2016年07月11日

UFCの身売りが決定、買収額は40億ドル/デイナ・ホワイトは代表残留

UFCが42億ドルで身売り、デイナ・ホワイトらは残留か→UFCは再度身売り報道を否定(2016年06月21日)

デイナ・ホワイト「身売り報道のことは心配するな」(2016年06月23日)

 こちらの続報。



 ニューヨーク・タイムズがUFCの身売りが決定したと報じています。金額は40億ドル。買収した会社は以前から噂になっていた企業のひとつであるWME-IMGです。ロレンゾ・フェティータはCEOを辞任しますが、兄のフランク・フェティータと共に僅かながら株は保有し続けるとのこと。



 TMZによるとデイナ・ホワイトは引き続き代表を務めるとのこと。また、買収には合意しているものの最終的に契約にサインされるのは6週~2ヶ月後になると見られているそうです。

ソフトバンクが出資した米老舗芸能事務所「WME-IMG」ってどんな会社?(ハーバー・ビジネス・オンライン/2016年04月02日)

 以前紹介した記事ですが再掲載。アメリカの大手芸能事務所でロンダ・ラウジーもタレント契約を結んでいます。

図解 はじめての企業買収
図解 はじめての企業買収
posted by ジーニアス at 14:04| Comment(21) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中華プロレスにはならなかったってこと?
Posted by なん at 2016年07月11日 14:06
大手芸能事務所。。
人気選手優遇ばっかりはやめてくれよ。多少は仕方ないけどさ。
Posted by ssa at 2016年07月11日 14:22
少し前には既成時事地としてあったのだけれど200後の発表予定だったようで、否定してたのは選手達に余計な心配をかけたくないからでトップとしては当然かなとは思います。前回の記事に信憑性があるなら表向きは米会社が運営なので暫くは何も変わらない状態が続くと思いますが、先の事は分からないですね。鍵はディナが握ってるというかディナ次第になると思っています。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年07月11日 14:25
下手な中国の金持ち会社に買われるよりはずっとましだ。
Posted by ててて at 2016年07月11日 14:26
これめちゃくちゃいいんじゃないか?

メディアとのコネもできたし
Posted by あ at 2016年07月11日 14:43
ファイトパスでの新番組なども含めて、よりメジャー志向になるのだろうなという予感はある。
マクレガー関係や今度のビスピンダンヘンのように、通常の流れから外れたマッチメイクも増えてくだろうし。
シビアなマッチメイクが主流なことに変わりはなく、デイナも残るのならそれほどは心配していないけど。
ただ、バイアコム以降と以前だったら以前のベラトールのが好きだったし、実際にどうなるか見てみないと不安でもある。
Posted by y at 2016年07月11日 14:49
芸能事務所ですかルックスがいい選手やキャラがある選手だけ優遇されなければ良いですがねえ………しょっぱい塩着レスリングタイプの選手がごっそり解雇されたりされなければ良いですがねえ今後の動向は気になりるなあ
Posted by ごまちゃん at 2016年07月11日 14:59
やはり身売りに消極的だったのはデイナだけで、フェティータ兄弟はいい時期に売り抜く気満々だったというわけだな
どうなるかわからないけどデイナが仕切る限りはそんな変わらない気がするね
Posted by GO at 2016年07月11日 15:05
中国資本は少しも入って来ないのかな??


デイナがいるっていっても、
デイナも100%自分のやりたいように出来るわけじゃないから
WME-IMGの意向はあるんじゃないかな
協力してやっていく感じですかね
Posted by まさ at 2016年07月11日 15:40
中国系じゃなくてホント良かった!
これはプラスになる面も大きいんじゃ?!
Posted by Hi- at 2016年07月11日 16:04
んで、ここが手離したくなった時にUFCが終わるのか
中国企業に流れるのか
採算次第か
Posted by 翔 at 2016年07月11日 16:20
>>しょう



そんなゲームじゃないんで10年じゃそこらじゃ手放せないですよ

どんだけ中国人に運営してもらいたいんですか?
中国人に任せたら○○○○やk1みたいになってしまいます
Posted by あ at 2016年07月11日 16:39
フェティータ兄弟からすれば底値で買って高値で売り抜けただけかもしれないが、結果的に総合格闘技人気は爆発したわけだし、日本にもフェティータ兄弟のような投資家が表れてくれないかな
Posted by nt at 2016年07月11日 17:58
榊原さんや谷川さんや修斗なんて黒すぎて
誰も買いそうにないもんね 笑

もれなく裏社会が付録で付いてきそう
Posted by まさ at 2016年07月11日 19:44
スポーツ関連にも力を入れるアメリカの大企業。良い所に買収されましたね
中国企業に買収されるよりはよっぽど安心感がある、やっぱりUFCはアメリカのものでなければ
選手の育成などにも力を入れているらしいから、将来的に練習環境の提供やファイトマネーupなど選手のケアにも期待したいです
Posted by スイカ食べたい… at 2016年07月11日 20:19
ついでにリーボックも排除してくれないかな
Posted by うん。 at 2016年07月11日 20:22
40億ドル、凄い額付いたな。
これを軍資金にしてまた何かやりたいんだろうな。

中国系の企業じゃなく良かった。
ソフトバンクがバックにいる企業という事はソフトバンクのコンテンツとしてUFCが観られる日も近いかな。
Posted by mr_st at 2016年07月11日 20:44
修斗とか谷川とか日本全く関係ないがな
団体売り出し中とのかの噂でもあんの?
Posted by マグナ at 2016年07月11日 21:41
タイトルを見た時は焦ったけど、中華系じゃなくて本当に良かった…
Posted by R at 2016年07月11日 22:15
買収したのはWME-IMG1社なのかな?
以前の記事にあったように4社からなる合同グループで、WME-IMGが表に立ってるだけ?もしそうだったら、中華マネーも大量に入ってるんだよなぁ。
Posted by ゴードン at 2016年07月11日 23:14
フェティータ兄弟はNFLの大ファンでフットボールチームを所有してみたいとかなんかのサイトか記事であったから、もしかしたらそのために今回売ったのかもね。
Posted by A at 2016年07月12日 03:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索