2016年07月31日

ベンソン・ヘンダーソン「マーク・ハントのことを100%支持する」「総収益の7%しか選手に支払われていないのはおかしい」

100%好かれる1%の習慣
100%好かれる1%の習慣

マーク・ハント「ブロック・レスナーがジューサーだったことをUFCは知ってたんじゃないか?」「これでUFCが何もしないようなら離脱する」(2016年07月28日)

マーク・ハント「ジョン・ジョーンズのことをプロ失格と言ってたブロック・レスナーは偽善者だ」(2016年07月30日)

 こちらの続報。

Ben Henderson: 'I 100 percent support Mark Hunt' in his attempt to unionize fighters(MMAFighting)

 ベンソン・ヘンダーソンが以下のコメント

「僕はマーク・ハントのしていること、主張を100%支持する。ずっと前から言われていたことだし、とっくに実現しているべきなんだ」

「カン・リーやジョン・フィッチなど以前から主張していた人は他にもたくさんいたよ。僕は彼らの支持と連携を表明する。総合格闘家として全面的に応援する」

「MMAはまだ歴史の浅いスポーツだ。NFLやボクシングたMLBとはわけが違う。MMAファイターの多くはプロアスリートがどういうものか分かってないと思う。プロアスリートとしての権利を勝ち取らなきゃいけない。俳優とかも同じさ。映画俳優組合とかはあって当然のものだし、オマケでもなければ素晴らしいものでもない。10時間も撮影があったらランチが提供されて然るべきだし、『やったー! ランチが提供された!』と喜ぶものじゃない」

「ボクサーは何と何が得られて、どういうことになっているかをよく把握している。僕たち総合格闘家が最終的に目指していることは『俺たちはもっと稼がなきゃいけない』ということだ。NFLなんかは選手が一致団結して総収益の51%を選手に支払わなきゃいけない権利を勝ち取った。一方僕たちファイターは総収益の7%ぐらいしか選手に支払われていないはずだ。僕たちファイターはあまりスマートじゃないから団結するのに時間が掛かっている」

posted by ジーニアス at 01:21| Comment(26) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
経営者側からしたら、そんなに文句があるならお前で団体作って運営しろよって感じだろうな
Posted by 沖縄市 at 2016年07月31日 01:58
これってPPVボーナスを貰えるクラスの奴が音頭取らないと経営側は相手をしないと思う
Posted by あらま at 2016年07月31日 02:26
ベンソンはやっぱ賢いな。人気選手がどんどん主張し始めたらufcも要求をのまなきゃいけなくなる
Posted by ぷ at 2016年07月31日 02:29
総収益からいくら分配するべきだって議論になる時点でアメリカは進んでるな。
RIZINなんて収益のうち公開できる部分が一体何パーあるんだろうって話だし。
Posted by jin at 2016年07月31日 02:53
沖縄市さん
その考え方では社員の士気を落とし、将来性が良くない方向にいきやすい傾向があります。
なので、できれば選手の報酬UPして欲しいですよね。
Posted by ホセアルド at 2016年07月31日 03:00
カン・リーのビスピン戦の計量
「僕やってます!!」
みたいな肉体の変わりようだったのは驚いた
Posted by say at 2016年07月31日 03:05
主張はバシバシしていくべき
選手が命削って出来た莫大な金を労せずに得る輩がいてはいけない
Posted by お、おう at 2016年07月31日 05:04
カン・リーだって禁止薬物使用で半引退状態だろ何言ってるんだ、と思ったら、
薬物じゃなくてギャラの配分の方に文句言ってるのか。
Posted by PK at 2016年07月31日 06:28
「10時間も撮影があったらランチが提供されて然るべきだし、『やったー! ランチが提供された!』と喜ぶものじゃない」
そうですよね。
これからハントを支持する人が増えて状況が改善されていってほしい。
Posted by 名無し at 2016年07月31日 08:15

選手に高額ギャラ約束しといて払わなかった、どこかの団体に比べれば、ufcのがイイんじゃないかな。

選手のみんなも、契約の時点で、もっと頑張るべきでは??

Posted by 富士山 at 2016年07月31日 09:19
カンリーといえばUFCを独禁法で控訴してましたが、最終的にどうなりました?
Posted by とうふ at 2016年07月31日 09:22
市場が独占、かせん市場になるとどうしても団体が強くなって待遇が悪くなりますね。
ライジンも頑張ってもらって選手の選択肢が増えるように祈るのみです。
Posted by ふじこ at 2016年07月31日 13:00
確かベンソンってUFCのギャラはONEより低かったっていってたんだよね。
Posted by judo at 2016年07月31日 13:47
MMA選手のファイトマネーが上がるのは良いけど、ボクシングみたいにトップ選手に多く払うようになると、
アラムが嘆いてるようにボクシングプロモーターは儲からないし利益が出ないとか、赤字の興行が多い等、
ボクシング界が良い状況になってるとは思えないので、やり過ぎはよくない。
MMA界はどうバランスを取るかだね。

その中でもUFCは、ただでさえ選手のための保険や設備や検査等に多額の費用を負担してるし、
それによって選手が検査で陽性になったり、治療費や入院費を補償してくれるからと怪我で選手の欠場が多くなって、
UFCの方も大きな損害をわざわざ受けてる訳だし。

ベンソンの話も、ベンソンを引き留める気の無いUFCがマッチング権でONEの条件を見てから、それ以下の金額を提示しただけで、
基本的にはUFCがファイトマネーも一番高いだろう。
Posted by DA at 2016年07月31日 15:47
なーんかベンヘンにはノレない。
Posted by 昨田 at 2016年07月31日 16:40
リーボックと契約してからスポンサーの収入も減ったと各選手から言われ続けていますから、生活が苦しいファイター達も多いと思いますよ。今一番知名度が高い団体がUFCなのに問題が多いっすね(ーдー)
Posted by 名無し at 2016年07月31日 18:58
スポンサーの問題はUFCは悪くないけどね
無法地帯を整備しただけ

選手からしたらたまらんけどな
あとリーボックじゃなきゃよかったのに
Posted by くれいじー at 2016年07月31日 19:34
そもそも個人スポンサーを廃止にしたのが問題な気がする。
たとえファイトマネーが安くてもそれで賄えていた選手も多かったはず。
その利益が会社の入ってるのに選手に還元されないのはどう考えてもおかしいでしょ?
Posted by 味噌 at 2016年07月31日 20:27
ボクシングなんて、もっと弱肉強食でない?(笑)ファイトマネー格差ハンパ無いでしょう?
仮にボクサー達が組合作ったとして、メイウェザー氏のようなピラミッドの頂点(過去形だとしても)に「君も加わって俺たちのために一緒に戦ってくれ」なんて言ったって協力するわけ無い。「俺が全部持っていくべきだ」って考えなんだからな(笑)結局、ピラミッドの頂点がいなければ、ナカナカ大きな興行も成り立たない訳で…

言うまでもなく、NBAやNFLのように成熟した、「チーム」
スポーツとももちろん違う…
ファンとしては、今まで楽しませてくれたUFCが安定した組織であり続けることを第一に希望するところだが、組合はあまり心配ないだろうが、薬物問題で十分に不安定化しているな~(苦笑)
Posted by ufcer at 2016年07月31日 22:50
>>ベンソンを引き留める気の無いUFCがマッチング権でONEの条件を見てから、それ以下の金額を提示しただけで、
基本的にはUFCがファイトマネーも一番高いだろう。

単純にその理屈で考えるならONE以下のファイトマネーを提示したUFCということにならないですか?
業界で一番高い(基本)ファイトマネーを提示できるのはUFCという意見は疑問に感じます。
利益率を考慮するならもっとUFCは選手に多くのファイトマネーを多く払えるはずだというベンソンの主張に自分は賛成。
Posted by むん at 2016年08月01日 00:16
そうなんだよな~ボクシング程格差有るスポーツは無いよ。パッキャオやメイウェザーみたく稼げるボクサーはほんの一握り。そこら辺勘違いしてるMMAファイター多いよね
Posted by 格闘技ラブ at 2016年08月01日 01:22
50%もとらなくても、
7%じゃまずいですね

ここの読者にも
「好きで分かった上でやってるんでしょ。勝てばいいじゃん。」とか
思考停止老害オヤジみたいな人いるけど、
とんでもない事です
Posted by まさ at 2016年08月01日 12:52
これ7%っていう数字に何ら根拠はないですよ。
ロレンゾは以前50%近く払ってるって言ってましたよ。本当かはわからないけど。
あと選手は年平均2試合もしてないから、単純に試合数の多い競技とは比べるのが間違い。
Posted by あり at 2016年08月01日 20:28
>むん

選手のファイトマネーが公表されてるベラトールとUFCを比べても、
トップ選手から下の選手まで、みんなUFCの方が断然高いファイトマネーだし、
ONEと比べたって同じでしょう。
アスクレンが2年間6試合で1億円の契約といっても、
UFCにはそれ以上の選手達がいますし、中には1試合10億円以上でフォーブスの長者番付に載るような選手もいます。
UFCが基本的に一番ファイトマネーが高いというのも確かですよ。

例えば、どの選手にもみんな安いファイトマネーしか出さないのに、
ベンソンにだけ、他よりもファイトマネーを出すような団体があったとしても、
そんな団体が世界で一番ファイトマネーの高い団体とはならないですよ。
Posted by DA at 2016年08月01日 20:37
>DA

最初の書き込みをよく見てほしいのですが、例に挙げているアスクレンや上で書いたベンソンなど選手単体で見た場合、UFCで戦うよりも他団体の方がギャラを稼げる選手はいます。というのがこちらの主張です。
大会ごとのギャラ総額でいえばUFCの方がファイトマネーの払いが良い&高いのは議論するまでもなくその通りでしょう。それについては異論はありませんよ。
Posted by むん at 2016年08月01日 21:55
ベンヘンの肉体はナチュラルなのか?
Posted by さ at 2016年08月01日 22:00
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索