2016年09月16日

UFC 205でフランク・エドガーとジェレミー・スティーブンスが対戦か

Report: Frankie Edgar vs. Jeremy Stephens targeted for UFC 205(BloodyElbow)

 UFCが11月12日にニューヨークで開催するUFC 205でフランク・エドガー vs. ジェレミー・スティーブンスのフェザー級マッチを行うことをCombateが確認したとのこと。エドガーはタイトル挑戦できるならバンタム級転向の可能性を示唆していましたが、とりあえずフェザー級でやっていくようです。

 エドガーは『UFC 200: Tate vs. Nunes』でジョゼ・アルドとフェザー級暫定王座決定戦を行い判定負けして以来の試合。スティーブンスは『UFC Fight Night 88: Almeida vs. Garbrandt』でヘナン・バラオンに判定勝ちして以来の試合。

posted by ジーニアス at 12:28| Comment(4) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあさすがにフェザーチャンプにもなってないから、いきなりドミニクは無理だよ。ただ年齢的にあと2~3年だとすると、6試合くらいでアルドに挑戦できるかどうかで終了ってなんとも繰り返しのような感じなんだよな。停滞するからバンタム示唆だったんだろうが
Posted by でら at 2016年09月16日 13:21
この判断は間違ってると思うな~
限られた試合数で王座を目指すなら、バンタム転身か、いっそライトへ戻る方が可能性は高くなると思うけど。
フェザーに留まれば新しい世代の踏み台になるくらいの中途半端な結果しか残せないと思うけど
Posted by ゆず at 2016年09月16日 15:07
MSG大会には出たいがクルーズ戦は却下されたので、とりあえずエントリーしつつ同日のアルバレス代打狙い?
下手にバンタムの体作るよりフェザーで仕上げておいてライトにするほうが楽だろうし。一か八か最短距離のタイトル戦はそこかもしれないが、ガーブラントに勝ってタイトル挑戦、奪取からのフェザー再チャレンジが一番良いストーリーだと思うのですが。
Posted by illion at 2016年09月16日 19:42
ホロウェイとかがアルドを倒してくれたら、エドガーにもタイトル挑戦のチャンスが来るのかな。
Posted by DA at 2016年09月16日 22:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索