2016年09月01日

ローリー・マクドナルド「ベラトールはUFCと違って聞く耳を持っている」

伝え方が9割
伝え方が9割

Rory MacDonald says UFC wasn’t ‘respectful’ in handling of Reebok deal: ‘There was no discussion’(MMAFighting)

 ベラトールMMAと契約したローリー・マクドナルドが以下のコメント

「ベラトールの人たちは率直だし、話しやすいし親身だ。聞く耳を持っている。彼らはプランや要求をファイターに伝えるだけじゃない。ファイターの要求を聞こうとする。彼らは押し付けがましいことをしようとしない。彼らはパートナーのように一緒に何かを作り上げようとしてくれる。新入りの僕に対してもすでに素晴らしかった。ベラトールとSpike TVの幹部と話し合った時点で、もうUFCでの7年間より上だと思ったよ」

「リーボックのことは素晴らしいし、このスポーツに長期に渡って貢献しようとしている。それは評価している。だけどUFCは間違ったやり方で進めてしまったと思うよ。彼らはファイターのことを本気で考えているとは思えないし、何の話し合いも無かった。丁寧なやり方じゃないし評価はできない。ただ、それが移籍を決めた最大の要因じゃないけどね。数字やリスペクトがあった上でチャンスがあると思えたからだ。彼らは僕のブランドを構築して金を稼がせ、良い試合を組み、良いプロモーションをしようとしてくれる」

posted by ジーニアス at 00:20| Comment(10) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そりゃベラトールからしてみればローリーのような高い完成度の選手は団体の発展のために是非とも手にいれたい人材でしょうに。
Posted by judo at 2016年09月01日 01:37
でも、結局はロリマクが元UFCのトップファイターだからこういう扱いなだけで、ブルックスやフレイレが扱われ方に不満を漏らしてたのも事実なんだよね・・・。
Posted by y at 2016年09月01日 01:45
His focus is mone….
Posted by akira at 2016年09月01日 01:53
そりゃロリマクはトップ中のトップだからね!
ウェルター級はコレシュコフ、ペイジ、ロリマクってベラトールヤバイだろ!UFCにも引けを取らないレベル!
Posted by む at 2016年09月01日 02:06
ま、移籍してもらおうとする相手には良い態度をするよね。
その態度や待遇が続くかでしょう。
リーボックの件はその通り、あまりに現ファイターのことを考えてなさすぎる。
Posted by かく at 2016年09月01日 07:58
期待値が高いのは当たり前で、交渉段階でこのような発言は甘いとしかいいようがない。勝ち続ける事が望まれるし、2、3試合後に又コメントを聞きたい。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年09月01日 08:54
このインタビューに特に関連してではないけど、
しかしロリマクは成熟したなあと思います
エレンバーガー戦後ローラー1戦目くらいまでは
ニックネームに引けをとらないサイコ野郎
という感じでしたが結婚したり子供もできて
自然体になったような印象
Posted by ムルカ at 2016年09月01日 10:20
中途入社や縁故入社ばかり優遇してる中小企業みたいだな。
生え抜きにも恩恵を与えないと不満が爆発するだろう。

生え抜きって言っても、無名の頃からベラで戦ってる選手って意味ですが。
Posted by 秘密 at 2016年09月01日 10:38
・・・鳥越?
Posted by スネーク at 2016年09月01日 11:33
まだ27歳なのになんでUFCではあんな扱いだったんだろう
Posted by そうえん at 2016年09月01日 12:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索