2016年09月18日

UFC 203のPPV契約数は微妙な結果か

UFC 203 pay-per-view numbers bring up tough questions about CM Punk's future(MMAFighting)

 Wrestling Observerのデイブ・メルツァー記者によると9月10日に生中継された『UFC 203: Miocic vs Overeem』のPPV契約数は速報値で42万5000~47万5000件と推測されるとのこと。コナー・マクレガー出場大会や『UFC 200: Tate vs. Nunes』を除けば今年の最高記録です。

 当初スティペ・ミオシッチ vs. アリスター・オーフレイムがメインイベントと発表された時は、『UFC 198: Werdum vs. Miocic』が好カードを揃えたにも関わらず推定30万件(35万件説もあり)だったことから25~30万件と予想されていたとのこと。CMパンク効果で375~675万ドルの収益アップがあったことになりますが、WWEを離脱してから2年半経っていること、トラッシュトークをしなかったこともありブロック・レスナーほどの数字を残すことはできませんでした。同じく数字を持っていたキンボ・スライスを2試合でリリースした例もありますが、リリースすればベラトールMMAと契約することが予想されることからCMパンクの今後は微妙な状況のようです。

CM Punk - WWE WrestleMania XXVIII 8x10 Glossy Photo by WWE [並行輸入品]
posted by ジーニアス at 03:50| Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
特別扱いする程じゃないけど、50万ドルの価値は充分に有ったという事かな。

今年のUFCのPPV件数は、ここまでは9大会で630万~650万件くらいか。
残りのニューヨーク大会を含めた4大会で、過去最高の900万件超え出来るかどうか。
ラウジーかGSPニックが復帰しなかったら厳しい感じかな?
Posted by DA at 2016年09月18日 18:16
やっぱ数字持ってるんだなーと。
ベラトールに行かれることを思えば、50万ドルは高くないのか…。
2戦3戦と続けて取れるかはわからないが。
Posted by あひる at 2016年09月18日 20:55
パンクと同じ素人代表の金子賢も大晦日男祭りで視聴率に貢献したがPRIDEでの二回目はなかった。

さて、UFCはどうする?
Posted by マルム at 2016年09月18日 22:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索