2016年07月21日

デイナ・ホワイト「ドナルド・トランプはファイターだ。彼はこの国のために戦ってくれると思う」



Video: Dana White stumps for deal-maker Donald Trump at Republican National Convention(MMAJunkie)

 共和党全国大会でのデイナ・ホワイトのスピーチ。

「私は生涯を通じてファイトビジネスをしてきたし、ファイターのことはよく知っている。みなさん、ドナルド・トランプはファイターです。私は彼がこの国のために戦ってくれると思っています」

「我々は州のアスレチックコミッションからサポートされなかったし、世界中のアリーナから大会の開催を拒否されてきた。誰からも真面目に相手されなかった…ドナルド・トランプを除いて。ドナルドはUFCにポテンシャルがあることを認め、ビジネスの構築を奨励した初めての人物でした。彼は我々と共に矢面に立ちみんなのために仕事をしてくれました」

「私は誠実さと公約とは、言い換えれば彼がこの国を動かす方法だと思っています。正直に言うと、我々はこの国を信じられる人物が必要です。この国を誇りに思い、この国のために戦ってくれる人物を必要としています」

金のつくり方は億万長者に聞け!──大富豪トランプの金持ち入門
金のつくり方は億万長者に聞け!──大富豪トランプの金持ち入門
posted by ジーニアス at 17:18| Comment(27) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
UFCではいろんな人種、民族の選手が戦ってるのに、
こんな差別主義者を支持していいのだろうか。
Posted by 烏龍茶 at 2016年07月21日 17:22
デイナよぉ…
本気で言ってんのか?
Posted by アキラ at 2016年07月21日 17:43
私もトランプを支持します
Posted by アクエリアス at 2016年07月21日 18:12
トランプの発言は嫌いだけど、UFCを支えてきたのは初めて知ってびっくり。そんな面もあるのだなぁ、とちょっと感心した。自分の事しか考えてない日本のレイシスト政治家達とは違うなぁ。
Posted by よ at 2016年07月21日 18:16
有能な事業家が優秀な政治家とは限らない
けどね。
Posted by まっつん at 2016年07月21日 18:54
トランプが総合格闘技好きだというのを利用したいだけですよね。
代表が自分らの利益のために、どういう人物か分かっていながらこんな人物に票入れろって言うのは本当に印象が悪い。
Posted by i at 2016年07月21日 19:21
どうでもトランプでも、トランポリンでも、どうでも良いが、格闘技(アスリート)を統括してる立場のものが、政治的なことは発言してないでほしい

ファイター達への、非リスペクトだ
Posted by はだか at 2016年07月21日 19:33
トランプはただのナショナリストだろ
グローバリストの方が異常だ
Posted by 普通 at 2016年07月21日 19:48
ケインにこの発言をどう思うか聞いてみたい
Posted by カワチ at 2016年07月21日 20:04
ダナはトランプと仲良いけど、
UFCの新オーナーの方はヒラリー・クリントンに多額の政治献金してて、オーナーの兄弟も民主党の大物政治家なんだよな。
Posted by DA at 2016年07月21日 20:11
皆様、お忘れかも知れませんが、我が国の前総理も格闘技振興議連の会長を勤める程のガチな格闘技通ですよ(笑)。
Posted by らぴど at 2016年07月21日 20:40
第1回のUFCからトランプはUFCに目をつけてたんだなぁ。そうとう先見の明があるよ。
Posted by Ya at 2016年07月21日 21:02
一瞬、ドナルドセローニかと思いました笑
Posted by 格闘マニア at 2016年07月21日 21:40
ダナの英語は聞き取りやすいですね。
Posted by 左フック at 2016年07月21日 21:52
>格闘技(アスリート)を統括してる立場のものが、政治的なことは発言してないでほしい

これにつきますね
UFCにはヒスパニック系選手も多いしメキシコ大会だってこれから本腰入れてやっていこうって時期にこれはないと思います
Posted by don at 2016年07月21日 22:11
トランプは色々言われてるが、言ってることのほとんどはちゃんと筋が通ってる。
メキシコ人に関してはあくまでも不法移民に限った話しかしてないし、イスラム教徒に関しては「少なくともイスラム国の件が片付くまでは入国禁止」と条件をつけてるだけ。
平等がどうのと言った結果フランスはあの有様で、トランプはそんな風にアメリカ国民を死なせたくないと言ってる。それがダメだということは、アメリカ国民に死ねと言ってるに等しい無責任発言だ。
トランプの怪しい部分は、「絶対そのマニュフェスト実行する気ないよね?目立ちたかっただけでしょ?」ってとこだけ。

ただ、ホントに実行された場合ヴェラスケスは放逐されてしまう可能性がある。
まぁ最近ケージにも「入国」してないみたいだから問題ないか。
Posted by む at 2016年07月21日 23:20
アメリカは各個人が政治の主義主張がハッキリしてるのが当たり前だし、家族間や友人同士で主張が違っていても和やかに話し合いができるし、例え考え方に違いがあっても、友情やビジネスは別だという考え方が一般的ですからね。日本みたいに右だ左だのレッテルを貼ってバカにしたり、見下したりしないし。支持政党が違っていても冷静に議論ができる(ネットでは荒れたりするみたいですけど)、基本的に右左どちらもパトリオットだから。


ただ、宗教関係はマジで繊細だし面倒くさい。贔屓以外の宗教をトコトン否定するし、無神論者はそれだけでバカにされたり怪しまれたりするし、かなり気をつけて話さないといけない。まあ今回はデイナが共和党支持というだけでしょう。ビジネスはちゃんとやると思います。
Posted by りく at 2016年07月21日 23:29
UFCを仕切って影響力あるダナが言うとまるで格闘技関連者の総意のように聞こえてしまう。
”UFCのダナがトランプ褒めてる!→ これだから格闘技は…”
なんて思われて欲しくない
Posted by あ at 2016年07月22日 00:15
>イスラム教徒に関しては「少なくともイスラム国の件が片付くまでは入国禁止」

これがどれだけ馬鹿げた物言いなのかわからないのが不思議。
Posted by roots at 2016年07月22日 02:13
愚かとしか言いようがない発言。どんな人種だろうが、どんな神を信じていようが、同じ体重で 、体ひとつで、一個人として、一対一で勝負しているから俺は格闘技が好きなんだ。


Posted by べぇ at 2016年07月22日 02:19
日本ではトランプの過激発言ばかりを報道しているので、あまり良く思われていないみたいだね。
CNNを見ているとアメリカでは大統領候補としても多くの国民に評価されているけれど。

温度差を感じる。

トランプは10年前くらいから大統領になろうと、同じような事をしてきたけれど、ようやく本当に成るかもしれない。
Posted by めめ at 2016年07月22日 08:52
度が過ぎる自虐史観よりも多少大げさなナショナリズムの方がずっと健全だと思う。
Posted by カネゼニー at 2016年07月22日 11:32
トランプの評価はさておき、ダナのような立場の人は政治と距離を置いた方がいいんじゃないかなと思ってしまいます(様々なしがらみの中でそうすることは難しいでしょうが)
今回はたまたまトランプでしたが、逆にクリントンでもそれは同じです

日々のストレスや社会に対する不安を一時的に忘れさせてくれるのがUFCのようなエンターテイメントであり、政治や宗教のようなものはそうしたエンターテイメント的性質の純度を下げてしまうと思います
Posted by 209 at 2016年07月22日 13:44
ちなみにファイターの政治的主張に関してはまた別の意見です
彼らの発言がよほど反倫理的なものでない限り自由にしていいと考えています

今回の件で嫌な想いをされた方もいるでしょうが、個人的にこうしたテーマは中々興味深いですね
Posted by 209 at 2016年07月22日 14:28
トランプって日本で言われてる程差別主義者ではないよな。
不法移民のメキシカンに厳しいだけで普通のヒスパニックを差別したりはしていない。

メキシコからの不法移民にはクサやドラッグを運んできたり様々な犯罪を犯すギャング、カルテルが混ざっているし、イスラム系にはフランスで頻繁するようなテロの恐れがある。
両問題はアメリカの頭痛のタネなのだから過敏になるのはわからんでもない…
Posted by あぬ at 2016年07月22日 17:01
共和党のマケインに散々ニューヨークのMMA解禁を妨害されたのに共和党のトランプ指示なんて意外
Posted by ルカ at 2016年07月22日 22:50
いやー、デイナ嫌いだけど、ギャンブルに強いことはわかった!笑
よくトランプの方に賭けたな笑
Posted by GDP at 2016年11月09日 20:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索