2016年10月22日

ジョニー・ヘンドリックス「ニール・マグニーに負けたら引退する」

UFC 207: Johny Hendricks ‘done’ with MMA with loss to Neil Magny(MMAmania)

 12月30日にラスベガスで開催する『UFC 207: Nunes vs. Rousey』でニール・マグニーと対戦するジョニー・ヘンドリックスが以下のコメント。

「俺はここ2試合負けている。文句なしの負けだったし、そのことはよく分かってる。実際問題、もし今度も負けるようなことがあったら『辞める』と言うべき時だろう。勝てる相手を探してまで闘い続ける気はないからね」

 ヘンドリックスは最近スティーブン・トンプソン、ケルヴィン・ガステラムに敗れていますが、その前の『UFC 192: Cormier vs. Gustafsson』ではタイロン・ウッドリーと対戦予定だったものの減量苦による体調不良により前日に試合が中止しています。

プロスポーツ選手の引退 - 非自発的役割離脱への社会心理学的アプローチ -
プロスポーツ選手の引退 - 非自発的役割離脱への社会心理学的アプローチ -
posted by ジーニアス at 23:22| Comment(6) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ランカー同士で試合組まれてる間が花なのかな。
Posted by DA at 2016年10月22日 23:32
やはりドラッグが使えなくなって弱体化したってことなのかな
Posted by ビエンチャン at 2016年10月23日 01:50
前回の試合は負けただけではなく、内容も酷かったですからね
Posted by Muse at 2016年10月23日 01:55
一時期の分厚い身体と、強烈な一発はどこへやら・・・
出てきた時は小さいのに圧力があって好きだったけどな~
コンディット戦、GSP戦とかも面白かったのになー
トンプソン戦から萎みましたよね
どうしちゃったんだろう、急に凡庸な選手になってしまって悲しいです 前回の状態と同じままだと、マグニーには勝てないよなぁ・・・復活できないかな
Posted by アレック at 2016年10月23日 19:23
どうしちゃったんだろうなぁ…ジョニー…。本当にドラックユーザーだったのか?
対GSP戦までのジョニーが戻ってきてほしいなぁ。
Posted by A at 2016年10月23日 19:52
当時、マッドブラウン戦で、バチバチの試合が期待されたけど、終始金網に押し付ける押しくらまんじゅう試合を行い!印象株が低迷。

その後は、トンプソンの高ランキング取りに利用された。
ハニヤヒーラ、とならび、UFCで最もつまらない試合をする選手だ。

興奮剤があるように、薬物は精神にも影響する。

Posted by めめ at 2016年10月25日 12:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索