2016年07月19日

UFC 200 ジョン・ジョーンズの使用した禁止薬物が判明

衝撃! ジョン・ジョーンズが禁止薬物の陽性反応でUFC 200を欠場、新メインイベントはブロック・レスナー vs. マーク・ハント(2016年07月07日)

UFC 200欠場のジョン・ジョーンズが涙の謝罪もドーピングは否定(2016年07月08日)

ジョン・ジョーンズ、Bサンプルも陽性だった(2016年07月10日)

 こちらの続報。

Jon Jones tested positive for estrogen blockers, is temporarily suspended by NAC(MMAFighting)

 ジョン・ジョーンズが6月16日にUSADAによるランダムな薬物検査を受けて禁止薬物の陽性反応が出ましたが、ネバダ州アスレチックコミッションが禁止薬物は抗エストロゲン剤の一種であるヒドロキシ・クロミフェンと、アロマターゼ阻害薬の一種であるレトロゾール代謝物質であったことを発表しています。共に乳がんの治療などに使われますが、ホルモン調節薬および代謝調節薬としても使用されます。ジョーンズは処分が確定するまで一時出場停止となります。

S525 UFC Jon Bones Jones Close Clinch Elbow To The Chin Champion Unique Framed Ready To Hang Canvas, Sport, Pop Street, Wall Art, Picture by What's On Your Wall
posted by ジーニアス at 21:30| Comment(26) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これって真っ黒ですやんw
Posted by とんぼ at 2016年07月19日 22:06
ステロイドなどの副作用を抑える薬ですね。
中学生でもドーピングが平然と行われるアメリカだしスポーツ選手なら当たり前といえばそれまでですが、本当に汚い・・・。
Posted by I at 2016年07月19日 22:10
ホルモン調節か…
Posted by 名古屋 at 2016年07月19日 22:15
完全にクロですやん。
Posted by アンセム at 2016年07月19日 22:19
PEDで上げたものを
押さえるためのものかな??
Posted by まさ at 2016年07月19日 22:22
JJはドーピングをしたわけではなく乳がんだった可能性
Posted by GDP at 2016年07月19日 22:32
ドーピングする瞬間どんな表情でなにを考えてるんだろう。
あんなに強いのに薬使わないと勝つ自信ないのかな。
バレると思わないのか、バレた時のこと考えないのか。
選手になれば理解出来る部分はあるのか。
Posted by あしゅ at 2016年07月19日 22:38
乳癌なら仕方ない!(白目
Posted by スラッカー at 2016年07月19日 23:29
たぶん、ファイターからすると
「皆がドーピングをしているから、やらないと不利になる」ぐらいに考えている人が結構多い気がしますね。

そして、実際のところドーピングが見つかっている
ファイターは氷山の一角であって、
今まではマスキング剤なんかで検査をすり抜けられていたのでしょうね。
Posted by うーん at 2016年07月20日 00:07
ドーピングを隠すためのドーピングかこれ
Posted by そうえん at 2016年07月20日 01:31
彼は乳がんの治療をしていただけだったんだから責めないでやってくれ。
ジョーンジョーンズはもしかしたら女なんじゃないかと以前から思っていたから驚きはないな。
Posted by もこ at 2016年07月20日 01:53
ステを打ち込むとテストステロンも増えるが、エストロゲンという女性ホルモンもホルモンレベル補おうとして増える。これを抑えないと体の一部がアロマターゼ(女性化)する。具体的言うとビッチティッツと言って大胸筋は発達してるのに乳首まわりが膨れてオッパイみたいになる。最近酷いと感じたのがジョシュ・エメットとコリー・アンダーソン。また、顔が丸くなるムーンフェイスもよく見られる、有名なのがアリスター・オーフレイム。今回はステロイド長期常用者が必ず使う女性化を防ぐ薬が検出された訳なので真っ黒と言わざるを得ない。
Posted by MMAファン at 2016年07月20日 02:31
男性がステロイドを使っているとテストステロンの一部がエストロゲン(女性ホルモン)化し乳首周辺が女性化します。エストロゲン阻害薬はそれを防ぎますのでボディービルダなどは一般的に使ってます。たぶんJJはステロイド・ユーザーで間違いないでしょう。
Posted by HIROS at 2016年07月20日 02:31
YouTubeでFight Night Rotterdam Weigh-inと検索してジョシュ・エメットの公開計量動画を見れば、女性化乳房が具体的に分かります。彼ほど酷くはありませんがGSPとカルロス・コンディットも少し不自然な膨れ方をしてるように思えます。
Posted by MMAファン at 2016年07月20日 02:47
このまま引退からの勝ち逃げだけはやめて欲しい。薬を抜いた体で正々堂々とアンソニー・ジョンソンと試合するのを見たい。
Posted by めてっく at 2016年07月20日 07:02
ビッチティッツとかすごい名前。
てか専門家みたいに解説できる人がいてすごい。
ネット恐るべし...
Posted by Ya at 2016年07月20日 08:33
あしゅさん
基本的にはドーピングしてるから強いと考えるべきだと思います
ドーピングには単純な筋力増強以外にも色々あり
回復力の強化によって練習量を増大させることにより
テクニックに影響が及んでいくものもあります
過去の戦績全てに疑いが生じてしまいます
Posted by 七月 at 2016年07月20日 09:43
グレッグ・ジャクソンは声明出してないのかな。いつも思ってたが、よく大部分の選手がステを使ってると発言する選手がいるが、それが本当なら、大きな組織の選手は組織ぐるみで使ってるとしか思えない。組織ぐるみだったらこいつら追放されるべきだ。
Posted by mk at 2016年07月20日 10:09
アンデウソン戦のニックも乳房の違和感ありましたね
ボナーなんかはひどいもんでしたが..
Posted by ムルカ at 2016年07月20日 10:13
あー、ステロイダーが女性化乳房を予防、治療するのに使う王道の薬剤ですね。
100%黒確定ですね。アナボリック作用はありませんので、サプリに混入するはずもなく。むしろステロイドそのものの検出より黒ですね。
Posted by 薬剤師 at 2016年07月20日 12:29
してなくても強いけど、
ドーピングしてるからコンテンダーに勝てるのであって、
してなければ3敗4敗としている可能性もあるわけですね

だからもともとすごいセンスで.....
とか言われても、それはある程度までは強いでしょうけど、
と言いたくなる
Posted by まさ at 2016年07月20日 14:49
>薬を抜いた体で正々堂々とアンソニー・ジョンソンと試合するのを見たい

そのアンソニー・ジョンソンもモロに・・・
Posted by I at 2016年07月20日 16:47
ハイアンがいきなりムキムキになって乳首にテーピングしていた思い出
ほんとクートゥアとかいいところでやめたなーw
Posted by くれいじー at 2016年07月20日 18:24
薬とサミングを併用してチャンピオンになれた。
これが疑いようのない事実になっちゃうんかな。
Posted by S.R at 2016年07月20日 19:12
JJは、過去の栄光まで全てすっ飛ばしたな。
Posted by クロ at 2016年07月20日 21:55
てか本チャンのステロイドは検出されてないの?
そっちのがまずいような
Posted by 歯みがき粉 at 2016年07月21日 17:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索