2016年09月18日

ニック・ディアス、出場停止期間は明けてるものの罰金は未払いだった

Nick Diaz hasn’t paid fine, still under suspension by NAC(BloodyElbow)

 FOX Sportsのライター、デイモン・マーティンがネバダ州アスレチックコミッションに尋ねたところによると、ニック・ディアスは『UFC 183: Silva vs. Diaz』のアンデウソン・シウバ戦の後にマリファナ代謝物質の陽性反応が出た時の罰金10万ドルのうち7万5000ドルが未払いとのこと。これにより出場停止期間は8月1日に終了しているにも関わらず未だに処分中の身になっていることからUFC 196はもちろん、UFC 202でもネイト・ディアスのセコンドに就くことは認められなかったそうです。

わかりやすい刑罰のはなし―死刑・懲役・罰金
わかりやすい刑罰のはなし―死刑・懲役・罰金
posted by ジーニアス at 02:01| Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニックらしいと言えばらしいですねw
払えなかったのか払わなかったのかが気になるところ
Posted by 209 at 2016年09月18日 07:44
弟が儲かってるみたいだし、出してもらえば?
Posted by 水野さいか at 2016年09月18日 10:31
試合で大金を得ても、自主興行の収益が出ても、税金を払わない人だからなぁ。
俺は税金を払った事がないから、なんていう言い訳で。
Posted by DA at 2016年09月18日 18:22
アホでしょ

面白くてなかなかいない選手だけど、
こんな事できないなんて
ただのずる賢いやつだし
以前ほどのカリスマ性は無くなってきているな

ペットボトル投げてないで、罰金はらうべき
Posted by まさ at 2016年09月19日 16:30
兄貴金無いのか?デイナがポケットマネーでポンと出してやれよ(笑)
Posted by 格闘技ラブ at 2016年09月21日 13:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索