2016年06月30日

デイナ・ホワイトがUFC 200 ブロック・レスナー vs. マーク・ハントについてコメント

3秒以内に倒す! アジアの凄いテイクダウン (達人シリーズ第十四巻)
3秒以内に倒す! アジアの凄いテイクダウン (達人シリーズ第十四巻)

Dana White: Brock Lesnar in for 'bad night' if he can't take down Mark Hunt at UFC 200(MMAJunkie)

 デイナ・ホワイトが『UFC 200: Cormier vs. Jones 2』で行われるブロック・レスナー vs. マーク・ハントについて以下のコメント

「マーク・ハントのテイクダウンディフェンスは近ごろますます良くなっている。間違いなくこれまでより難しくなっている。ブロックがグラウンドに持ち込めなかったら最悪の日になるだろう。マーク・ハントはこれまでノックアウトされたことのない男もノックアウトしている。ロイ・ネルソンを一発でノックアウトして立ち去ったが、誰もそんなことはしなかった」

「マーク・ハントはPRIDEとの契約でウチに来ることになったが、当初は契約するつもりはなかった。金で解決するつもりだったが、彼は『いやいや、俺は闘って稼ぎたい』と言った。男の中の男だ。強いグラップラーやレスラーも彼と対戦して『ナンテコッタイ』と思ったことだろう」

「ブロックにはファイティングスピリットがあると思う。彼はレスリングをしていたし多くのレスラーはUFCに来る。彼もこれが好きだ。気合が入ってるしビンス・マクマホンとWWEに決断させたことを喜んでいる。彼は燃えている。エキサイトしている。ファイティングスピリットを持っている」

posted by ジーニアス at 02:19| Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
男の中の男だ ! この言葉にしびれた
Posted by おひょ at 2016年06月30日 16:47
マーク、年齢と比例して最高のキャリアになっていくすごいな、まさか彼がここまでUFCの”ど真ん中”で活躍し続けるなんて良い意味で裏切ってくれた。
Posted by GGG at 2016年06月30日 21:33
プライドやドリームで負けまくってたのに、諦めずUFCで戦う事を選んだ男。

一度UFCで栄光を極め、その後病気や敗戦からMMA引退。
引退後もプロレスでスターであり続けているにも関わらず、再びUFCで厳しい試合をしようとする男。

どちらも素晴らしい。
金や条件というのは無視して良い訳がないし重要な事だが、戦う事に挑戦を続ける姿勢が格闘家として素晴らしい。

ダナは、ハントのこの話をメディアの前で何度も何度もしているようだが、余程気に入っているエピソードなんだろうな。
Posted by もす at 2016年06月30日 22:13
デイナは本当にハントが好きだなw
Posted by kk at 2016年07月01日 00:22
PrideはともかくDREAMの時のハントは
明らかにやる気が感じられなかったし
あの状態を見て契約なんてふつうは考えないよな。
本当ダナはハントをよくオクタゴンに立たせたと思うよ。
しかも初戦では簡単に負けてるわけだし。

そんな経緯があったからこそ今の輝きが増してるし、
それはもうハント自身の頑張りだよなあ。
まだまだ、なるべく長くスーパーサモアンの試合を見ていたいな!
Posted by macotic at 2016年07月01日 00:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索