2016年08月21日

UFC 202 コナー・マクレガー vs. ネイト・ディアス ジャッジの採点/主要サイトの採点

Conor McGregor defeats Nate Diaz(MMA Decisions)

 『UFC 202: Diaz vs. McGregor 2』コナー・マクレガー vs. ネイト・ディアス ジャッジの採点。

 Derek ClearyとJeff Mullenは1,2,4Rマクレガー、3,5Rネイトで48-47マクレガー勝利。Glenn Trowbridgeは3R以外は2人と同じで、3Rを10-8ネイトにしておりドローでした。

 主要サイトの採点は49-47マクレガーが1人、48-47マクレガーが12人、47-46マクレガーが1人、47-47ドローが4人、48-47ネイトが1人でした。

posted by ジーニアス at 15:15| Comment(19) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3Rをネイトに2点差つけてるのに、マクレガーがダウンとったラウンドは1点差なのか。
Posted by ssa at 2016年08月21日 15:20
ケージ中央での打撃戦は明らかにコナーのほうが強くて上手かったね。序盤、面白いくらいコナーのパンチがネイトの顔面に何度も当たってた。
ケージ際に押し込まれるとネイトに長があり、コナーは少し狼狽しているように見えたけど、5Rの最後以外テイクダウンを許さなかったのはさすが。かなり研究したんでしょうね。
ケージ中央を支配したコナー、ケージ際を支配したネイト、って印象でした。
Posted by くら at 2016年08月21日 16:09
根性で喧嘩に勝ったのはネイトだけど、ポイント的にはマクレガーって感じだったかな。まぁネイトも結構効いてたけどさ。

ネイト応援してたけど3ラウンドだけ10-8はちょっと無いわな。
Posted by 風林火山 at 2016年08月21日 17:10
>3Rをネイトに2点差つけてるのに、マクレガーがダウンとったラウンドは1点差なのか。

ダウンは所詮ダウンだしな、MMAはボクシングじゃないしな
ネイトの3Rは明らかにKO寸前だったしそうつけるジャッジがいてもおかしくは無い
Posted by 23 at 2016年08月21日 17:24
3R10-8つける程一方的ですかね?それならダウン奪ってる1Rも10-8じゃなきゃおかしいのに、それは10-9だし、意味が分からないです(笑)まあマクレガーが勝ちで妥当だって事は確かですね
Posted by 格闘技ラブ at 2016年08月21日 17:55
コナーは精神的に弱い(優しい)と感じます。チャドメンデスの時も泣いてたし、試合中に相手に効いてないぜとポーズをするのも自分へのポーズだと思います。スタミナも足りないけど、もっと精神的に強くならないとこれからは勝てないと思いますね。
Posted by KKK at 2016年08月21日 17:56
こんな体格差のある相手と堂々と戦い抜く選手が精神的に弱いなんてどうしても思えない
Posted by a at 2016年08月21日 19:20
MMA界のガッディvsウォードだ
映画化もあるよ
ある種わきまえている商業スターとしてのヒールマクレガーと
会社からも嫌われ実績だけで端に引っ掛かり生き残ってた本物の悪ガキ
このコントラストが最高
今回は勝ちはしたがマクレガーの演劇性がはがれ落ちた場面もあった
ネイトは相変わらず性根から悪ガキだった
マクレガーはまだ全部を取り返してない
三回目は絶対必要
Posted by aa at 2016年08月21日 19:56
マクレガーの勝ちは揺るぎないでしょう。
どっちが追い込まれたかと言うとマクレガーだと思いますが、ポイントゲームで言うならマクレガーの勝ちだと思います。
Posted by すまほ at 2016年08月21日 20:00
2Rの終盤にはもうガス欠になっていたのに、そこから3R戦い抜き、4Rには一時的に盛り返した。心が折れかけた瞬間もあったはずなのに、大した精神力だよ。スタミナに関しては、体重差を考慮しても、もう少し練習から追い込んでしっかり身に付けてこないとって思うけど。
Posted by たにお at 2016年08月21日 20:05
ネイトを応援していましたが、まあ48-47でマクレガーが妥当だわなという感じです。
1Rが10-8マクレガーはあってもいいと思うけど、3R10-8ネイトはちょっとないかなあという気がしますね。
しかし1R終わった段階ではこりゃ一方的だと思っただけに、ネイトのゾンビぶりには驚くばかり。
Posted by ヤマト at 2016年08月21日 22:12
パンチをあれだけ当てても、大きな相手に前に出てプレッシャーをかけられるとスタミナの浪費も大きかったのでしょうね。

マクレガーは防御は見切りでブロッキングはほとんどしないし、パンチもカウンター主体なので集中力が相当いるし、あれを持続するのは難しいでしょう。
まあ普通の相手ならあのカウンターを食らった時点でもっと失速するはずですが。

セラー二やマイケルジョンソンをボクシングで圧倒したネイトにあれだけカウンターを打ち込める技術は凄いですし、アルド戦のカウンター一閃での勝利も必然であったと改めて思いました。
Posted by NHB at 2016年08月21日 23:01
>aさん
身長差でそう見えやすいけど、身体はマクレガーの方が俄然厚みあったし
ネイト本人が言うように体重差は実際は殆ど無いと思いますよ。
Posted by う at 2016年08月21日 23:46
マクレガーが精神的に弱いってどの口が言ってるの??(笑)
Posted by ファンキー at 2016年08月22日 01:17
頑張って体重を上げて体をデカくしたマクレガーと、無理なく減量してあの体のネイトでは、
体重差は無くてもフィジカル差は相当あったと思いますね。
ネイトはウェルターでも試合経験ありますし。
だからマクレガーはライト級での3戦目を主張した訳で。

まあライト級でのリマッチと言っても、ネイトだってランキング4位ですから、次も死闘は必至かと。
Posted by しば at 2016年08月22日 10:51
コナーが精神的に弱いとか…試合みてないでしょ?
試合見た人の意見とは思えない。
セラーニやマイケルジョンソンを圧倒したボクテクを前に5Rやりきったんだぞ。
精神的に弱かったら3Rで負けてるわ。
Posted by テレコ at 2016年08月22日 12:29
2Rはネイトを2回ダウンさせてるのでボクシングならコナーの10-7でもおかしくないですよね。グラウンドに自信があるネイトがすぐ倒れただけかもしれないのでMMAにおけるダウンの評価は難しいですね。
ミーシャvsホーリーの2Rもジャッジ3人が10-8だったんですよね。UFCの判定では明確なダウンとるよりもRの大部分の時間を圧倒する方が10-8つきやすいようですね。
Posted by けす at 2016年08月22日 12:38
>しばさん
マクレガーがネイトよりはるかに筋肉量多い点を考えると、フィジカルは個人の事でしか無い気がします。
頑張って上げたというより、ダフィーのようにマクレガーはギリギリでフェザーに落とせるライト級ファイターって感じですからね。
ネイトもライト級。なぜかウェルター扱いする人いるけど、UFC初戦のTUFの頃からライト級。ウェルター契約では1勝2敗。その1勝もライト級に落として試合もしてる選手から。結果出てないうえに緩んでたのでその後ライト級にすぐ戻ってます。
まあ、二人共がベストになるライト級の方が良いでしょうから次はそれで見たいですね。
Posted by う at 2016年08月22日 22:33
ネイトは、相手が7ポンドオーバーしてキャッチウェイトになった試合も含めればウェルター級で2勝2敗だし、
ロリマクとドンヒョンの二人に負けるウェルター級の選手なんていくらでもいるんじゃないか。
ネイトのウェルター級扱いは、仕方ないかもね。
Posted by DA at 2016年08月23日 00:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索