2016年09月17日

ジョー・ローガン「KOされた直後のファイターにインタビューするのは酷だと思った」

アリスター・オーフレイム「ミオシッチはギロチンでタップしたと思った」(2016年09月12日)

 こちらの続報。『UFC 203: Miocic vs Overeem』でスティペ・ミオシッチに1R KO負けしたアリスター・オーフレイムが試合直後に「彼はギロチンチョークでタップしたと思った」とコメントしたものの、ビジョンで試合を見直してもタップしている場面はなくローガンから追及を受けていましたが、

After Overeem's UFC 203 phantom tap comments, Joe Rogan wants change in post-fight interview policy(MMAJunkie)

 ジョー・ローガンがツイッターで以下のコメント。

「UFC幹部にKOされたファイターへのインタビューをやめることはできないかと尋ねた。賢明なことだと思わないし、フェアなことだとも思えない」

インタビューの教科書
インタビューの教科書
posted by ジーニアス at 22:18| Comment(34) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インタビューするほうも辛いよね・・・
Posted by ななな at 2016年09月17日 22:28
ローガンいい人だなぁ。
ノックアウトされた後は状況を把握できていないかもしれないですし、そのほうがいいとおもいます。
Posted by 名無し at 2016年09月17日 22:29
これは以前から気になってた
フェア云々の前に危険だと思うんで止めるべきだと思う
Posted by スラッカー at 2016年09月17日 22:40
ローガンも厳しいツッコミはどうしてもしてしまうだろうし、
KOされた選手へのインタビュー自体を控えるのは良い考えだと思う。
Posted by DA at 2016年09月17日 22:43
ローガン、いいなぁ~。
いいことだし理に適ってるし、そのほうがいいと思います。

個人的にはKOや一本でフィニッシュした試合の時は、
並べてコールすること自体あまり好きではないです。

PRIDEなどがそうだったように勝った選手をコールだけでいいと思う。
Posted by HARD ROUNDER at 2016年09月17日 22:44
ん~
これは試合後の突っ込みを色々叩かれ始めたんで
自己弁護だろうなぁ
Posted by ぽんちょ at 2016年09月17日 22:45
正直KO決着の試合後リング上インタビューは勝者だけでいいと思う。
Posted by dark at 2016年09月17日 22:49
UFC観てていつも謎な部分だなーと思ってましたが、ローガン本人はその様に思っていたなんてちょっと意外。

Posted by 金剛 at 2016年09月17日 23:11
というか選手が拒否出来る権利が必要だと思う。
仮にあの時アリスターがインタビュー拒否して退場したとしても、誰も文句言わんでしょう。
インタビューなんてやりたきゃやればいいけど、強要する事じゃないよ。
Posted by ぼくくん at 2016年09月17日 23:14
がっつり詰めたのちょっと笑ったけど、意識飛んだあとじゃパニックになってる可能性も充分ある。すぐに退場させるべき。
Posted by カンフーマスター at 2016年09月17日 23:19
これ、PRIDEやDREAMからUFCに観戦を移した時からずっと思ってた。なんでUFCってKO負けした選手をわざわざ立たせて並べて勝利者コール立ち会わさせたり、わざわざインタビューするんだろ?そんなの死体に鞭打ってるようなものじゃないか。
Posted by とぬけん at 2016年09月18日 00:05
>ぽんちょさん
ローガンのツイッターを見れば分かりますが
ローガンがこの発言をしたのは大会が終わってすぐの事です
Posted by くろ at 2016年09月18日 00:12
KOされた、されてないに関わらず、勝者だけでいいと思う。
Posted by _ at 2016年09月18日 01:27
この件でふっと思い出してしまったのが、PRIDEで敗者を控え室までカメラが追いかけていってたやつ。
格闘家には気の毒だけど、あれはリアルに感情移入しちゃってなんか良かったんだよな~
Posted by 金剛 at 2016年09月18日 01:50
その割にはうっきうきで追求してたように見えたけどなw
ま、気持ちいいKO決着の後のアリスターの水差しイチャモンは非常に不愉快で見苦しかったからいいけど。
Posted by もこ at 2016年09月18日 02:13
あれだけアリスター追い詰めといて何言ってんだw
Posted by かあ at 2016年09月18日 06:14
KOされた選手が控室まで歩いて帰ったようなケースでも
直後から数時間の記憶が飛んでたという話も聴きますし
脳震盪状態で、意識や記憶が混濁してる場合もあるかと思う
Posted by dot at 2016年09月18日 06:42
あんた以前マリオヤマサキに似たようなことしてなかった?
あれもレフリーにインタビューすることを強いられてたんだね
かわいそう
Posted by 瀬戸内着床 at 2016年09月18日 07:16
これは完全にローガンに同意。
もっと言えばKO負けではなくても試合に負けた選手は速やかに退場させてあげて欲しい。
カメラのフラッシュを浴びるのは勝者一人で十分。
敗者を晒し者のように試合場にいつまでも引き留めておいてインタビューを受けさせる。そういう欧米人の無神経さが嫌いだ。
Posted by 刹那 at 2016年09月18日 17:03
とぬけんさんと同意見。
わざわざ敗者を並べて勝利コールに立ち会わせる光景に凄く違和感があった。

PRIDEみたいに負けた選手はドクターやセコンドに任せてさっさと勝者の右手を上げる方がスムーズかつ客も冷めずに盛り上がれると思う。

敗者にインタビューするために回復する時間を作ってるんだろうか。
Posted by 判定 at 2016年09月18日 18:54
ミルコがゴンザガにKOされた後にインタビューされてたのを見てびびったもんな。
Posted by モアイ at 2016年09月18日 23:06
FOXで訳つきで見たが印象と違った。ローガンはアリスターの意見もしっかり聞いて公平に事実をはっきりさせようとしている風に見えた。最後も貴方にはタップしてるような感触を感じたんだね、わかりますと必死に動いている試合中によくある勘違いとアリスターも立てていた。アリスターの方も負け惜しみでは無く勘違いだったように見えた。
Posted by トナカイ at 2016年09月19日 10:07
ダメージのある中で
映したりしゃべらせたりすのは
何いいだすか分からないし、
かわいそうだし
無理があるよな

PRIDEのバックステージまでおいかけていくやつもかわいそうだよ
Posted by まさ at 2016年09月19日 16:58
刹那

いやー日本の団体のPRIDEも舞台裏まで敗者についてってカメラに映して晒し者にしてたけど?吉田vsヴァンダレイ戦では激戦の末敗れて疲れきった吉田に対して空気を読まないインタビューをする始末だし。
その点UFCなら敗者インタビューが嫌ならブラウンのようにさっさと立ち去ればいいだけ。
欧米ガーとかそんな意味不明な偏見論かざす前にもうちょっと頭使ったり調べたら?
Posted by 黄昏 at 2016年09月20日 04:56
より良い方向に改善しようとするのは良い事なんですが、今更そう思うのか…と率直に感じてしまいました。
Posted by xyz at 2016年09月20日 06:44
ヒューズがGSPのハイキックでKOされて王座陥落した直後に何度もリプレイ流してヒューズ本人に解説させてましたね。2回ローブロー食らった後のハイでやられたにもかかわらず一切言い訳せず真面目に答えて勝者を讃えていたヒューズに非常に好感を持ったのを憶えてます。
ローガンがこう思っていたとはちょっと信じられないなぁ。
Posted by けす at 2016年09月20日 09:35
負けた後にインタビューするのはCMパンクだけにすればいい。
毎回良いこと言ってくれるとと思います。
Posted by トム鈴木 at 2016年09月20日 14:11
パンクもノックアウトされた後とかはダメージとかが心配ですから、ノックアウトされた選手へのインタビューはやめた方がいいと思います。
Posted by 名無し at 2016年09月20日 17:06
>黄昏

過去に吉田関連のビッグマッチで局カメラマンによる暴走があったのは事実だが、そういった行為が日本で常態化してるわけではないだろ。むしろTVスタッフによる強引なインタビューとかはネットで視聴者やファンからさんざん叩かれる時代だから、他競技でも年々やりにくくなってる。
そもそもこっちが話してるのは数千~1万人の衆人環視の前に敗者をずっと立たせたままインタビューを受けさせる向こうの「慣習」についてなんだが?ちゃんと話に付いてこれてるか?
インタビュー受けずに立ち去ればいい?向こうでの敗者インタビューは慣習扱いなのが問題だと言ってるんだよ。
立ち去ったら立ち去ったで試合後にデイナから絞られたり、後日記者からしつこく追及されたりさらに面倒くさいことになるだけ。フォレスト・グリフィンみたいにな。
>もうちょっと頭使ったり調べたら?
というわけでこれそっくりそのまま返しとくぞ。
Posted by 刹那 at 2016年09月20日 18:07
>過去に吉田関連のビッグマッチで局カメラマンによる暴走があったのは事実だが、そういった行為が日本で常態化してるわけではないだろ。むしろTVスタッフによる強引なインタビューとかはネットで視聴者やファンからさんざん叩かれる時代だから、他競技でも年々やりにくくなってる。
敗者にいつまでもカメラもってついてくるバックステージについては何もなし?(笑) これPRIDEでは常態化してたけど?(笑)


>そもそもこっちが話してるのは数千~1万人の衆人環視の前に敗者をずっと立たせたままインタビューを受けさせる向こうの「慣習」についてなんだが?ちゃんと話に付いてこれてるか?

PRIDEも敗者を晒しあげることは慣習化されていたのはさっき言ったからいいとして衆人環視の前は許せなくてメディアを通すやり方には特に言及しないのはなぜ?同じ慣習だけど?
国自体の慣習っていう?それならそうだといえるソース待ってますね。


>インタビュー受けずに立ち去ればいい?向こうでの敗者インタビューは慣習扱いなのが問題だと言ってるんだよ。
立ち去ったら立ち去ったで試合後にデイナから絞られたり、後日記者からしつこく追及されたりさらに面倒くさいことになるだけ。フォレスト・グリフィンみたいにな。

どうしても嫌なら立ち去るしかないだろ。てかそもそも慣習化されてるならそこで戦ってるファイターもそれが慣習
ってわかってるんだから別にいいじゃん。何をそんな躍起になってるの?(笑)向こうではそれが当たり前なら受ける側もそう思ってるんだから慣習のないところの人間が自分の価値観でとやかく言うことではないでしょ?


Posted by 黄昏 at 2016年09月20日 19:49
>黄昏

だから話に付いてこれないなら黙ってコメントだけ読んでろよ。
こっちが上から一貫して触れてるのは、ケージ内での「敗者インタビュー」が「慣習」になってることについてだ。
プライドのDVD特典?控室追従カメラと、敗者インタビューを混同して語るのはいい加減やめろ(笑)
どっちも趣味の良いものではないが、飽くまで今回の記事でローガンが語ってる&こっちが話題にしてるのは後者についてなんだからな。
PRIDEも敗者を晒しあげることは慣習化?他人に偏見が何だ言う前に、自分の発言は偏見に満ちてないかコメント読み直してみるといいぞ。

>慣習のないところの人間が自分の価値観でとやかく言うことではないでしょ

慣習あるとこの国のインタビュアーですら問題視してる。だからこれだけ日本のファンも話題にしてるんだろうが(笑)
まあ、こんな身も蓋もない絡み方してくる人間にはこれ以上何言っても無駄かもしれないが。
Posted by 刹那 at 2016年09月20日 20:46
晒し者は晒し者でも、ローガンが言っているのは「おかしなことを言ってしまって恥をかく」的なことであって、刹那さんが言っているような「負けたのにインタビュー受けるのは晒し者にされるのと同じ」という意味ではないと思うのですが・・・。
そもそも敗者でもインタビューがあるのは、メインイベンターやCMパンクのように特殊な場合だけであって、意味合いとしては「格」を尊重してるだけだと思いますけどね。
普通なら勝者しか受けれないインタビューを、敗者にも関わらず受けれるわけですから。
あとフォレスト・グリフィンがデイナに絞られたのは、自分が負けたと思って判定出る前にケージから立ち去った(勝ったのはグリフィン)からじゃなかったでしたっけ?
Posted by y at 2016年09月21日 16:21
>晒し者は晒し者でも、ローガンが言っているのは「おかしなことを言ってしまって恥をかく」的なこと~

何か勘違いしてるけど「ローガンもこう思ってるはずだ」とか他人の心情まで代弁してる訳じゃないからな。
最初のコメント読んで貰うと分かると思うけど、KO負け選手へのインタビューは不要というローガンの意見には賛成。個人的には敗者インタビュー自体要らないけど、という流れ。
あとグリフィンの話はアンデウソン戦。負けた直後にダッシュで控室に帰ったから後日デイナから絞られたし、記者からでしつこく取材を受けたんだよ。
Posted by 刹那 at 2016年09月21日 17:53
最初のコメントはたしかにそうでも、その後のコメントでは「敗者インタビューが慣習になってるのは問題」という刹那さんの主張を補強するかたちで、「ローガンも語ってる」とか「インタビュアーも問題視してる」と書かれてますが・・・。
Posted by y at 2016年09月22日 00:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索