったけど、青木の参戦自体が難しいのかな。

記事とは関係ありませんが、自分含め地方組の方に朗報です。
先々週分より、フジヤマファイトクラブのTVer配信始まってます!
全国どこでもスマホで見られるようになりました(^^)。
Posted by とみとみ at 2016年10月27日 15:36
願わくば(やる気があるなら)フィリップにチャンスを
あのままじゃ終われんでしょう!
Posted by kーta at 2016年10月27日 15:41
川尻vsクルックシャンク
クロンvs青木
才賀vs木村ミノル
武尊vsベネット
カーウィンvsアリアックバリ
取り敢えず階級は無視で。
Posted by ジフ at 2016年10月27日 15:43
所って便利だな~w
Posted by rdz at 2016年10月27日 16:42
地上波放送カットの常連である川尻が、ネームバリューがあってUFCレベルより弱いクロンと戦いたいってのは虫が良すぎるような....
Posted by Pap at 2016年10月27日 16:44
もうちょっとボリュームほしかったかな。発表に、
とりあえず川尻とカーウィンが参戦発表。確かにクロン戦見たい。
カーウィンはもうコンディション万全にしてもらってバッタバッタ殴り倒すしかないですな。これでしょっぱい初戦敗退とかしたら、何だこの推薦枠は? てなるから、活躍求む。

しかし今からGPの組合わせとか見たい試合をツイッターで募るって。また決まってないのか。ミルコVSシウバは決まってるのに。
Posted by オレグ at 2016年10月27日 17:00
俺的には川尻青木2が観たいけどな
Posted by ダブロク at 2016年10月27日 18:07
川尻選手と言えばクロン戦より、対五味でしょ。青木🆚五味に興味なし。川尻🆚五味2が見たい。70kg契約か73kg契約で!
Posted by おー at 2016年10月27日 18:43
キザエモンはさすがに間に合わなかったか...
そしてカーウィンの写真なんとかならんかったのかw
川尻クロンはいいね、下からの仕掛けでクロンが勝ってくんねーかな...さすがにキツイか
Posted by くれいじー at 2016年10月27日 19:12
川尻のことは好きだけど、RIZIN-65の中にあって彼の参戦は違和感が拭えないです。
MMA経験は浅いけど華のある選手が揃って来たRIZINの-65にUFCで揉まれた強豪が乗り込んで来て
根こそぎ草を刈り取っていくような真似は正直どうなのかなーと。
クロンは川尻戦を受ける必要はないと思うし、川尻は青木へのリベンジを優先してほしかった。
美憂姐さんはMMA二戦目にしてガチ選手と組まれましたね。相手はKOTC王者だけど戦績3-3なのでワンチャンあるかも。
カーウィン参戦でGPの方は一気に締まった感がありますね。年末に期待!
Posted by BBQ at 2016年10月27日 19:18
所、アーセン、才賀、クロンで回すね~
Posted by haru at 2016年10月27日 19:21
やっぱりカーウィンきたー!
Posted by 平吉 at 2016年10月27日 19:23
川尻がクロンに勝ったら、その場では盛り上がるけど、興奮が冷めたあとお葬式みたいな気分になりそう。

階級あうかわからないけど、青木対クロンならすごく見たいな。青木がどうクロンを攻略するのか気になる。この試合ならば、たとえクロンが負けても次にまたつながる気がする。検討はずれなコメントだったらすみませんね。
Posted by 犬ロック at 2016年10月27日 19:38
renaの相手は、jewelsの結果次第だろうな。石岡が勝てば、そのまま決まりそう。
Posted by レオ at 2016年10月27日 19:57
カーウィンの試合は地上波頼みますよ❗シウバVS カーウィンとか観てみたい。
Posted by ayrton at 2016年10月27日 20:21
川尻は年末ライジンで、
来年は1億円トーナメントも出るんでしょ?
じゃないとUFCやめた意味が見えないな
がつがつお願いします

UFCみたいなガチガチな契約じゃない事を祈る
Posted by まさ at 2016年10月27日 20:35
クロンは逃げるとみた
川尻とはまだ早いと思っているはず

でもシーザーグレイシーで練習してるんだから
腹くくって欲しい 笑
Posted by まさ at 2016年10月27日 20:39
川尻は若手の壁になりたいって感じのコメントだね
それ+UFCに納得できなくなった感じか

自分はむしろ好印象を持ったけどなー
日本格闘技界を盛り上げたいっていう、ポーズだけではない真摯な思いを感じたよ
RIZINも今は「レジェンドvs若手」の図式にしたいようだからピッタリだと思う
Posted by har at 2016年10月27日 20:51
BBQ

前半と後半で言ってることそこそこ逆だし。
川尻が参戦することでも選手は引き締まる部分あると思います。いつまでもクロンや新人だけで競い合ってられないんだなと。むしろ今の若手は元気だし自信持ってやってるから、川尻を倒して名を上げるチャンスだぞくらいの気持ちになって活性化すると思いますね。それで若手が負けようが、挑む姿勢や負けっぷりが良ければよし。根こそぎ草を刈り取っていくような真似なんて見方にはなりませんけどね。
Posted by うまお at 2016年10月27日 20:57
川尻VS青木をなんとか実現して欲しい。
Posted by mr_st at 2016年10月27日 21:11
川尻がUFCに疑問を持つようになった9月24日に来たメールの内容が気になる。
川尻クロンは勝った方が次戦で青木とやればいい。
川尻有利な気がするけどクロンは打撃もそこそこやるし一本とられるような事は無いだろうから漬けきる勝ち方しか想像出来ないな。
Posted by あ at 2016年10月27日 21:16
29日テレビないのか~まあ31日放送してくれるだけでもありがたいな

今のKIDでは所と試合しても負けそう
Posted by やま at 2016年10月27日 21:21
今回、ヒョードルは参戦自体が無くなったようですね。
残念。。たしか去年参戦時に榊原さんが2試合契約と言ってたと思うので、来年に期待です。
Posted by とみとみ at 2016年10月27日 21:22
カーウィンVSアリアックバリ
モルダフスキーVSプロハースカ
バルトVSポーランドの何とかって人
ミルコVSシウバ
がいいなー
Posted by ジョンソン at 2016年10月27日 21:35
クロンvs川尻が無理なら、REALのパルブチェンコ弟は無理かな?
芦田祟宏のアウトサイダー出場で12月開催予定のREALフェザー級GP延期の可能性大
アリアックバリみたいにRIZIN参戦しないかな?
Posted by wwe at 2016年10月27日 22:05
私もフィリップさんにワンチャンス与えてあげて欲しいです。
いい人そうですし、若くて華がありますし。
キザエモン戦なら熱いと思います。
あと高阪さんはでないんですかねー。
なかなか名前が聞こえてきませんね…。
出て欲しいです。
Posted by so at 2016年10月27日 22:10
あと、放送、ちゃんとスカパーでPPV、お願いします。
アベマが次のK-1の”独占”生中継とかいうクソなことやりやがったもんで憤ってます。自分たちの利益のためか、会場観戦でなければテレビの大きな画面で快適に生で観たい、録画もしたいっていう熱心なファンのニーズを全く無視する放送会社と運営。スポーツ興行のネットストリーミング中継はあくまでも視聴手段の一つとしての立ち位置であってほしい。海外のものはネットでしか見れなくて仕方ないとして、国内興行でネット独占とか最悪。
くれぐれもRIZINまで当日フル放送がネット中継オンリーにならないことを祈る。
Posted by うまお at 2016年10月27日 23:06
ライジンは立ち上げたばっかだから現時点での競技レベルをUFCと比較するはまだ早すぎるかな。

これから興行をしっかり成功させて、徐々に強い選手を呼べるようになればいい。

間違っても目先の話題性にとらわれて、プロレス的なカードばかりになってはダメ。

格闘技団体の最大の価値は、最強の男を決める場所であること。その方向性だけはブレてはいけない。

繰り返しになるが、現時点でUFCと比較しても意味はない。
これからこれから。
Posted by スパンコール at 2016年10月27日 23:52
川尻選手のことは好きだが、個人的にはUFCのレベルはそこまで高くないと思ってます。上位ランカーでなければ他団体の上位陣はいい勝負をすると思います。
なので川尻選手がことさら有利とも思えません。
(とはいえ川尻選手としてはRIZINでは負けられないでしょうけど)
RIZINは確かにレベルは高くないけど、その中でクロンは唯一幻想を抱かせてくれる選手だと思います。UFCでも通用するんじゃないかと。そのクロンと川尻が戦うのは非常に興味があります。
川尻が勝てばUFC最強幻想が、クロンが勝てばグレイシー幻想が膨らみますね。
これは以前みなさんがプライドに見ていたものに近いんじゃないでしょうか?
楽しみです!
Posted by あひる at 2016年10月28日 00:32
川尻はRIZINに必要ない。塩漬けの試合なんて金出してみたくもない。クロンに勝てるはずもない。RIZINは華のある選手に出て欲しい。
Posted by くろ at 2016年10月28日 01:23
川尻、正直いらないけどな。別に地上波受けしないし、大体丁度良い相手もいないでしょ。
お山の大将になりたくて日本戻ってきたと言う印象。
クロンに勝たせたところで、何も残らないよ。クロンの商品価値をただ下げるだけの試合。
川尻の価値も別に上がらない。クロンがUFCレベルでは通用しないと証明するだけ。
まぁせめて青木との再戦か、パンクラスから徳留でも借りるのもいいかもな。
Posted by あ at 2016年10月28日 01:53
うまおさん

国内興行をネット独占というか、ネットぐらいしか扱ってくれないアングラコンテンツなんじゃないでしょうか、K-1て。

一般人にとっては、K-1イコール魔裟斗みたいなもんで、わざわざ引退していたところをワンマッチで地上波放送したくらいだし。

ネットで見られるだけまだマシですよ。
Posted by しば at 2016年10月28日 08:39
>犬ロック
またやってほしいの?青木VSクロン。
Posted by uni at 2016年10月28日 11:56
上の人が言ってる
川尻vsクルックシャンク
クロンvs青木
才賀vs木村ミノル
いいねー!
川尻のメールは「おいこらRIZINで解説すんな!リリースするぞ!」とか言われたのかな?
Posted by a at 2016年10月28日 15:56
青木がMMAでクロンに対してどういう仕掛けをしてくるのか見てみたい
グラップリングでは圧倒的な差があったからなぁ

まぁ基本的に青木はクロン人気のための餌だよね
Posted by くれいじー at 2016年10月28日 18:30
>クロンがUFCレベルでは通用しないと証明するだけ。

反則の四点膝でペース乱されましたけどフェザー級5位ランカーに肉薄するレベルの試合出来る選手ですよ>川尻
そんな川尻との一戦のみを以てUFCで通用しないか否かのレッテルを張るのはただの暴論。
相性、競技場やルールの違いもあるし。何にしろ川尻にとっては長年親しんだリングでの試合。その上ホームとなれば川尻にとって相当好条件かと。
Posted by ジョッシュ at 2016年10月28日 18:34
しばさん

一般の知名度はそうですね。
でも格闘技ファン向けには、2011年のような低迷期じゃないし、ネットでやるだけましなんて段階ではないと思いますよ。数日後だけど、CSも地上波も放送するし。こないだのUFCや当時のK-1みたいに、消極的にネットでしか観れない状況じゃなく、今回はアベマがライトな視聴者を集められそうな前向きなコンテンツとして積極的に生を独占に行った形に見えたんで、うざいなぁと。
格闘技としてはRIZINより面白いけどなぁ。
Posted by うまお at 2016年10月28日 18:58
別にクロンが負けても、これから強くなってUFCでも活躍するレベルになれば良いだけだろ。

イリー・プロハースカも、3敗のうちキング・モー以外はエディロフにチョークで、ウェルター級のベリチコビッチにはTKOと、
どっちも現在UFCに所属してる選手に負けてるけど、
今のプロハースカはもっと強くなってるだろうし、将来的にUFCに来て活躍するかもしれない。
Posted by DA at 2016年10月28日 21:21
クロンは大事に育てたいから、川尻はまだ早い
Posted by にっく at 2016年10月28日 21:21
うまおさん

続けての返信ですみません。
確かに最近は、全盛期に遠く及ばないまでも、格闘技熱が少しずつ戻ってきているかな、とは感じます。

ただ、それはあくまで格闘技ファンの中だけの話で、
やはり地上波を見るのは9割以上が一般人なわけで、テレビ局が視聴率を取れないコンテンツに手を出す訳もなく、
結局はアベマしかK1をきちんと扱ってくれるところはなかったと見るべきではないでしょうか。

私はむしろ、アベマが専門チャンネルで多岐に渡る格闘技を生放送や無料中継してくれて感謝しているくらいです。
Posted by しば at 2016年10月28日 23:58
>うまおさん
テレビじゃなくてネットだとダメな理由ってなんですか?
大きいテレビ画面で見たいという意味ならパソコンとTVをHDMIケーブルでつなぐかFire stick使えば
大画面で見れますよ。

録画できるアプリもたくさんあるし私は全くネット中継に不便さを感じませんけどね。。。

私は普段からUFCもDAZNも上記のような方法で大画面TVで見てますが画質もきれいだし何も不便を感じません。
よろしければ一度お試しを!
快適に見れるようになれば幸いです。
Posted by FAT at 2016年10月29日 00:21
川尻、ヌルい試合するつもりない~~クロンとやらせてください っていやいや、UFCやらで戦ってきた人がキャリア三戦の相手を指名って、これヌルくないんですか?
Posted by とかつ at 2016年10月29日 00:35
楽しみ!!特にカーウィン!クロンは川尻はまだ早いような・・・
というかUFCのレベルはそこまで高くないとか頭は大丈夫?
他団体のチャンピオンが散々UFCに挑戦してトップ所か中堅所にすら勝てなかったのを見てこなかったの?
Posted by もっしゅ at 2016年10月29日 00:42
>もっしゅさん

TUF優勝者のジョナサン・ブルッキンズ選手がパンクラスでろくに戦えてないことも見てますし、弱くてリリースされたわけじゃないトキーニョ選手が他団体で負けてるのも知ってます。
UFCのレベルが高いのはもちろんですが、中堅以下はノーチャンスでもないです。
徳留選手も北岡選手に快勝した時はさすがUFC帰りだと思いましたが、先日久米選手に負けてますし極端に差があるわけじゃないと思ってます。
Posted by あひる at 2016年10月29日 01:07
ジョナサン・ブルッキンズとかトキーニョを物差しにするのはちょっと違う気が…。徳留はUFCで通用しなかった選手だし。
Posted by ty at 2016年10月29日 13:22
UFCのレベルは高いというか業界No1であることは間違いないですね。
けど他団体のトップクラスやチャンピオンがUFCに通用しない..というのはあり得ないと思います。
今のUFCチャンピオン達は他団体でベルトを取ってUFCにやってきた人も多いので。
DREAMトップクラスの実力者だったアルバレスは現UFCライト級チャンピオンだし、同じくジャカレもベルトまであと一歩の所まで来てます。
Posted by K at 2016年10月29日 18:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索