2016年08月04日

『UFC 201: Lawler vs. Woodley』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC 201: Lawler vs. Woodley』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 フライ級はウィルソン・ヘイスが1ランクアップし6位。また、堀口恭司が1ランクアップし同率3位になっています。

 ウェルター級はジェイク・エレンバーガーがランク外から15位にランクイン。エレンバーガーに敗れたマット・ブラウンが3ランクダウンし12位。15位にいたチアゴ・アウベスがランク外に落ちています。

 女子バンタム級はカロリーナ・コバケビッチが3ランクアップし2位。コバケビッチに敗れたローズ・ナマユナスは1ランクダウンし4位。

 パウンド・フォー・パウンドはウェルター級新チャンピオンのタイロン・ウッドリーがランク外から10位にランクイン。ウッドリーに敗れたロビー・ローラーが8ランクダウンし12位。フランク・エドガーがランク外に落ちています。

いい人ランキング
いい人ランキング
posted by ジーニアス at 11:26| Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
堀口はなんでランカーとやってないのにどんどん順位が上がっていくんだろう笑
勝ち方が圧倒的だからですかね。
Posted by ジョンソン at 2016年08月04日 19:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索