2016年07月26日

マーク・ハント「ファイターの組合が必要だ。UFCは俺たちの流した血で私腹を肥やしている」

イラストでわかる 知らないと損する労働組合活用法
イラストでわかる 知らないと損する労働組合活用法 (Illustrated GuideBook Series)

マーク・ハント「インチキ野郎レスナーのギャラの半分を寄こせ。それが無理ならリリースしてくれ」(2016年07月16日)

ブロック・レスナー、6月28日以降の検査にも禁止薬物の陽性反応が出る(2016年07月20日)

UFC 200 ブロック・レスナーの使用した禁止薬物はジョン・ジョーンズと同様クロミフェンであることが判明(2016年07月20日)

 こちらの続報。

Mark Hunt calls for fighters association: 'These guys have lined their pockets with our blood'(MMAFighting)

 マーク・ハントが自身の公式サイトで以下のコメント

「ブロック・レスナーのドーピング問題が俺たちファイターには組合が必要だと思った理由の一つだ。彼らに勝手にルールを作られて実行されている。リーボックのユニフォーム制度もブロックの4ヶ月前からの薬物検査が免除された件もそうだ。コナー・マクレガーが記者会見に出なかったらカードから外された件もそうだ。いずれまたそういう問題が起きるだろう」

「彼らはこのスポーツをクリーンにしていると言うが、USADAの検査が始まってからも2度もインチキ野郎と対戦し健康上のリスクを背負うハメになった。試合が決まった時にブロックは検査を受けてると聞いていたが、実際はとんでもないジューサーだったし、それがバレたのはPPVを売った後だった。俺に言わせれば彼らは俺たちの流した血で私腹を肥やしている。彼らは稼ぐ資格はあるし、彼らがUFCを買わなかったら今の隆盛は無かっただろうが、大半のファイターが稼げていないのが実情だ」

「俺に言わせれば4ヶ月の検査期間でジュースをすることなく、戯言を言わせないほどクリーンであることを確認しなくてはいけない。これを聞いているファイターはFacebookを通じて連絡してきて欲しいし、俺たちで立ち上がろう。始めるまでは匿名にしておくよ」

posted by ジーニアス at 12:16| Comment(36) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
温厚なハントさんがここまで言うのも珍しい
それだけ我慢出来なかったのでしょうね
Posted by もも at 2016年07月26日 12:25
前から時々声は上がるが具体的な進展は全くない。
プロボクシングやWWEはどうなってるんだろう。
Posted by GDP at 2016年07月26日 12:54
本人にとっては文字通り生きるか死ぬかの問題だもんな。とても応援したい。
Posted by アナキン at 2016年07月26日 13:20
ハントを応援するし、組合も賛成。
勝つか学ぶかだ!
Posted by K原 at 2016年07月26日 13:30
今までのハントの境遇から言えば、当然の主張だ。プロとして試合して、金を稼ぐ立場の人間がドーピングするのは、卑怯どころじゃない。ハントが可哀想だ。
Posted by めてっく at 2016年07月26日 13:31
ナチュラルファイター組合!

”USADAが今よりももっと厳しい基準で検査・認定して
オーガニック食品・商品のように
その認定を受けることが
一種のブランドというか信頼につながって
ファイトマネーに+αで繋がる”

みたいなのがあると面白いかも
Posted by 根っこネコ at 2016年07月26日 13:40
ハントは、根っからの格闘家ですね

コールマンの手術のときも一番お金出してたし、ファイターは是非これを手伝ってあげて欲しいですね
Posted by 格闘マニア at 2016年07月26日 14:00
まさに。
違反者が出た場合会社にも何らかの形で罰が与えられるべきだ。
PPV売りたさに検査期間をいじくり、見事に違反者が出た。
レスナーのファイトマネーも検査に引っかるリスク込みの額なんじゃないかと疑いたくなる。
Posted by MMMA at 2016年07月26日 14:01
リーボックの件は別として、マクレガーとブロックレスナーの件は一本の線でつながっているような気がします。
レスナーの緊急参戦は、マクレガーを外したせいでPPVの目玉が必要になったからなのでは…
さらに言えば、メインに差し替えたJJコーミエがあの結果では、プロモーションの重要性など空虚でしかない。
やれるカードを組まなかったという判断ミスのツケは大きい。
UFC200のドタバタをみるにつけ、改めたてそう思います。

「俺たちで立ち上がろう」
それにしてもマークハントからこんな言葉が聞けるなんて、ちょっと感動しましたね(笑)
Posted by 気高い孤独 at 2016年07月26日 14:12
ハントの言う事に全面的に賛同!
Posted by SEKi at 2016年07月26日 14:19
ハントの気持ちも分かるし、選手側からしたら、いい提案かもしれんが、選手側が力を持ったら当然ファイトマネーを上げることを要求するだろうし、ファイトマネーが上がったトップ選手達は試合数を減らすわけで、俺みたいなファンからしたら微妙だな。
Posted by ジョン at 2016年07月26日 14:51
ハントの言い分も理解できるし支持するけど
UFCでハントは干されるかもな
Posted by j at 2016年07月26日 16:20
規定通りレスナーが四ヶ月前から検査を受けていれば検査失格で対戦相手が変わる可能性が高かったですからねぇ・・。ハントの納得行かない気持ちは分かります。
あとFacebookを使ってナチュラル同盟を呼びかけてますけど流石に現実は厳しいのでは・・。チャンピオンやトップクラスが相次いで検査に引っかかるくらいMMAファイターの薬物汚染は深刻なので。
Posted by 縞 at 2016年07月26日 18:09
素晴らしい働きかけだと思うけど、自身がクリーンであると声高らかに宣言出来る人間がトップファイターにほとんどいない事実にハントのモチベーションが激下がりしそうで心配
Posted by くれいじー at 2016年07月26日 18:10
ハントの主張はその通りだと思う反面、スターの欠場が続く中で、何としてもレスナーを出さないといけない運営側の気持ちもわかる。。。
企業として考えるべきは、お金を払ってるファンにとってはどちらが良いのか。。。色々難しい問題だと思います。
Posted by d at 2016年07月26日 20:03
ハントかっこいい。
組合成功してほしいな。
Posted by 名無し at 2016年07月26日 20:05
ハントがブロックのパウンドで負ったダメージは本当に計り知れない。

ベンチプレス85キロしかあげれない人間がステロイドを使用したら半年で150キロあげれるようになった話を聞いた事がある。



Posted by バーベキュー野郎 at 2016年07月26日 20:41
組合を立ち上げる良いタイミングだと思います
Posted by GOOS at 2016年07月26日 20:57
ハントの名乗りはすごいな
どんどんこの運動が大きくなってほしい

でも、ほとんどが使っている可能性が高いから
参加者がふくらむかどうか......
Posted by まさ at 2016年07月26日 22:07
アンチドーピングを口にする選手は多々いる。
というか、ほぼ全員だろう。

ただ、実際に積極的な発言や行動まで行く選手は少ない。
何故なのか。

要するに実際の所、何かしらのパフォーマンス向上薬の使用者の方が多数派なんだろうなと思う。

UFCも一方ではアンチドーピングを進めている体ではいるが、第三者機関に丸投げしているのをいい事に不祥事に対して何ら責任を取らないし、独自の改善策等も出してはこない。
リーボックの件もあまりにも酷い制度だしもっと声が上がるべきだが、言論封殺されていき自由な議論が許される環境にない。

しかしハントも随分立派になったな。
私の中ではk-1時代ののほほんとしたイメージのまんまだが、こういう発信が出来る良きベテランに成長したんだな。
Posted by もす at 2016年07月26日 22:23
ここで日本の選手が賛同してくれれば嬉しいんですけどね!
Posted by ポンポン at 2016年07月26日 22:33
ハントはもう引退も視野に入れてるんですよね、きっと。もう十分戦ったよね。
Posted by ケケケ at 2016年07月26日 23:04
今までのUFCのヘビー級トップ10で、ハントが対戦した事のあるファイターで検査陽性ファイターは今でも6人もいるからな。

UFCがUSADAを取り入れてる事は評価する。
でも、レスナーは2ヶ月以上前から参戦決定してたにも関わらず隠してた件がHP更新ミスで発覚してるし、ハントからの信用を失う面があったのも事実。

この件は、いち格闘技ファンとして全面的に支持したい。
でも、こうして目立ち過ぎると、利益を得てる色んな会社や製薬会社とかがハントを無理やり陽性にして消しにかかる連中が出てきたりしそうで怖いな。
Posted by I at 2016年07月26日 23:08
言ってる事は一々もっともだけど肝心の選手の賛同が組合を作れる程は得られないと思う
皆書いてるけど使ってる(た)人の方が多数派だろうし
逆に今まで(意識的には)使った事ないてのは手に入れるのが難しい日本選手以外はハントとかごく一部になってしまうかと
Posted by スラッカー at 2016年07月26日 23:39
禁止薬物は凶器であり使用は殺人未遂だというが、そういう意味ではハントは昔からバンナその他にこ○されかけてきたともいえるな
痩せはしても萎みはしなかったハントを尊敬する
Posted by sas at 2016年07月26日 23:54
ハントが戦って来たのは、UFC以外の試合も入れるとレスナー、ロズウェル、ジョシュ、アリスター、ミア、アントニオ・シウバって事か。

ただUFC以外の団体では、そもそもまず4ヶ月前の薬物検査が無いからなぁ。
他団体でハントVSレスナーをやってたら、レスナーは検査に引っかかる事も無く、ただただハントが負けただけで終わってただろう。

ハントがファイターの組合をつくるのは良いと思う。
検査に引っかかってた選手が組合に入っても良いよ。


Posted by DA at 2016年07月27日 00:39
賛同しない奴はジューサーって認識でいい?
Posted by メリ at 2016年07月27日 00:59
ハントのキャリアを懸けた抗議も何の進展も見られなかったんだな...
何も改善されないならハントはUFCで試合することもないだろうね。
ハントのこの無謀な戦いに参戦してくれるファイターは無条件に好感持つな。
MMAを向上させようとしてるんだから過去なんてどーでも良いしな。
Posted by zao at 2016年07月27日 01:45
ハントの主張は正しく、経営側としては痛いところを突かれているだけにハントが干されるまたは無茶なカードが組まれないか心配ですね。

UFCの利益率の高さと選手への配分の低さは他のメジャースポーツに比べて異常だし、リーボックの件についてはファイターのほとんどが損してるワケですし。

レスナーの件については復帰に合意していた事を隠して発表を引き延ばしたというのが本当であれば、UFCが積極的にレスナーの検査期間短縮に協力したという事でハントのUFCへの不信感は大きいでしょうね。
やはり同じ条件で検査できなければ出場させないという、興業以前にスポーツとしての公平性は保つべきだったと思います。



Posted by NHB at 2016年07月27日 14:10
参加しない選手はジューサーってのは可哀想だよ。生活がかかってて、業界に多大な力を持つ契約主に逆らえる選手なんてそんなに多く無い。ハントにしてもダナが言ってるように既に契約時の何倍も稼いでるから、インタビューで前に言ってたように引退後のプランもあるだろう。

結局のところ視聴者に対するコンテンツの信頼度を守る為の自浄作用に期待するしかないな。広告費や売り上げを度外視してJJが出場停止になったのは結構凄い事だし、万全は無料なんじゃないかとも思う。日本や他国じゃ規模的に不可能だろうし。
Posted by でら at 2016年07月27日 15:55
UFCも干してる場合じゃなく、
なにかと逃げてる場合じゃない

そんなところまで来ている時だしM、
出来事ですよね

もう逃げ道は無い

マスコミの後押しもすごくなるかな
Posted by まさ at 2016年07月27日 21:02
まー、ハントだけでなくUFCも袂を分かつ覚悟は出来ているだろうなぁ…
組合というものがうまくいくには、いくつかの満たすべき条件があると思うが、UFCを含むMMA団体は、ほとんどそれれらを満たさないと思う…
ドーピング関連は厄介な問題で、素直に楽しむのが難しくなってますな。
人間、知らない方が幸せな事も少なくないということか(笑)
Posted by ufcer at 2016年07月28日 06:55
まー、ハントだけでなくUFCも袂を分かつ覚悟は出来ているだろうなぁ…
組合というものがうまくいくには、いくつかの満たすべき条件があると思うが、UFCを含むMMA団体は、ほとんどそれれらを満たさないと思う…
ドーピング関連は厄介な問題で、素直に楽しむのが難しくなってますな。
人間、知らない方が幸せな事も少なくないということか(笑),
Posted by ufcer at 2016年07月28日 08:39
あれ?誰も自分のコメントに反論してこないですね…
もしかしたら主旨が分かりにくかったか、あるいはこの記事とはあまり関係なかったせいでしょうか?
自分が言いたかったのは、諸々200の余波は全てマクレガー欠場に起因しているということです。
200でネイトマクレガーを予定通り行っていれば、こんなドタバタはなかったはずなのに、この試合を中止にしたUFCの責任は誰も問わない。
プロモーションが重要と言いながら、JJコーミエ含めナンバー大会のメインはほとんどが変更され、ブロックレスナー出場に至ってはサプライズ発表で、フライング記事を書いた記者は咎められる…
自分が今回のハントのコメントに賛同するのは、論旨とはちょっと違う側面からですが、それでも何か通じるものがありました。
マクレガー欠場のことなんて、みんな忘れているのかと思ってましたから。
Posted by 気高い孤独 at 2016年07月28日 15:30
なるほど、以前にもプロモーションなんかでなく試合の実現そのものをより重要視せよ!とおっしゃっていましたね(笑)
マクレガーを外すと決めたのは誰なのですかね?デイナなのか、前オーナー兄弟なのか、それ以外なのか・・?
でも、誰であってもその経営判断について、後悔はそんなにしていないのではないですか?ファイターに意地があるように、プロモーターにも意地がある・・。マクレガーなしでも、ファンが「いつトイレに行けばいーんだ?」なんて言うようなカード陣を組んだんですからね。今のボクシングのプロモーターにはなかなか真似できない・・・(笑)
確かにJJのズンドコは計算外だったでしょうが・・ズンドコが続けばファンも嫌気を差して離れていくかも・・という意味ではUFCも常に責任を負っている・・
レスナーの件は、サプライズを装ってはいるけれど、実際は半年とか一年以上前から、200に出せないか画策はしていたのでは無いですか?(笑)正規の薬物テストを逃れる言い訳も得られて一石二鳥!って経営上手か(笑)
でも気が早いけど、最近のズンドコを見るにUFC300の頃はどーなっているのですかねーー?(笑)
Posted by ufcer at 2016年07月28日 22:22
ufcerさん覚えててくれてありがとうございます。
ただ何の反論にもなってないのが残念ですが…
自分は正直に言うとあの騒動以来、UFCに対する熱が少し冷めました。
実際200も含め最近の大会はあまり面白いと感じない。これが精神的な問題なのかどうかよく分かりません。
ただ、こんなことを根に持ってるのは自分だけだということはよく分かりましたけどね(笑)

あんまり関係ないんですが、最近思い出した言葉があります。
「ちょっと待ってくれ。レコードの発売日はたったの一日だけど、そのレコードはずっと残るんだぞ」
あるアーティストのレコード会社に対する発言です。
なぜか今その言葉が妙に懐かしく頭を駆け巡っています…
Posted by 気高い孤独 at 2016年07月29日 13:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索