2016年07月16日

『UFC 199: Rockhold vs. Bisping 2』のPPV契約数は32万件

UFC 199 does estimated 320,000 PPV buys(BloodyElbow)

 Wrestling Observerによると6月4日にカリフォルニア州イングルウッドで開催された『UFC 199: Rockhold vs. Bisping 2』のPPV契約数は推定32万件とのこと。今年開催された大会では『UFC 195: Lawler vs. Condit』の30万件に次ぐワースト2位ですが、5月14日にクリチバで開催された『UFC 198: Werdum vs. Miocic』の契約数は判明してないそうです。

なぜあの経営者はすごいのか―――数字で読み解くトップの手腕
なぜあの経営者はすごいのか―――数字で読み解くトップの手腕
posted by ジーニアス at 04:55| Comment(8) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前と比べるとスター選手もほとんどいないし、右肩下がりしていきそうな感じ。
フェティータは上手い時期に売り抜けたなあw
Posted by MMA at 2016年07月16日 07:57
なるほど...デイナがビスピンvsダンヘンⅡにこだわるのも妙に納得の数字。
Posted by 64 at 2016年07月16日 10:55
ジョークファイトに傾倒し過ぎて客離れが起きているのではないですか?
挽回しようとして益々チャンピオンシップ軽視の悪循環に陥らなければいいのですが。
Posted by illion at 2016年07月16日 11:38
というかワーストってローラーvsコンディットなのか。
今年1・2を争うベストバウトだと思っているのですが、試合内容と比例するほど甘くはないのは分かってますけど、何か切ないですね
Posted by たかはし at 2016年07月16日 14:12
いやいや今年のUFCの中でのワースト2位だったってだけで、
今年のUFCのPPV契約数は、過去5年と比べても良い数字になるだろう。
PPV料金の値上げもしててもね。

そもそもビスピンVSダンヘン2は、PPV大会では使わないみたいだしな。
ビスピンVSジャカレイだったなら、PPV大会に組み込まれていただろうけどね。
Posted by DA at 2016年07月16日 14:21
今年のワーストだというのは記事を見た人なら誰でも分かると思いますよ
あと過去五年と比べて良い数字というのもちょっと無理があると思います
五年間のPPV売上げ平均で言うならやや悪いくらいの数字では?
Posted by ピース at 2016年07月16日 19:48
いや200のPPV件数もまだ出てないし、まだ今年はマクレガーの大会とニューヨーク大会も有るから、
今年は過去5年でトップか去年に次ぐ2番目のPPV売り上げ数になるんじゃないですかね。

今年の判明してる4大会の平均でも60万件以上になるので、ここ5年間でもハイペースなくらい。
PPV料金を値上げする前の時でも、20万件台や10万件台のPPV大会が結構出て来てたくらいだし。
Posted by DA at 2016年07月16日 22:05
今回のUFC(199)のPPV契約数は過去5年と比べても良い数字、と読み違えてました
そういう話なら納得です
今年はマクレガー効果にUFC200もあったので年間のPPV売上げ総数は例年よりも高目でしょうね
Posted by ピース at 2016年07月17日 03:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索