2016年08月22日

デイナ・ホワイト「マクレガー vs. ディアス3をすぐにやることはない」

コナー・マクレガー「次は155ポンドでやるぞ」/ネイト・ディアス「3度目の闘いをやるぞ」(2016年08月21日)

 こちらの続報。

Dana White says a Conor McGregor vs. Nate Diaz trilogy fight isn't happening 'right now'(MMAFighting)

 デイナ・ホワイトが以下のコメント。

「3度目の闘いをすぐにやることはない。2度とこの試合を見たくないと思っている人はいないと思うが、コナーはフェザー級王座を防衛するか返上するかを迫られるし、我々はそこからどうするか考えたい。どうするかはコナーが決めることだ。こちらはその決断を待つしかない。私がコナーなら防衛戦をするけどな」

posted by ジーニアス at 11:50| Comment(14) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私がコナーなら3戦目を来年夏にやって引退する。
Posted by テレコ at 2016年08月22日 12:18
コナーの第三試合はすぐにコナーい
Posted by ショーンコナー at 2016年08月22日 12:42
金のこと考えたらフェザーの防衛戦やらないだろうな。
一回くらいはしたほうがいいと思うけど。
Posted by GGG at 2016年08月22日 12:52
もう返上したら
Posted by あ at 2016年08月22日 13:10
一番の理想は、ネイトがアルバレスとタイトルマッチで、ネイトが王座に。
ライト級のタイトルでネイトとマクレガーになることだ。

寝技も強いネイトにとって、塩漬けアルバレスは勝ちやすい相手だし、ランキング的にも資格はある。

今のネイトが一番、PPVも売れて利益上げられるし。

か、今後ネイトが連敗して株が下がり続けたら、三度目はないと思う。

ファーガソンかバルボーザ対ネイトも見たいけど。

Posted by たけし at 2016年08月22日 13:13
もうライトタイトルマッチでいいでしょ。コナー、アルバレスなら良い試合期待出来るし。それに今のコナーにフェザーに減量は危険じゃないか。只でさえ干物みたいになって減量してたのにウェルターまで上げてまたフェザーなんて危険極まり無い。フェザーは返上してライト挑戦で。
Posted by 2005 at 2016年08月22日 13:58
減量がキツそうだから今後はライト級でいいと思う。
カオスな階級をより一層カオスにしてくれ。
Posted by kazu at 2016年08月22日 14:05
普通なら返上でしょう。フェザーに戻る気がないのなら。

記事とは関係ないんですが、このデイナのサイン写真約7万もするんですね。驚き。
Posted by R at 2016年08月22日 14:12
2本のベルトが欲しいみたいだからフェザーは自分からは返上しないで防衛もしないままライトでネイトと決着戦。王座狙うならその後だろう。普通稼げる順にやるだろう。とにかくこれ以上稼げるカードの価値をリスク負ってわざわざ主催者が下げる事は考えられない。アルド、アルバレスとやってもネイト戦の半分も稼げないのではないか?すんなりとネイトと決着戦だろう。
Posted by たか at 2016年08月22日 15:02
関係ないんですが、デイナっていつからこんなに太ったの?
すべらない話の兵藤なんとかみたい。
Posted by ザク at 2016年08月22日 15:52
なんか未だに偉そうにほざいてるけど、デイナにまだそこまでの色々と決めれる権限がそもそもあるのか。。
Posted by ラックス at 2016年08月22日 16:29
ネイトはともかく、マクレガーの方はトップ選手の誰と試合しようがどの階級で戦おうが、
PPV売って最近の3戦と同じように大金を稼いでしまうだろう。
Posted by DA at 2016年08月22日 21:10
どうするかはコナーが決めることだ。

じゃなくて、あんたが決めろや!
Posted by フライド at 2016年08月22日 22:24
ひどい話ですね。ネイト対マクレガーが決まった時、「コナーが勝っても負けてもドローになっても、アルド対エドガーの勝者と王座統一戦をする」と確約していたじゃないですか。マクレガーはマクレガーで「王者はいつ何時誰とでも」的なことを言ってたはずですが、結局やりたい相手としかやらない姿勢になりつつあるし。
Posted by arisawa at 2016年08月23日 06:41
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索