2016年10月06日

ROAD FCが32人参加・賞金100万ドルのライト級トーナメントを開催



 ROAD FCが賞金100万ドルのライト級トーナメントを開催することを発表。UFCにリリースを要求しているジョゼ・アルドに参戦を呼びかけています。



 川尻達也が興味を示しています。

Road FC to have 32-man lightweight tournament with $1 million prize(BloodyElbow)

 BloodyElbowが確認したところによると32人参加のトーナメントで2017年春に開幕戦を行うとのこと。年間を通じて開催され、大会は韓国だけではなく中国、日本でも開催予定だそうです。韓国、中国、日本、ブラジル、アメリカ人ファイターの参戦がすでに決まっており、アジアの有名ファイターや元UFCファイターも含まれているとのこと。

ドカベン ドリームトーナメント編(24): 少年チャンピオン・コミックス
ドカベン ドリームトーナメント編(24): 少年チャンピオン・コミックス
posted by ジーニアス at 02:00| Comment(13) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおおスケールでけぇ
Posted by ななな at 2016年10月06日 02:15
凄いなぁ~。
開催地も韓国外もあるし32人というのが面白い。
32人も集めるなら、せっかくだから決勝までワンマッチで行ってほしいな。
頑張ってるなRFC。
Posted by HARD ROUNDER at 2016年10月06日 02:41
福田力も ROAD FCでチャンピオンになった時かなりの賞金もらってた記憶があるな。
UFCの中堅よりも他団体のチャンピオンの方が稼げる現実。
さて日本人は誰が参戦するんだろうか。
Posted by あ at 2016年10月06日 07:05
一攫千金や
Posted by ファルカン at 2016年10月06日 07:21
これはスゲー!!
しかもヘビーじゃなくてライト級というのも世界的に見たら層も厚そうだし逆に面白そう。
これは興味沸くわー。
Posted by ゲーニッツ at 2016年10月06日 08:44
ライト級で一億円!!!
これはすごいな

川尻はまだ契約あるんだろうね

日沖、北岡、青木、徳留、あたり参戦しないのかな
クソッタレ小見川とか

32人は醍醐味あるな
Posted by まさ at 2016年10月06日 09:13
JZ、ギラード、ヒーリー、二アー、ウォーマシーン、ロニー・トーレス、アウレリオ、クリスチアーノ・マルセロ、青木、徳留、北岡

この辺りが参加してほしい!
Posted by う at 2016年10月06日 12:38
いやあ、無理しないで興行してほしいな。
Posted by jin at 2016年10月06日 12:48
RFC終わったな。
こういう一発芸をやり出したら団体としての終焉は近い。
Posted by ねるね at 2016年10月06日 16:38
・大規模トーナメント
・夢の高額賞金
・アジア横断ツアー

大陸的というか、分かりやすいアイディアですね
比較的ナショナリズムを利用して盛り上げやすい海外、たまに羨ましく感じます

日本の場合ナショナリズの発揮の仕方が、やや特殊なようで
こういうシンプルな発想がそのまま伝わるとも限らないのが、難しいとこでもありますねぇ
Posted by ジーピー at 2016年10月06日 17:35
一億ウォン契約とかもあるしRoadFCのほうが稼げそう
Posted by cmぱんく at 2016年10月06日 20:11
他の選手はともかく、アルドは1試合ごとに100万ドルを払わなきゃいけないくらいのレベルでは有る。
Posted by DA at 2016年10月06日 23:02
アルドは1試合ごとに1億はかかると思うし
優勝賞金だけだと安くて来ない可能性の方が高そう

軽量級とはいえ10年間、世界の最強で居続けたし
Posted by 赤鯖 at 2016年10月07日 03:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索