2016年08月01日

『巌流島 WAY OF THE SAMURAI 公開検証 Final』試合結果

巌流島「WAY OF THE SAMURAI 公開検証 Final」(スポーツナビ)

菊野克紀、クンタップを4秒KO。田村潔司、猪木アリ検証試合でTKO負け:7.31 有明(バウトレビュー)

【巌流島】全試合結果(イーファイト)
第8試合 70kg契約 3分3R
○菊野克紀(フリー/沖縄拳法空手/元DEEPライト級(70.3kg)王者)
×クンタップ・チャンロンチャイ(タイ/ムエタイ/元WMC世界ウェルター級王者、 元M-1&WMAF世界スーパーウェルター級王者)
1R 0'04" 一本 (右フック)

第7試合 体重無差別 3分3R
×星風(モンゴル/大相撲元十両)
○エブゲニー・シャロマエフ(ロシア/空道2014年第4回世界選手権270+級優勝)
1R 1'36" 一本 (グラウンドパンチ)

第6試合 猪木 vs. アリ戦ルール、40年目の公開検証 特別ルール 3分5R
×田村潔司(U-FILE CAMP/プロレスリング)
○エルヴィス・モヨ(ジンバブエ/プロボクシング元WBFアフリカ・ヘビー級王者)
5R 0'32" TKO (レフェリーストップ)

第5試合 80kg契約 3分3R
×トゥントゥンミン(ミャンマー/ラウェイ)
○ルクク・ダリ(コンゴ/ハニートラップ/MMA)
1R 2'03" 一本 (グラウンドパンチ)

第4試合 体重無差別 3分3R
×海鵬(日本/相撲)
○ガブリエル(コンゴ/バレーボール)
1R 2'25" 一本 (グラウンドパンチ)

第3試合 83kg契約 3分3R
×ミッシェル・ベルギネリ(イタリア/カルチョ・ストーリコ(格闘フットボール))
○ボルドバートル・オンダラル(モンゴル/モンゴル相撲)
1R 2'24" 一本 (グラウンドパンチ)

第2試合 73kg契約 3分3R
○毛利昭彦(毛利道場/MMA)
×岩丸祐太郎(内田塾長崎支部/空手)
2R 1'32" 一本 (グラウンドパンチ)

第1試合 75kg契約 3分3R
○瀬戸信介(蟷螂拳、長拳)
×ナタレリ・パリシ(イスラエル/クラブマガ)
判定3-0 (梅沢10-2/伊藤15-4/千田8-3)
※1Rにパリシに転落1回、2Rにパリシに転落2回

 7月31日に有明コロシアムで開催された『巌流島 WAY OF THE SAMURAI 公開検証 Final』の試合結果。メインイベントは菊野克紀がクンタップ・チャンロンチャイに僅か4秒で一本勝ち。田村潔司はエルヴィス・モヨに5R TKO負けしています。

【巌流島】田村潔司をKOしたモヨ、次はグローブ無しを希望(イーファイト)

 エルヴィス・モヨが次回はボクシンググローブではなく、MMA用のオープンフィンガーグローブか素手に近い形でやりたいとコメント。

【巌流島】次回大会は10月末、大みそか開催の案も(イーファイト)
「大みそかにやってみてはどうか、という話はあります。でも僕としては大みそかはなるべく避けて新年早々にやった方がいいと思います」と、他イベントとの兼ね合いを考えたいとした。

 大晦日はいいでしょう、さすがに…。

巌流島 (青空文庫POD(ポケット版))
巌流島 (青空文庫POD(ポケット版))
posted by ジーニアス at 12:34| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見てないけど田村今さら大丈夫か?
何回もダウンして最後はレフリーが待つ余地をくれたのに立てなかったらしい。
桜庭見たくドランカーになっちゃうぞ。
Posted by ふしだら at 2016年08月01日 13:00
田村は見てて辛かったなぁ...さすがにルールも無理があった。

それまでも歓声あった試合もあったはあったけど、メインの菊野のインパクトが大きすぎた。相手も前回壮絶なKO勝ちしてて、立ち技比重大きそうなこのルールで大丈夫か?と思ったらまさに秒殺一撃!!
直後は外の試合全部忘れてしまってた。

大晦日の大会はやめてもらって、国内で調子戻った菊野をRIZINに出してほしい。ルール問わずカポエラの選手も個人的に見たい。
Posted by オレグ at 2016年08月01日 14:19
田村選手はことごとく裏目ですね
前回のクラブマガも今回の選手なら問題なく勝ってたでしょうに
Posted by nn at 2016年08月01日 14:57
今大会での選手引き抜き騒動の件が気になる

青木真也選手が7月24日のツイートで6年前の谷川代表の5万円未払いを呟いてるねw
Posted by w at 2016年08月02日 07:28
田村はルールが気の毒というか、そもそも猪木-アリのルールは猪木側の主張と異なり、実際はタックル禁止ではなかったしロープブレイクはあるものの寝技制限もなかったですしね。
しかも相手がMMA経験者で体格も上では厳しかったです。
まあ試合を受けた以上田村側も言い訳はできませんが。
Posted by NHB at 2016年08月02日 13:16
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索