2016年09月20日

ネイト・ディアス、UFC 202薬物検査はパスも電子タバコの調査は継続

UFC 202の試合後会見でネイト・ディアスが吸った電子タバコをUSADAが調査(動画)(2016年08月23日)

 こちらの続報。

Nate Diaz drug test clean, but USADA still looking into press conference cannabis use(MMAFighting)

 『UFC 202: Diaz vs. McGregor 2』試合後の薬物検査でネイト・ディアスは陰性だったとのこと。しかし、試合後会見で電子タバコを吸いながらCBD(カンナビジオール=大麻に含まれる化学物質の一種)だとコメントしていた件については現在も調査中だそうです。カンナビジオールはWADA(世界アンチドーピング機関)コードでは試合の前後6時間の使用が禁止されています。

posted by ジーニアス at 19:55| Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのぐらい許してあげようよ
という人と
許せない
という人
人や法律ってなんだかなー
不思議だな
Posted by say at 2016年09月20日 23:08
皆が思ってる大麻(THC)とCBDは全く別物。
CBDはハイになるTHCが入ってないのでハイになる事もないし医療大麻的にはとても優れた薬だと思う。CBDを禁止にしてる国はないし(THCが微量に入ってるものはアウト)
日本でも買えるし俺もたまに吸ってる。
ただの薬やサプリメントだと思ってほしい。
ただカンナビノイドを試合前後6時間投与禁止ならばアウト。
CBDは鬱や炎症、癲癇などにも効くしとてもいい薬だと思う。
今回、ネイトだからこんなに怪しまれてるけど他の選手ならば、そこまで調査入らなかったのかな?
Posted by グリフォン at 2016年09月21日 10:43
以下、記事とは直接関係ない話ですみません。

>グリフォンさん
不眠や鬱にCBDはどの程度効くのでしょうか?
以前ネイトの記事でCBDを話題にされてた方がいて
気になって自分でいろいろ調べてみたのですが、
効果の程度が今一つ分からないのです。
他にもご存知の方がいらっしゃれば回答いただければ幸いです。
Posted by 正男 at 2016年09月21日 22:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索