2016年10月22日

UFCがアントニオ・シウバ、ケビン・ケイシーら13選手をリリース

アントニオ・シウバのマネージャー「リリースは覚悟している。次はRIZINかロシアで闘うと思う」(2016年09月30日)

 こちらの続報。

UFC cuts 13 fighters from roster as cutbacks continue(MMAFighting)

Shane Campbell(Sherdog)

Kevin Casey(Sherdog)

Cody East(Sherdog)

Glaico Franca(Sherdog)

Leonardo Guimaraes(Sherdog)

Cory Hendricks(Sherdog)

Caio Magalhaes(Sherdog)

Enrique Marin(Sherdog)

Tamdan McCrory(Sherdog)

Kenny Robertson(Sherdog)

Antonio Silva(Sherdog)

Sean Spencer(Sherdog)

Alberto Emiliano Pereira(Sherdog)

 UFCがシェーン・キャンベル、ケビン・ケイシー、コディ・イースト、グライコ・フランカ、レオナルド・アウグスト・レレコ、コリー・ヘンドリックス、カイオ・マガリャエス、エンリケ・マリーン、タムダン・マクローリー、ケニー・ロバートソン、アントニオ・シウバ、ショーン・スペンサー、アルベルト・ウダをリリースしたことを確認したとのこと。大半のファイターが連敗していますが、コリー・ヘンドリックスは僅か1試合で見切りを付けられています。

 アントニオ・シウバのマネージャー、アレックス・デイビスはすでにリリースを覚悟しておりRIZINかロシアの大会出場を示唆していました。

UFC Ultimate Collector Series 13 Antonio Silva Action Figure by UFC [並行輸入品]
UFC Ultimate Collector Series 13 Antonio Silva Action Figure by UFC [並行輸入品]
posted by ジーニアス at 15:48| Comment(21) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本でまたハイパーゴリラが観れるのか…
Posted by スーパーサモア人 at 2016年10月22日 16:44
やっぱりビッグフットはリリースか
薬の力って凄かったんだなあ
Posted by チョコ at 2016年10月22日 17:13
リリースされた中で魅せる戦いをする選手たちRIZINへGO
Posted by ray at 2016年10月22日 17:19
ヒョードルがリベンジしたくて呼んでるんかな。
Posted by ザク at 2016年10月22日 17:22
ステゴリラ対把瑠都のメガトン対決が見たい!
Posted by アンダーソン at 2016年10月22日 17:38
薬以上に脳下垂体のアレでは?

柔道のあの方も回復力体力半端じゃなかったらしいですし
Posted by j at 2016年10月22日 18:13
RIZINなら減量がないだけでも大分楽だと思うね
トーナメント二回戦からの参戦かヒョードルとのスーパーファイトが見たい
Posted by Go at 2016年10月22日 19:02
一挙13人。スタッフ解雇も多いが、オーナー変わった影響もあるのか? 来年以降大会減るのかしら。
こりゃ日本大会どころかアジアの大会も期待できないか。

ビッグフットはRIZIN来てくれるなら嬉しいけど、年末のGPの推薦枠は違う人のほうがいいなぁ。
Posted by オレグ at 2016年10月22日 19:21
ライジンにシウバ呼んでもヒョードルの実力ではまたシウバには負けるだろ。
ダンヘン呼んでもまたヒョードルは負けると思う。
Posted by しの at 2016年10月22日 19:42
ビッグフットのパフォーマンス低下は薬じゃなく脳下垂体の影響だって何度言われたら・・
動きが目に見えて悪くなったのは手術で脳にメス入れてからだし
Posted by LL at 2016年10月22日 20:14
ヒョードル戦の時はたぶんステ
次のコーミエはリザーバーだから余裕だと思って抜いてフルボッコされたって思ってる

薬切れの時は妙に打たれ弱いし
Posted by 赤鯖 at 2016年10月22日 20:53
大幅に劣化してしまったホンマン同様、腫瘍除去の手術を受けているので、いくらステ打ったところで元には戻らないと思うんですが・・・。
Posted by y at 2016年10月22日 20:54
ステゴリVSバルトの色物対決は受けるぞー鎧
Posted by テレコ at 2016年10月22日 21:15
リリースされたとは言えヒョードルのリベンジ相手としては十分
Posted by 苦い涙 at 2016年10月22日 21:18
ビッグフットがリリースですか~、時代を感じますね

減量しなかったら、体重どれくらいなんでしょう?最近滅茶苦茶身体たるんでますからね~
Posted by 格闘マニア at 2016年10月22日 21:47
本当はもっとリリースしないといけないと思うんだけどな。新しい選手もどんどん入ってくるし、なかなか選手数減らないよ。
2014年が46大会と多くなって、2015年と2016年は41大会と減らしたけど、選手数はさらに増えてしまった。
それで利益はハネ上がったが、試合に出れない選手は増えてしまった。
UFCにとって試合に出ない選手の分も、保険や検査の費用がかかるし。

オーナーが代わって色々改革も有るんだろうけど、
もう5大会くらい減らしたいみたいだし、前からそろそろ選手を減らしていかないとマズイ状況だったよ。
ちなみに2013年は33大会、日本大会が始まった2012年は31大会、2011年は27大会、2010年は24大会、その前は20大会以下だった……、
大会が増え過ぎてる状況は、プラスにはならないんだろうな。
Posted by DA at 2016年10月22日 23:03
手術以降は体も細くなったしビッグフットから闘志みたいなものが消え失せてるのが気になる
てか毎度ビッグフットをしつこく色物扱いしてるテレコとか言う人は一体何なんだ...
何を訴えたいのか知らんけどこんな程度の低い人に貶められるビッグフットかわいそう
Posted by わ at 2016年10月23日 01:13
シウバにはRIZINに参戦してもらいバルトにMMAの厳しさを教えてほしいね。
Posted by かめだ at 2016年10月23日 10:30
いくら手術したといってもテストステロンの基準値違反もあったし薬と言われてもしょうがないだろ。
Posted by uji at 2016年10月23日 13:17
把瑠都の相手って、一気にレベルあがりすぎでしょw
Posted by VODKA at 2016年10月24日 10:46
シウバアンチっていつも同じ中傷しててダサいなあ。
あの手術受けると成長ホルモンが激減するから弱体化はしょうがない。

でも、最後のネルソン戦は一発貰うまで普通にネルソンに判定勝ちしそうなくらい強かったので、まだ世界のトップクラス選手なのは間違いないね。
リリースとはいえ、自分らからUFCと契約しないって決めたって話もある。いい選手だから日本で見たいな。
Posted by m at 2016年10月25日 01:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索