2016年07月20日

ブロック・レスナー、6月28日以降の検査にも禁止薬物の陽性反応が出る

UFC 200 ブロック・レスナーに禁止薬物の陽性反応(2016年07月16日)

ブロック・レスナー6月28日より前の薬物検査は陰性だった/レスナー「我々は真相を究明する」(2016年07月16日)

ブロック・レスナー「なぜこうなったか理解できない」(2016年07月17日)

 こちらの続報。



 UFCがUSADAが行ったブロック・レスナーのランダムの薬物検査で6月28日以降も同様の禁止薬物の陽性反応が出たことを発表。8回の検査中最初の5回はパスしていますが、最後の3回中少なくとも2回は陽性反応が出たことになります(※以前8回中4回目で陽性反応が出たと書きましたが間違えてました。失礼しました)。禁止薬物の詳細についてはまだ発表されていません。



 UFCはUSADAのアンチドーピング・ポリシーとネバダ州アスレチックコミッションの裁定に従うとの声明を発表しています。

悪用禁止の知識500連発! 悪知恵の帝王
悪用禁止の知識500連発! 悪知恵の帝王
posted by ジーニアス at 14:44| Comment(19) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファイトマネー半分返上でしょう

それか、UFCは著しく信用を失ったとかいうことで、
何か訴えられないのかなあ?
莫大な金を稼いでいるから、ないか。
Posted by まさ at 2016年07月20日 14:53
ここ最近多すぎますね。
あの身体であの動き確かに怪しすぎた。
日本人選手も、勝てなくなるわけだ。
Posted by Ugc at 2016年07月20日 15:11
光すら反射しないぐらいの黒じゃないか…
Posted by R at 2016年07月20日 15:18
今後はプロモーション側にたいしても
「こういうケースで試合を組んじゃいけない」とか
何らかの罰則規定なり必要になってくるのかも知れませんね・・・

今回はUFC側も正直「きな臭い」ですしねぇ・・・
Posted by ジーピー at 2016年07月20日 16:16
我々は真相を究明する(キリッ
Posted by かず at 2016年07月20日 16:47
卑怯者が多すぎる。
Posted by Afr at 2016年07月20日 17:13
ハントへの支払いと、カジノの払い戻しもしないと・・・
Posted by そうえん at 2016年07月20日 17:20
USADAはレスナーにUFCが積極的に協力して検査期間を短縮させたと疑っていたでしょうね。
そもそもUFCが復帰発表から4カ月以降に試合を組めば、USADAも通常通り4カ月の抜き打ち検査ができていたのですから。
極端な話、事前に試合日程に合意していても、復帰発表さえ遅らせればクスリ使って準備万端でマスキングして、2週間の検査さえ切り抜ければOKというルールの盲点をついてきたワケです。

今になって思えばレスナーの復帰をリークした記者に重いペナルティを課そうとしたのは、早くに検査が始まるとヤバイという事だったからかと勘繰ってしまいます。
Posted by NHB at 2016年07月20日 17:24
我々は真相(バレた理由)を究明する(キリッ
Posted by 赤鯖 at 2016年07月20日 19:13
元々有り得ないぐらいの人間離れした体格やもんな。

ボコボコにされたハントが怒り狂うのは当たり前やと思うし試合前から怪しいて言っててやっぱり怪しかったもんな
Posted by べん at 2016年07月20日 19:42
>ここ最近多すぎますね。
あの身体であの動き確かに怪しすぎた。
日本人選手も、勝てなくなるわけだ

日本人選手が使ってないっていう保証もどこにもないけどね。
Posted by judo at 2016年07月20日 19:46
どうせレスナー陣営は、1回陽性でも2~3回陽性でもサプリメントのせいとか言い訳してくるだろう。


>NHB

ヘルワニ記者が200の大会前にリークした数時間の差で、USADAの検査回数が増えるもんなのか?
Posted by DA at 2016年07月20日 21:23
使ってる日本人もいるでしょうね
Posted by あ at 2016年07月20日 21:36
USADAのルールがザルなのかと思ってたら、そうじゃないんですね。
USADAはUFCのような興行主と契約関係に無い選手をテストできない。
アンチドーピングポリシーを定めるのはUFCのような興行側。
従って4ヶ月ルール及びその例外が定められているのは、UFC自身のアンチドーピングポリシー。
ただしUFCの例外ルールが他の興行主と比して特別に緩いわけではない。
とネット情報から理解しました。本件を受けて、USADAから興行側に、より厳格で明確な例外ルールを設けるよう求める事になるんでしょうね。
Posted by hoacha at 2016年07月20日 21:56
試合後に判明したらノーコンテストになるんだっけ?
Posted by えいぢ at 2016年07月20日 21:57
ここにまた戻ってきたレスナー。
すごく嬉しかった。

でも、クスリはいかんよ…

こんなニュースは、いい加減うんざりだ。
Posted by Jpmmalove at 2016年07月20日 22:15
間違えました。
200の大会前じゃなくて、199の大会前でした。
Posted by DA at 2016年07月20日 22:23
ブロックレスナー=ナチュラル

素人目から見ても草

5回ぐらいの検査じゃユーザーかどうかわからないってことか。。
こんなんじゃだめだMMA
やっぱもっと罰を厳しくしないと
Posted by じょーじ at 2016年07月20日 22:35
>>NHBさん
ずっと気になっているのですが、何度もコメントで書いていらっしゃる「2週間」という数字はどこから出てきたのですか?
6月21日時点で「2週間の間に5回USADAの薬物検査を受けた」という報道があり、その後の6月28日の検査で引っかかったのが明らかになっている以上、どう考えても「2週間の検査さえ切り抜ければOKというルール」はありえないと思うのですが・・・。
Posted by y at 2016年07月20日 23:41
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索