2016年08月22日

ドナルド・セラーニ「タイトルマッチができるならライト級に戻る」/デイナ・ホワイト「今後もウェルター級でやってくれ」

Donald Cerrone, Dana White Have Differing Views on Potential Return to Lightweight(Sherdog)

 『UFC 202: Diaz vs. McGregor 2』でリック・ストーリーに2R TKO勝ちしたドナルド・セラーニが以下のコメント。

「ニューヨーク(UFC 205)でエディ・アルバレスと対戦したいね。俺は(UFC 178で)すでに彼に勝ってるから(タイトル挑戦の)資格はあると思うぜ。即タイトル挑戦ならライト級に戻るよ。コーチ陣は170ポンドが良いと言うし、俺も170ポンドは調子が良い。両方でやれると思うぜ」


 デイナ・ホワイトは以下のコメント。

「私は155ポンドという考えは好きじゃない。170ポンドの彼は素晴らしいし、絶好調だ。リック・ストーリー相手にあんな勝ち方をするヤツは他にはいない。カウボーイは170ポンドが良さそうだし、私は留まって欲しい」

意見の相違からみる社会問題
意見の相違からみる社会問題
posted by ジーニアス at 22:49| Comment(12) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メインとセミが衝撃だったから目立ってないけど、あのコンボは歴史に残るほど華麗だったよ
Posted by ssa at 2016年08月22日 23:15
どんなに準備期間が短くても代打出場してくれて、しかもボーナス賞級のKOを連発しててくれてるんだから、ライト級王座即挑戦権で恩返ししてくれよ

セラーニが王者になったら防衛戦のプロモーション活動に時間が割かれて試合間隔が長くなるから、これまでにみたいに緊急代打参戦できなくなるから、使い勝手の良い手駒がいなくなるのがデイナは嫌なのか?
Posted by KjPG at 2016年08月22日 23:30
マクレガーの影響なのかな?
Posted by noisy boy at 2016年08月23日 01:04
RDAに完敗したからやむなく階級上げたけど、元々減量苦があるわけじゃないから、ベルトのチャンスがあるならやりたいよなー。
マクレガー以外の選手はそうやすやすと階級をまたがせてもらえない悲しさよ。
Posted by GDP at 2016年08月23日 11:29
ストーリーってマイアには一本取られたけど、今までKO負けって無いんじゃないかね?ネルソン、サフィシーヌ、ジョニヘンにも勝ってる強豪だし、それをテイクダウン取ったりあんなコンボで倒すのは凄いわ。

ウェルターでもまだまだ上行けそうだけど、もう一回アルバレスとやってタイトル取って欲しい気持ちの方が強いかな。
Posted by 風林火山 at 2016年08月23日 11:51
ストーリーに圧勝するとは思わなかったなぁ。
ただ、ウェルターでトップになれるかと言うと…だし、ライトでトップクラスとやって、その次挑戦とかがいいな。
ヌルマゴとやればいいんじゃない。
Posted by … at 2016年08月23日 11:52
こりゃコナーをエディに挑戦させるつもりですかね。まあ元々アンジョスに挑戦するはずだったしネイトにリベンジして挑戦権を取り戻したといえるかもしれない。
セラーニやファーガソンは割を食うかもしれませんね。
Posted by けす at 2016年08月23日 12:34
今までさんざん助けてきたんだからセラーニにチャンスを!
Posted by GGG at 2016年08月23日 12:43
みんな、ライト級にマクレガーがくるから、そのためにタイトルを欲しがっている。
Posted by ルイス at 2016年08月23日 12:57
悪いが、エディに連勝しても、RDAにはまた負けそうだし、ヌルマゴにも負けるでしょ。
次はヌルマゴでいいと思うけどな。マクレガーもヌルマゴが王者になればライト挑戦とか言わなくなるんじゃないか。
Posted by mk at 2016年08月23日 13:56
影の実力者ストーリーをあんな感じでボコるとは思わんかった。グラウンドも打撃も身体もキレてましたね。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2016年08月23日 20:08
セラーニがまさかこんなにウェルターで活躍するとは思わなかった
ストーリー相手に素晴らしかった
本人はチャンピオンに近くてコナー来るライトやりたいんだろうけど
ウェルターのセラーニもまだ見たい!
Posted by iu at 2016年08月24日 06:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索