2016年08月19日

コナー・マクレガー「ネイト・ディアスはグラウンドの実力を過信している」

「自信」が「過信」に変わった日、それを取り戻すための2年間
「自信」が「過信」に変わった日、それを取り戻すための2年間

Conor McGregor says he'll be 'confident on the mat' against Nate Diaz at UFC 202(MMAJunkie)

 『UFC 202: Diaz vs. McGregor 2』でネイト・ディアスと対戦するコナー・マクレガーが以下のコメント

「前回の違いは柔術にあったとは思ってない。打たれ強さ、持久力、経験にあったと思う。互いにフレッシュな状態だった時はテイクダウンされてもスイープした。俺はネイトとグラウンドになっても自信がある。キャンプでは俺より体重があってもっと柔術経験豊富な選手たちを招いて毎日練習した。試合の終盤になればなるほど、その経験が活きるだろう」

「前回の試合についてみんなは言いたいことを言えばいい。彼が手足を伸ばすまでは体格差は感じなかった。俺がマウントから逃げようとした時に彼は正しいタイミングでバックマウントにして仕留めたが、次はそうはいかないよ」

posted by ジーニアス at 21:08| Comment(9) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コナー、期待している!
Posted by K原 at 2016年08月19日 21:47
前回のグランドは効かされちゃた後だから参考にならないしょ。 今回はKO期待。
Posted by okinawashi at 2016年08月19日 22:53
White belt
Posted by にっく at 2016年08月19日 23:09
コーチの発言といい心理戦も活況を呈してきましたね。マクレガーは勝って次は何を見せてくれるか楽しみです。トリロジーもリップサービスや心理戦の内だと思っているので・・。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年08月20日 04:03
グラウンドもそうだけどネイトのボクテクを過小評価してはいけない。次はKO負けもありそうだぜ、アイリッシュマザーファッカー。
Posted by もこ at 2016年08月20日 05:33
ダン・ハーディが説明してたようにネイトの柔術は本当にレベルが高い。
打撃で効かされていたにしてもマクレガーが次にどんな動きをするか読んでマウントに移行したからね。ボディコントロールも上手いし、リストコントロールも上手い。
マクレガーは下になっても上になっても不利だと思う。
ただマクレガーの試合は負けても勝っても面白いから楽しみではある。
Posted by cmぱんく at 2016年08月20日 06:38
3R以降のラウンドが進んでからのグラウンドゲームに対応出来るかどうかだねぇ。
1~2Rでスタンドで勝てなければ前回のような感じになりそう。
Posted by cccp at 2016年08月20日 09:25
いいねー!コナー!
分析力も納得だし、ホント期待してる!
Posted by テレコ at 2016年08月20日 10:52
まあ、ネイトから寝技には行かないんじゃない?
前回もマクレガーが苦し紛れでタックル行ったんだし。
Posted by … at 2016年08月20日 11:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索