この記事へのコメント
馬鹿だな~
Posted by ニコルソン at 2016年10月11日 07:48
ネイトにはおとがめなしか?
Posted by まさ at 2016年10月11日 09:43
ネイト、MJ戦のファイトマネーだと払えない額ですね
Posted by 格闘マニア at 2016年10月11日 11:19
いや、マクレガーはなにしててもいいだろ。
Posted by ぬん at 2016年10月11日 11:32
プロレスなのにね…
いちいちつまんねー組織やなあ
Posted by ララ at 2016年10月11日 12:31
確か先に投げたのはネイトなはず・・

って事は事の発端を作った「遅刻」に対する罰金でしょうな。
Posted by ぽい at 2016年10月11日 13:28
ペットボトルでも危ないけど、缶が人に当たらなくてよかったです。
大怪我してしまいますよ。
マクレガーは何のボランティアするんでしょうね。
Posted by 名無し at 2016年10月11日 14:37
1500万も払う事なん?
勿論スター選手の不祥事で、それにみあった罰則ってわけだろうが…
違う国の話でアレだけど、その罰金は何に使われてんのかな?建前はスポーツ振興基金とか?

五○組織委員会並みに胡散臭すぎるw
Posted by 二階からロシアンフック at 2016年10月11日 14:58
ララ

プロレスじゃないよ、MMAだよ。
Posted by テレコ at 2016年10月11日 15:02
ネイトはいいのか(笑)
Posted by たぬ at 2016年10月11日 15:57
マクレガーにとっては、ネイト戦での15億円稼ぐための費用にすぎないから、
1500万円は痛くも痒くもないんだろうな。
Posted by DA at 2016年10月11日 18:09
この人、罰金は払うかもしれんけど、50日のボランティアとかするとも思えんが。UFC205終わったあとか?

何かスパーリングでKOされたとか噂も出てるし、話題に事かかないですな。その都度の動きを格闘技マスコミが常にチェックしてる状況か。
Posted by オレグ at 2016年10月11日 18:19
いやいやあれは大人と大人の健全な広報活動ですよ
Posted by mm at 2016年10月11日 18:41
MMAはプロレスじゃ無いんだからプロレスするなって事じゃ無いか?
プロレスあんま好きじゃ無い。ピエロじゃ無いんだから。
Posted by マッド at 2016年10月11日 23:24
やりすぎたかもしれないけど、大人しく普通の会見で良いのかな
Posted by かあ at 2016年10月12日 01:20
青木だと払えないですね
Posted by 青木真也絶賛応援中 at 2016年10月12日 07:18
すいませんうちまちがえてました。50時間だった。50日と書いてしまった。
50時間でもやるのだろうか。
Posted by オレグ at 2016年10月12日 08:02
罰金の額が大抵のファイターのファイトマネーより高いのが凄いですね‥
Posted by アクエリアス at 2016年10月12日 08:27
マクレガーはまた名前が売れて何倍も稼げるしもう1500万円程度端た金だろうね
Posted by ツナ at 2016年10月12日 11:05
罰金までがプロレス
Posted by matio at 2016年10月12日 12:44
マクレガーの奉仕活動は話題になるでしょうねw
Posted by H3 at 2016年10月12日 12:58
パーセンテージなんだから驚くようなことじゃない。
ファイトマネー500万の選手が25万の罰金くらったのと同じ。
(税金の差はあるが)
しかしネイトには何もないのかね?同じに見えたが。
Posted by あひる at 2016年10月12日 22:13
>あひるさん
ネイトはアスレチックコミッションの公聴会がまだなので、それが済んでから審議、処分ということになると思います。
Posted by y at 2016年10月13日 01:55
罰則重すぎ。マクレガーにラスベガスで試合してもらえないとなるとネバダは数十億円の損失だし、頭悪すぎる。
Posted by プライド at 2016年10月13日 20:17
>y atさん
なるほど
情報ありがとうございます!
Posted by あひる at 2016年10月13日 23:01
大人しい会見しかしないつまらないマクレガーなら、こんなに稼ぐ選手になってねえよ。
パフォーマンスにはプロレスが需要あんだよ。
エンターテイメントなんだから。
Posted by ララ at 2016年10月17日 13:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索