2016年10月04日

ジョン・ドッドソン「勝ったのは僕だ。ジャッジはまたミスをした」

John Dodson: I'm Carlos Condit and John Lineker is Robbie Lawler, and judges gave it to Lawler(MMAJunkie)

 『UFC Fight Night 96: Lineker vs. Dodson』でジョン・リネカーに判定負けしたジョン・ドッドソンが以下のコメント。

「僕はまだ全然ハンサムだ(顔にダメージは無い)。一方彼はフランケンシュタインのようだ。だから僕には(判定が)理解できない」

「僕はカーロス・コンディット vs. ロビー・ローラーの時と同じことをしたし、そして今回もジャッジはロビー・ローラーの勝ちにしてしまった。『お前らは一体全体何を考えてるんだ?』と思ったね。これまでも何度もミスをしてきたのに、またかよって感じだ」

仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方
仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方
posted by ジーニアス at 22:02| Comment(28) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんだけ逃げ回って判定狙いなのでやむを得ないかと。。。
だいたい判定は最後の手段であって、僅差の時はジャンケンよりマシってはなしだと思う。
ジャンケンで負けて文句言うのは筋違いかなと。
どっちが勝ってても審判のせいではないと思う。
Posted by あひる at 2016年10月04日 22:40
いやーあれで勝ちになったらUFCつまらなくなっちゃうよ。

確かに、そういう試合が今までなかったかと言ったら、あったけどさ。
Posted by FAT at 2016年10月04日 23:17
言葉をまとめてから出てきてほしいね
Posted by 風林火山 at 2016年10月05日 00:05
作戦的には正しいと思うんだけど、
意外とリネカーが追い付いて打撃をヒットしてるようにも見えたし、
ダメージは与えたかもだけどダドソンはヒット数が足りないように見えた。
テイクダウン後も抑え込めなかったし、
プレッシャーをかけてたリネカーにポイントが入ったのは
普通に納得したけどな。

能力がある選手だけに、テイクダウン狙いでいけば
もっとはっきり勝てたんじゃないかなぁ。
今後グイダのようにならないことを切に望む。
Posted by macotic at 2016年10月05日 00:14
上手くリネカーを殺してたけど自分の攻撃も死んでたような感じでしたね。
コンディットとローラーと言うよりはコンディットとニックのような試合だったと思います。
ファイターは殆どがリネカーを支持するんじゃないですかね?
見てる方としてもダドソンのような戦い方をするならKOするかダウンを奪ったり良いところがないと支持したくないですね。
Posted by 山田太郎 at 2016年10月05日 00:31
勝敗をジャッジに委ねるな、という言葉を、一つ一つ単語辞書で誰かおしえてやれ。

おねがいです!良い勝敗をジャッジのみなさん下さいって顔してたな。
Posted by めめ at 2016年10月05日 00:59
自分もドッドソンの勝ちだと思った。ローラー、コンディットより、エドガーアルド2のような形だった。
逃げてたって例えは、おかしい。
フィールド全部使って上手く相手との距離を取ってた上、心理的にもイラつかせてた、結果リネカーは大振りのパンチが多くなってきたし、そこを突いた。
Posted by テレコ at 2016年10月05日 07:03
ジャッジに勝敗を委ねる戦いをしたあんたが悪い。
気に入らないなら判定狙いの逃げ回りの作戦じゃなく、豪快にKOしてみろって話。
Posted by 秘密 at 2016年10月05日 07:22
コンディットは本当にかわいそうだった。
まともな審判とまともな判定が行われてたら…と今でも気の毒に思う。
Posted by い at 2016年10月05日 08:45
確かに何となくダドソンが勝ったかなぁって気もしたけど、そんな明確な優位性があった訳でも無いし、ボディも大分効かされてたし別にリネカーの勝ちでいいよ。
Posted by 風林火山 at 2016年10月05日 09:09
今回はドッドソンの判定勝利を私も確信していました。
たしかに、ドッドソンの戦法には、前半こそ歯がゆい印象を受けました。
しかし、リネカーのプレッシャーに対して、5ラウンドにわたり、テクニックで応答した素晴らしいものであったと考えます。
多く方が、「ファイティング」を望み評価する気持ちもよくわかりますが、であれば、より明確にそれを判定基準に盛り込むべきでしょう。
リネカーを応援していましたが、少しもやもやする思いがあったので…
Posted by patt at 2016年10月05日 09:38
ポイント取るには少し手数が少なすぎたと思うぞ
Posted by 格闘技ラブ at 2016年10月05日 10:24
結構前に兄貴がprideルールはアグレッシブ性を評価するから好きだったと言ってたのを思い出した。
あの手の試合は1Rは緊張感があっていいのに、
2R以降はポイント狙いというのが分かって冷める。だからリネカーを勝ちにしないと面白みがないと思う。
Posted by パンチ at 2016年10月05日 11:56
最近は、逃げ回ったり、
明らかな判定狙いであったり、
そういう選手に厳しくなったのはいいことだと思います。
Posted by so at 2016年10月05日 12:52
プロはアマと違い
勝てばイイだけではなく
やはり見せる事が出来なければ価値はナイので
次回はKOして勝って下さい。
Posted by Both options are reasonable. at 2016年10月05日 13:22
逃げてたとか関係なしにリネカーが勝ったと思ったんだけど。手数も有効打もリネカーだよな?
Posted by ドル袋 at 2016年10月05日 13:56
トッドソンも含めて、逃げ回る戦略って結局いつもジャクゾンズ所属だよな。コンディットもそうだし。最近では、ミオシッチとやったときのアリスターもひどかった。そういうやり方で勝ててないのは歓迎だな。
Posted by mk at 2016年10月05日 14:19
私もそう思いますね
ドッドソンは手数が少なすぎた
あれで勝ったと思ったというのはちょっと無理があるかな
リネカーはアグレッシブで手数も多かったからリネカーにポイントが流れるのは当然だと思います
Posted by 図書 at 2016年10月05日 14:24
と思って見なおしたけどドッドソンっぽいな リアルタイムで見た時と全然印象が違った。エドガーアルド2と同じであんまり当たってなかったパターンだ
Posted by ドル袋 at 2016年10月05日 15:03
ローラーとコンディットはおかしな判定だったが、アルドvsエドガー2の判定がおかしいとか頭おかしい。
Posted by たなす at 2016年10月05日 15:10
下に同意。アルド エドガー2の判定はおかしいし頭おかしいね。
Posted by MMA at 2016年10月05日 19:27
何度か読み直しましたが、コメント欄にアルド対エドガー2の判定に意義を唱えてる方は1人もいないと思うのですが...。今回の試合がアルド対エドガー2のようにドッドソンは効率的に戦った、という方はおられますが。

自分は好みの戦い方ではないけれど、体重オーバーも含めてドッドソンの勝ちが妥当かなと思いましたけど、そんなに明確に差がある訳じゃないし、アグレッシブで客が呼べる試合をするリネカーの勝ちになってしまうのもやむを得ないかなと。体重オーバーさえなければ素直に祝福できましたが。
Posted by りく at 2016年10月05日 22:57
テレコさん
りくさん

大変失礼いたしました。読み間違えていました。
アルドvsエドガー2の時の記事で、エドガーの勝ちだろってコメントしてる人を多数見かけてからずっーと憤っていたので、早とちりしてしまいました。申し訳ございません。
Posted by たなす at 2016年10月06日 00:47
サークリングや押し込みは減点しちゃえばいいのに
Posted by そうえん at 2016年10月06日 01:55
体格差がある時以外はサークリング禁止!
Posted by 温泉 at 2016年10月06日 02:38
今回のケージがどのサイズだったか分かりませんがUFCの大きいケージは軽量級には大き過ぎなのでは
WECは小さいケージで合ってたと思いますが両立は難しいですね
Posted by にご at 2016年10月06日 11:38
今回みたいな試合運びも作戦なんで否定はできないけど、ジャッジが何度もミスしてるっていうんなら、そのことも考慮して作戦立ててきてほしい。
だからこそエドガーは最後まで動くのやめずに手数を出し続けるし、アルドはラウンドの最後に印象的な一発を決めるようにしてたし。
Posted by y at 2016年10月06日 11:50
確かにドッドソンがの方が的確にダメージを与えていたように思うが逃げ腰な上に手数も少なく
客観的に見てリネカーのほうが押してるようにしか見えない
コメントとしては試合に負けたけど勝負に勝ったくらいに押しとどめるべきだったね
Posted by お、おう at 2016年10月07日 16:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索