2016年06月26日

『Bellator 157: Dynamite 2』ランペイジ vs. 石井慧を見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to 'Rampage' Jackson's narrow victory over Satoshi Ishii at Bellator 157(MMAJunkie)

 『Bellator 157: Dynamite 2』クイントン“ランペイジ”ジャクソン vs. 石井慧を見たファイター・関係者のツイッターでの反応

マイケル・キャロル
「私はこの削っていくスタイルはエキサイティングではないもののMMAで最も厳しい部分だということを何度も何度も言ってきた」

ジョシュ・グロス
「まぁどっちでもいいな。29-28で石井だが、スプリットデシジョンでランペイジが勝ってもおかしくない」

デレク・ブランソン
「30-27って、おいおい」

ザック・カミングス
「ええ…」

ホアン“ジュカオン”カルネイロ
「デタラメだ! 石井の勝ちだよ。恥ずべき結果だ。ベラトールもこういうのは必要じゃない」

アラン・ジョウバン
「僕はランペイジのことが大好きだし立ってKOして欲しいと思ってたよ! だけどジャッジの一人はどうしたら30-27にできるんだ?」

posted by ジーニアス at 21:12| Comment(9) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの試合を観て
どうやったら30-27付けれるのか?わからん(笑)

そのジャッジさ
1Rもランペイジが取ったと付けてんだよね?(笑)

酷すぎる。
Posted by 大人 at 2016年06月26日 22:56
たしかに、30-27はわからない。

しかし、石井のファイトスタイルを称賛していたら、1年後に、観客がだれもチケットを買わず、無観客状態で、安いファイトマネーで戦うのは誰でも想像できる。
Posted by るる at 2016年06月26日 23:46
選手がどういうジャッジに当たるかは運も有るんかな。
日本での大会でも、カンプザーノに勝ってた試合が判定負けになってUFC断念した所選手や、
ギグリオに負けてた試合が判定勝ちになって望みがつながった中村優作選手等、極端なケースは有るし。
でも運じゃ済まされん事も有るか。
今回のは30-27が29-28でも結果が変わらないけども。
Posted by DA at 2016年06月27日 00:23
日本では割とレアなシロウト判定が北米では日常茶飯事というか横行してるのが問題なんじゃないかな。
だから何かあるたび関係者やファンからこういう諦めにも似た不満の声があがるんだと思う。
日本のMMAは試合判定だけはMMA専門のプロがきちんと採点してるイメージです。
Posted by 肉 at 2016年06月27日 05:20
今回の石井のファイトスタイルは長所を生かしたいいスタイルだと思うけどね
ただこれは数年前のスタイルだよね

今のUFCだと打撃もレスリングも柔術もレベル上がりまくりでこういう展開にはなかなかならない
Posted by くれいじー at 2016年06月27日 05:46
まあ要は互角だったって事だよな。ランペイジと互角に戦える日本人なんて石井くらいしか居ないだろうから凄いんだけど、石井の希望するUFCだと厳しいな。ここからどうするのか。
Posted by でら at 2016年06月27日 09:54
なんだかんだ言ってもこんなに戦える日本人のヘビー級ファイターは居ませんからね
石井を倒してやるっていう日本人が出てこない事が一番悲しいかな
Posted by にご at 2016年06月27日 15:20
今の判定基準からすれば異論ありますけど、
心情的には、あんなケージ塩漬けで勝てるならどんどん真似するでしょうね。
難しいですけど塩漬け減点ポイントみたいなのも入れないと、競技が成り立たなくなると思います。
Posted by so at 2016年06月27日 17:05
ミドルで、石井VSリョート見たいな~
ランペイジと互角ってことは今回わかったからさ。
Posted by まっつん at 2016年06月27日 17:37
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索