この記事へのコメント
アルドに1回目負けてから
快進撃を続けてたけどドーピングの力だったか

USADAは結構違反者見つけてるし
まともなんだろうねー
Posted by 赤鯖 at 2016年07月21日 06:32
薬物検査が厳しくなってから、多くの選手が検査に引っかかってるのがすごい。
そもそも、厳しくなる前の検査体制と今の検査体制では何が違うんだろう。(何が大きく変わったんだろう)
Posted by そんらー at 2016年07月21日 06:53
どんどん薬物検査が厳しくなっていますね。この点は素晴らしい。
Posted by MMA at 2016年07月21日 07:02
まだ短い
Posted by サブレッチ at 2016年07月21日 07:40
オワタ。。
Posted by ブシドー at 2016年07月21日 07:46
USADAはよく見つけるな。
ロメロに下した裁定は納得出来んけど、まあこれでいいのかな?!
それにしても、トップ処が軒並み見つかるって…なんだかなぁー。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2016年07月21日 07:59
2年は痛い…
Posted by HARD ROUNDER at 2016年07月21日 09:48
メンデスこれはきついですね・・・、MMA引退してしまうかもしれませんね


ただ、マクレガー戦で結構稼いだはずなので、しばらくは大丈夫でしょうけど
Posted by 格闘マニア at 2016年07月21日 10:34
さようなら
ずるファイターのチャド
Posted by まさ at 2016年07月21日 10:51
判る人には判ると思うけどGHRPとか、もう唯のニードルアディクトしている人。
相当根深く長くお薬と付き合ってるはずだからメス中毒と一緒でそう簡単には止められない。
Posted by ぁむすとろんぐ at 2016年07月21日 11:08
こうも長期出場停止が多いと、そのうちロクな対戦カードが組めなくなりそう
Posted by k8 at 2016年07月21日 11:44
検査が厳しくなってもこれだけ違反者が出るってことは昔はもっと多くの選手が使ってたっていうことですよねー
今年のMVPはUSADAで決まりでしょう
Posted by にご at 2016年07月21日 11:57
UFCから他団体、日本にも流れてきそう
検査するのが良いことなのか悪いことなのか・・・・
UFCの弱体化が始まってるのかも・・・・
Posted by j at 2016年07月21日 12:31

チャドのドーピングはショックだったなー

この人がやってたらmma見るのやめるわってレベルの選手
フランキー GSP ハント 日本人(贔屓目)

あとは大体みんな・・・
ごめん

Posted by ぼく at 2016年07月21日 12:37
メンデス居なくなるのはUFCとしてもかなりの痛手だろうな。これに懲りて全ファイターお薬は使わないで頂きたい。
Posted by む at 2016年07月21日 12:43
MMA業界だけでなく少し前の陸上の中国馬軍団しかり、シャラポワや、オリンピックでのロシア国家ぐるみのドーピング問題、今年は世界的にも話題になっていますね、何を信用していいやら。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年07月21日 13:03
だって最初の頃は小見川と引き分けるレベルだったんだぜ...。

ただ小見川戦の時にすでにドーピングしていたら逆に小見川どれだけ強いんだってなるけどねw
Posted by Take at 2016年07月21日 13:06
日本人もやってる選手はいるだろうね
Posted by まさ at 2016年07月21日 13:37
うわー二年は長い…引退もあり得るかな(ーー;)
てか最近違反者発覚しまくりやんけ。
いっそまとめて全員検査して白黒つけてくれ。
Posted by たまご at 2016年07月21日 13:38
juice飲んでるファイターは全部追い出せー!
Posted by ◉ at 2016年07月21日 13:46
>ぁむすとろんぐ さん

本当だ。wiki読んだらGHRP6はお注射で体内に射れるって書いてある。
と言うことは何か間違ってとか間接的はあり得ない確信犯的なヤツね。
お注射好きは倫理的にも完全アウトでしょ。
Posted by メン at 2016年07月21日 15:45
エドガーやってたら確かにキツイな。
メンデスはやっぱりなって感じだけど。
Posted by GGG at 2016年07月21日 20:03
チャド好きだったけど明らかに体付きがジューサーのそれだったもんなぁ……

もうおかしな肉体してる奴は全員やってると思って見とこう。その方が精神衛生上いい。

発覚して「えー!」「嘘だろ・・・」ってなるより「やっぱり」となる方がショックも小さいし。
本音で言えば愛するUFCがこんなことになって本当に悲しい。
Posted by もこ at 2016年07月21日 20:04
上でも仰ってる方がいますが、今これだけの選手が薬に頼ってるって
ことじゃなく、検査が正しく厳しくなったってことでしょうね

悲しいけれど、UFC1からUFC200まで間、かなり多くの選手、そして
伝説的なチャンピオンも薬に頼っていた疑惑は拭えませんね・・・
Posted by レイ at 2016年07月21日 21:48
メンデスはアルドのタイトルに初挑戦したちょっと前くらいから、動きが不自然過ぎてファンから散々指摘されてたよね。

てか、アメリカの多くの選手にスポーツ倫理観を求めるのは無理なのかもしれないな。
一般人ですらステロイドを当たり前のように使う国だから、スポーツでもドーピングしなければ、周りのドーピング選手達に蹴落とされてまず大成出来ないとか、もうね・・・。

同じアルファメールだったディラショーも、コーチかチームメイトに「回復が早く誰よりもたくさん練習できる」って言われてたけど、それってモロにステロイドの効果の一つじゃないの・・?と思ってしまった事がある。
Posted by い at 2016年07月21日 22:23
アメリカの格闘技団体は検査してるからマシだけど
日本の格闘技団体は検査してないよね?時代と逆行してるよ
ロシアの陸上選手がドーピング問題で五輪出れない
ニュースとか見てると余計そう思う。
Posted by なな at 2016年07月21日 23:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索