2016年06月22日

ファビオ・マルドナド陣営がヒョードル戦の採点を不服とし提訴

Fabio Maldonado’s team to appeal controversial loss to Fedor Emelianenko(MMAFighting)

 ファビオ・マルドナドのマネージャー、ステファーノ・サルトリが『EFN 50: Fedor vs. Maldonado』(Fight Nights Global 50)のエメリヤーエンコ・ヒョードル戦の裁定を不服としロシアMMA連盟に提訴するとコメント。プロモーターも多くのファイターも不可解な結果だったと言っており、1ラウンドは10-8だから最低でもドローにすべきだと主張しています。

がんは引き分けに持ち込め
がんは引き分けに持ち込め
posted by ジーニアス at 12:23| Comment(69) | TrackBack(0) | 海外格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドローが妥当だと思います。
Posted by 名無し at 2016年06月22日 12:36
だよねえ...
ファビオの勝ちで、最低でもドローだと思ったわ。負けはないな。
Posted by めてっく at 2016年06月22日 12:47
片ヤオでKOできるのに手抜いてたみたいな事言ってる人いたけど、こういうアピールしてるとこ見ると勝つ気満々だったみたいだね
スタミナ切れただけだった模様
Posted by ワイン at 2016年06月22日 13:08
ロシアmma連盟の代表はヒョードルよな?
ヒョードルがドローを認めないかなあ
Posted by _ at 2016年06月22日 13:25
キャリアとして、ヒョードル相手にドローと負けでは雲泥の差だから仕方ない。。
Posted by ナナシ at 2016年06月22日 13:38
ヒョードルのバックにどんな人達が付いているのかわかってれば時間の無駄だってことくらいわかるよね笑
Posted by 、 at 2016年06月22日 13:43
要は1ラウンド目を10-9にするか10-8にするかって事でしょ?
10-9でも全然問題ないと思うけどな~
Posted by あゆ at 2016年06月22日 14:02
提訴してどうにかなるのでしょうか?要は1Rが8か9かの問題でその時のジャッジが下したのだからそれでいいと思うけどね。普通に観ればファビオの株は上がったと思うし、何よりも名前が売れましたから、やっぱアウェーではフィニッシュしないといけませんね。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年06月22日 14:27
ドローかマルドナド勝利が適正でしょうが
ロシアの大会で地元補正がありますからね

判定は覆らないような気もします
お互いがんばった素晴らしい試合でした
Posted by ヒョードルファン at 2016年06月22日 14:33
ドローが妥当だが、基本的にホームタウンデシジョンありきだからなあ。提訴したって事はあのバテた棒立ちラッシュ受けもわざとじゃないって事だし、どっちにも旨味がないグダグダな試合だったな
Posted by でら at 2016年06月22日 14:39
マルドナルドが勝ったといってる人はどんな採点をしてるのでしょうか?
1ラウンドが10-9か10-8でマルドナルド。2、3ラウンドが10-9でヒョードル。
どう考えてもマルドナルドの勝ちにはならないと思うのですが。

1ラウンドが10-9ならヒョードルの勝ち。1ラウンドが10-8なら引き分け。のどちらかが妥当でしょう。
Posted by 図書 at 2016年06月22日 15:18
気持ちはわかるけどロシアだからねぇファビオ勝ちでもいいし、最低でもドローかな。判定はくつがえらない?
Posted by らは差や at 2016年06月22日 15:24
適切な判定としてはドローだけども引き分けを嫌ってどちらかに勝敗を決する興行ってのが
あるのは各ヲタなら理解できてるはず
ホームでありメイン扱いのヒョードルに軍配が上がるのはまぁ必然だろう
この裁定に文句言いたくなる気持ちも分からんでもないが自然な結果であることを
受け入れるべき
Posted by お、おう at 2016年06月22日 15:46
ファイターにしてみれば死活問題ですからね。結果どうなろうと判定が不服であれば申し立ては必要だと思います。
Posted by ポンポン at 2016年06月22日 16:41
どうにもならないけど、
一般的にファビオのドローor勝ちの印象を得たけど、
提訴することによって、さらに印象づけ、
確実に負けてない印象にして次につなげたいのかなあ
Posted by まさ at 2016年06月22日 18:19
ロシアの連盟に提訴しても覆らないと思うが…
ロシアだし…
Posted by GGG at 2016年06月22日 18:46
UFCでも誤審気味や問題連発の北米の判定基準使うのが悪いよ。
判定に関してはこの形式だと必ず問題が定期的に出てくるわけだし。

とりあえず、ファビオは2分くらい優位に攻めただけであとは目も塞がって動き落ちたヒョードルに全体的にはっきり押されてるわけだからね。
たった一発のカウンターにすがってあとは終始やられてた判定に文句付けるくらいなら、再戦要求したらいいんじゃないかな。
次は今回のカウンターすら無く、もっと一方的にファビオが負けるだけだと思うが。
Posted by kka at 2016年06月22日 19:00
いやマルドナド勝ちはないでしょーww
Posted by やーまん at 2016年06月22日 19:58
選手にとって戦績って商品価値でもあるし1勝1敗の重みも充分に理解できます
何よりその1勝の為にいろんな物を削って準備してくんですから例え覆らないにしても、文句を言いたくなる気持ちはわかります
Posted by tt at 2016年06月22日 22:42
判定を勝敗に委ねるな、誰かがこんな言葉言ってなかったか!
Posted by れいす at 2016年06月22日 23:15
1roundは10ー8でもおかしくないわ。2roundヒョードル。3roundは微妙。マルドの勝ちでもいい
Posted by ひだ at 2016年06月23日 00:22
今回の件で印象的なのは、ここに書き込んでいる人の多くがホームタウン・デシジョンに対して肯定的であるということ。

競技として見るのであれば、ホームであろうがアウェイであろうが判定が変わるなんていうことが起きて良い筈がない。
なので、ホームであるという事情で特定の選手が有利な判定が出たというのであれば、そういう判定をしたジャッジなりそういう判定を許す団体のシステムを批判するのが本来的にはフェアな姿勢だと思うけどね。

何か審判の判定を絶対視しようとする態度には、個人的には違和感しか覚えないな。
そういう態度が、理不尽な判定をするレフェリやジャッジを野放しにし続ける元凶だと思う。

(この試合がどうのというのはおいておいて)ファンが誤審でも許すんだから、レフェリやジャッジが成長する必要がないわけで。
Posted by tba at 2016年06月23日 00:23
今回みたいに相手の方が手数多いけどしっかりとガードできてる、一方で自分は手数少ないけどしっかりとヒットできてるみたいな場合、ポイント的には負けでも本人としては勝ったと思っているみたいなことが多いですね。
Posted by y at 2016年06月23日 00:24
ボクシングでもそうだけど…
互角と言える位に競っても10対9
ダウン寸前に追い込んでも10対9
で、都合のよいときは10対8(笑)

うまく出来てるけど、一般層には受けないかなー?(笑)

Posted by ufcer at 2016年06月23日 00:34
問題があると思うなら提訴するのはいいことだと思います。
もしヒョードルと再戦するのなら、責められている時もパンチはガード出来ていたと思うから
蹴りに気をつけてマルドナドのスタミナが続けば次はマルドナドが勝てるかも。
ボクシングはマルドナドの方が上手いだろうし。
Posted by 名無し at 2016年06月23日 02:18
再戦したらブンブンフックに目が慣れたマルドナドが簡単にカウンター合わせて一方的に勝つんだろうなあ。
ヒョーさんはここで勝ち逃げしておくのがベスト。
Posted by 塩 at 2016年06月23日 02:48
ここの人たちが言うように1Rをマルドナド10-8に振ったとしても2R・3Rはヒョードルでドロー。
どうやったらマルドナド勝利になるのか教えて欲しいね。
Posted by ..... at 2016年06月23日 03:53
MMA全く知らない、じいちゃんも
なんだこの判定!っておったまげてたわ(笑)
Posted by 平吉 at 2016年06月23日 04:35
その興行のルールが俺は明確ではないけれど、10-8あるいは10-7を普通につけれるのであれば、明らかに最低でもドローか、ファビオの勝ちというのは普通に抱くイメージでしょう。

とにもかくにも、ヒョードルが休んだ期間、そしてその間に進歩してきた技術に彼が対応してないどころか、今では情けなくなるくらい技術的な、つまりボクシングにおける欠陥をおおいに披露する結果となり、まぁ仕方ないかなという印象ではありますね。彼は一からやり直さないとダメでしょう。
Posted by あ at 2016年06月23日 05:29
お前らうけるロシアの基準調べろ
Posted by 佐野 at 2016年06月23日 06:14
図書 さんと同意見です。

個人的にはドローが妥当だと思いますが、
少なくともマルドナドの勝ちはないと思います。
Posted by SK at 2016年06月23日 09:46
トドメ刺しに行かなかったマルドナドが悪いかな?2Rから急に行かなくなったから主催者にヒョードルをKOするなと脅されてるのかと疑いましたよ。でも提訴したって事は普通にポイントリードしてると思ってただけんですね。なら尚更マルドナドが悪いな(笑)
Posted by 格闘技ラブ at 2016年06月23日 09:50
マルドナドの右のカウンター、狙ったにしてはタイミングが速すぎる。たまたま右を出したらヒョードルが突っ込んで来て入ったんじゃないのか。

ヒョードルのように、アグレッシブにKO狙いにいく姿勢で勝ち続けるのは誰にも真似できない。

GSPみたいに、判定狙いで勝ち続けた選手は、どうしても最強と言う印象がつかない。


そこに、最強という違いがある。
Posted by たけし at 2016年06月23日 10:03
余計なことすんな!
Posted by ムルカ at 2016年06月23日 10:20
ファビオは1roundヒョードルを倒しとけばなぁロシア判定です。再選したらヒョードルに勝ち目はなさそうだから
Posted by まさ阿多 at 2016年06月23日 12:08
1Rが10-8じゃないとしたら何をやったら10-8になるんだよってなる
1Rは10-8でマルドナド
2Rは10-9でヒョードル
3Rも10-9でヒョードル
でドローだと思う
Posted by あらま at 2016年06月23日 12:33
EFNの判定基準がわからないけれど、UFCの判定に準拠した場合、メインをのぞいた3Rの試合にドロー裁定がほとんどない。それはドローにしたくないからどんなに差のついたラウンドでも1ポイント差しかつけないからでそのあとのラウンドの手数で判断されるあたりもUFCだったら充分ありえる話。まあ、EFNなんだけど、世界のMMAの基準がUFCになりつつあるし、判定までいった以上しょうがないね。
Posted by アキオ at 2016年06月23日 13:18
10-7 ストップされてもおかしくない状況に追い込んだ
10-8 ストップを考える状況ではなかったが明確に相手に有効打によるダメージを与え差をつけて優勢
10-9 明確に有効打によるダメージを与え差をつけたとまでは言い難く、僅差ではあったが優勢

でいかがか?

すると28-27でマルドナドになる(と言って反対する人は・・いるな(笑))。
でも勝たせたい選手にゲタを履かせたい時は今の基準か・・しょうがないのかビジネスだから(笑)
Posted by ufcer at 2016年06月23日 13:35
来てるの見てからカウンターって…

突っ込んでくるのが最初から分かってたら簡単にカウンターなんてとれます

仮にたまたまとして判定が変わるの?まぁボクシングのボの字も知らないからたまたま当たったなんて言えるんだろうけど
Posted by あ at 2016年06月23日 13:53
この間のUFCのボッセvsオコネル1Rもボッセが派手にダウンしてしばらく攻め込まれてたけどジャッジ全員10-9だったんですよね。
かと思えばミーシャvsホーリーの2Rは全員10-8だったりするんですよね。3~4分間バック取ってたのとキャッチが2回くらい有ったと思いますが、KOに近いダメージ与えるよりも相手を長い時間支配する方が10-8付きやすいんですかね。
Posted by けす at 2016年06月23日 14:06
>>あらまさん
別の記事でも書いたけど、ダウン取った後にリカバリーされてラウンドが終わったのが印象悪い。
ゴングがなかったら負けてたという印象なら10-8ついてたと思うけどね。
というかUFCでも10-8なんてほとんどつかないし、だからこそ年間何百試合もしてるのにほぼドローないよね。
Posted by ワイン at 2016年06月23日 14:51
マルドナドの勝ちを言ってる人は
1RでTKOになってもおかしくなかったからじゃない?
そこで試合を止めてたら勝ち

ドローは10-8が妥当だって思う人が多いからだし
Posted by 赤鯖 at 2016年06月23日 15:14
マルドナド相手にこれだけ物議を醸すようじゃこの先心配
Posted by そんらー at 2016年06月23日 15:38
判定についてはロシアなので判定基準も不明だしコメントしづらいな
マルドナルドが追い込んでラッシュ掛けてる最中なのにブレークしてマウスピース直したレフェリングの方においおいってなりました
Posted by にご at 2016年06月23日 15:47
簡単にカウンター取れるなら倒してると思う。数発、数分で慣れるならボクシングチャンピオン目指せばいい。
Posted by じゃがい at 2016年06月23日 15:53
1RでのストップはUFC基準でもありえないな
ヒョードルは動いてたし
Posted by お、おう at 2016年06月23日 15:58
開始早々のラッシュでフィニッシュ出来ないヒョードル…もしかしてオツムが少し弱い?(失礼…)。ほとんどが無駄打ちじゃないっすか!!
コメントから想像してたより遥かにスピードあったし、スタミナも十分。コーチ次第でまだまだいけると思いますけどね。
あと、あの回復力はヤバすぎる!!かつて藤田がぐらつかせた時、上手くやりゃ勝てたのにとずっと思ってたけど、あれ見たら、やっぱりどうやっても負けてたな、と。
マルドナドが文句言いたくなるのも分かるけど、本当はヒョードルに助けられたんすよ。世にもおかしな攻め方に。忘れ去られてた名前も思い出して貰ったし、ここは逆に感謝じゃないすかね。
Posted by ま at 2016年06月23日 16:06
10-7はMMAでは見ないし10-8もKO寸前まで追い込んでも付かないこと多いですよ。
ラウンドごとに採点(ほぼマスト)する海外式の判定でどうやったらファビオ勝ちになるんだろう。
何人かの人がコメントしてるようにドローはともかくあの内容でファビオ勝ちとかありえないと思います。
PRIDEと海外の判定基準を混同してる人が多すぎる。
Posted by ぱ at 2016年06月23日 17:49
大晦日にRIZINで再戦すれば良い。
去年の大晦日よりは盛り上がるんじゃないの??
Posted by ゴードン at 2016年06月23日 19:29
1Rの10-8のことに注目が集まってますが、2,3Rは確実にヒョードルなんですかね。手数は言うまでもないですけど、どっちのラウンドもパンチ貰ってグラついてるのヒョードルですがね。まぁ1Rのダメージがあるんでちょっとしたパンチでもグラつくのは仕方ないと思いますが。

結局この話は、有効打を取るか、手数やTDを取るか、その違いのような気がします。2,3Rともにヒョードルがぐらつく一発が入ってますので、それを重視するなら2,3Rのどちらかもしくは両方ファビオと付けて勝ち、という話ではないのでしょうか。

最近の試合で似たような例だと、JDSとアリスターの1R。判定だったとしたら1Rどっちに付いていたんだろう
Posted by とんぼ at 2016年06月23日 20:32
UFCの基準なら、ボッセVSオコネルの1ラウンドとかは10-9が多いけど、この試合の1ラウンドなら10-8が多いとは思いますね。
そして引き分けにしたくないという力が働くのなら、
3ラウンド目はマルドナドのラウンドになって、29-27でマルドナドの判定勝ちになり、
その場合は、引き分けが妥当なのにヒョードルの負けはおかしいだろと、違う論争が巻き起こるとw

でもこの団体はUFCじゃないので、UFCや北米の基準を気にする必要もないのかもしれませんね。
Posted by DA at 2016年06月23日 20:37
仮にUFCとか北米で行われた試合だとしたら1Rは10-9、2,3Rはヒョードルが取った試合かな。3Rにヒョードルが打撃もらって一瞬動きの止まるシーンは確かにあるけど、手数とヒット数で上回ってるから2,3Rはヒョードルが落としたとは考えにくい。

ジャッジが2,3Rをマウドナルドに付けたとしたらそれこそファンはポカーンでしょう。まあまともに判定してくれたから良かったですが。1Rは別に10-8でもいいけど立ち技と違ってMMAのジャッジは10-8を付けるの嫌うから厳しいかな。
Posted by カウチ at 2016年06月24日 00:36
MMAに限らず勝負事が好きな人間からすると・・・
「詳しくないような何方かのお爺さま」でも、それほど異を唱えたいとは思わないような判定基準を適用して欲しいものだ(笑)

なので、仮に俺が団体やらコミッションのトップであれば「1Rみたいなのは10-7にしろ」と言うが、それはそれで組織が傾いてしまうのか?(笑)

ヒョードルとファビオが今回、全く互いに逆のパフォーマンスをしていたら判定はどうなっていたのか?(笑)ファビオは勝っていたのか?
Posted by ufcer at 2016年06月24日 12:50
10-7を1人で押してる人はいつもの頓珍漢な人なのでスルーしときましょう(笑)
Posted by 図書 at 2016年06月24日 13:25
UFC139のダンヘンvsショーグンの3ラウンドですら
10-9だと思われる(5R49-48であることなどからの推測)のに、
10-7がつくことなどUFCではあり得ないだろうと思ってます。

…たしかに、ユニファイドルールでは、
ルール上10-10や10-7が認められているようですが、
それが運用されたとこは見た記憶がないですし。
Posted by SK at 2016年06月24日 14:29
先ほどのコメント投稿で間違えました。
すいません。

UFC139のダンヘンvsショーグンは
5Rで48-47でダンヘン勝ちです。



Posted by SK at 2016年06月24日 14:34
SKさん
10-10は珍しいですけどたまにあるみたいです。
ストライクフォースやWECを含めるとこれだけあるみたいです。

http://mmadecisions.com/ten-ten-report/
Posted by 図書 at 2016年06月24日 17:13
>たけしさん
その通りで、あのカウンターはファビオの反応速度と全然違うので多分偶然はあったと思う。
でもまあ当たっちゃったからね・・・。
とりあえず判定は妥当だと思うしそこまでにおかしな判定でもないのに色々言われてちょっとかわいそう。
Posted by k at 2016年06月24日 19:01
今回のヒョードルVSマルドナドレベルでやられた後に
フィニッシュされず一方的にならず、微妙な判定になる事自体が珍しいんですよね。
UFCでのこのレベルとなると、もうUFC125の時のエドガーVSメイナードの1ラウンド目とかになるよ。
あの試合は3人のジャッジ全員が10-8をつけてたと思います。
ちなみに、ボッセVSオコネルレベルでも1人のジャッジが10-8をつけてますね。

UFCなら、ヒョードルVSマルドナドの1ラウンド目はさすがに10-8をつけてるんじゃないでしょうか。
Posted by DA at 2016年06月24日 19:25
to 図書 さん

すばらしい情報ありがとうございます。

・・にしても、
ジョニヘンvsローラーとか
めっちゃ何回も見たのに気づきませんでした。。
悲しい。。
Posted by SK at 2016年06月24日 21:34
さんざん、売名騒動起こしてた図書さんか・・(笑)
「ま、これからは仲良くしよーぜ!」

とは言わないけど

「メイウェザーなんて眼中ないはずのマクレガー」のコーチが、「メイウェザー戦、やりたくてしかたがないです!」くらいのコメントしてた件については、是非とも「スルーせずに」、お得意の長文で解説して欲しいねーー(笑)

まー、10-7は前例がほとんど無いよという意見はもちろんわかるが、一般層に受け入れらるには、今の採点基準は問題ある感じるときが多々あり・・・

いわゆる格闘技系がどうしても一部のオタク?達だけのもの・・である一番大きな理由はその「野蛮性」であろうが、「判定となった時のうさんくささ」も関係してないとは言えないのじゃないかねーー?

ま、いずれ識者のご意見を賜る時がくるでしょう(笑)

管理人さん、これからも宜しくお願い致します。
Posted by ufcer at 2016年06月25日 12:26
ボッセVSオコネルレベルでも10-9なのだからこの試合が北米であっても1ラウンドは同様に10-9が付く可能性が高いと思いますが・・・。
Posted by 欄 at 2016年06月25日 15:01
いやヒョードルとボッセとでは、やられ方のレベルが違うという話なんだけどね。
最近のUFCだと、UFC198のトリナルドVSメディロスで2人のジャッジが10-8を付けていて、
そのうち1人は2ラウンド目にメディロスの10-9、1と3ラウンドにトリナルドの10-8をつけてるけど、
パンチで殴られて、ふらついたまま更にやられてる時間が長く続くラウンドは10-8がついてしまうんだろうね。

他の記事のコメントでも言いましたが、俺はヒョードルVSマルドナドの判定に不満は無いんですが、
UFCなら、ボッセVSオコネルレベルは10-9の判定が多くて、
めったにないヒョードルVSマルドナドレベルは、10-8の判定が多いと思いますが。
Posted by DA at 2016年06月26日 12:17
一概にUFCといってもトリナウドvsメデイロスはブラジルのコミッションが採点してるから北米でやった場合と採点基準は違うでしょうな

スウェーデン格闘技連盟が採点したFOX14だと
ベクティックの試合で30-25とかあったよ(笑)

今回も判定2-0だから10-8つけたロシア人ジャッジもいるみたいだけどね
Posted by シェルダー at 2016年06月26日 16:46
ヒョードルマルドの1R 10-8はUFCでも(ヾノ・∀・`)ナイナイ
そもそもヒョードルの試合は「パンチで殴られて、ふらついたまま更にやられてる時間が”長く”続くラウンド」ではないです。
前半は猛攻しかけてるしピンチ脱出以降はマルドもフラフラで全く手数稼げず。
その間にヒョードルはパンチや膝で反撃してますからね。
Posted by あ at 2016年06月26日 16:48
打撃のヒット数の差でも、一方的だった印象が強烈な、
アメリカでやったディラショーVSワレル・ワトソンの試合とか、3人のジャッジが30-25、30-25、30-26でしたよw

ヒョードルは、ラウンド終盤も金網際でマルドナドにやられていたし、やられてる時間が長すぎですよね。
実際に10-8がついたメディロスとかよりもね。
反撃になる有効打も、ヒョードルよりオコネル戦のボッセの方が多いくらいでしょう。

10-8がないとか、ヒョードルのやられてた時間が短いなんて言ってる人達は、もう一回試合を見直してみて欲しい。
Posted by DA at 2016年06月26日 18:05
1ラウンドだけ見直してみたけどDAさんの言うほどヒョードルのやられてる時間は長くはなかったですね。
実際、先日のヒョードルの試合でも10-9支持は二人いたと記憶しているので、まあ10-9が妥当では?
もっとも北米のジャッジは石井vsジャクソンを30-27にする人がいるくらいで、彼らに明確な判定基準なんてないという声もw
~の試合はどうだったとか熱を入れて議論するだけ不毛かと。。
Posted by ぱ at 2016年06月26日 22:14
まぁおかしな判定が出ちゃうのは、ロシアでも日本でもポーランドでもどこでも同じですよ。
レフェリーが止めなかったりするのもね。

俺はロシア団体の、ヒョードルの試合の判定に不満は無いし、
ヒョードルのやられてた時間が、UFCで10-8がついたメディロスとかより長いんじゃないかってだけですよ。
UFCでの10-8のジャッジについては、ちょっと面白かったんでまた議論してみたいですね。
Posted by DA at 2016年06月26日 23:00
UFCの10-8の試合についてざっとですが調べてはみてたんですよ。
とりあえず2013年以降でペナルティー抜きで2人以上のジャッジが10-8をつけた試合に限定して探せた試合は、
スティーブンスVSパーヤン、フェイバーVSアルカンタラ、エリオットVSゴーディノ、アンドラージVSセクストン、ハントVSビッグフット、
キエサVSトリナルド、ロバートソンVSアルカンタラ弟、カミンズVSキングスベリー、アンジェラ・ヒルVSケイガン、アンジョスVSネイト、
ルノーVSデュフレーン、ヴァンザントVSヘリッグ、トレバー・スミスVSダン・ミラー、
サリバンVSウォーターズ、アンダーソンVSブラホヴィッチ、ダルビーVSティル、ホールVSロボフ、ダナムVSローゾン、マイアVSネルソン、
マイアVSネルソンやスミスVSミラーは、ディラショーVSワトソンと同じアメリカで30-25、30-25、30-26。
ルノーVSデュフレーンやサリバンVSウォーターズやアンダーソンVSブラホヴィッチも25がつき、カミンズVSキングスべりーは24も。
ドローになったのはハントVSビッグフットとダルビーVSティル。
そしてこの19試合のうち16試合がアメリカでの大会でした。
2013年より前もUFC125のエドガーVSメイナードを筆頭にたくさん有るだろうし、10-8がついて判定になる試合もこれだけ有るんですね。
参考までに。
Posted by DA at 2016年06月26日 23:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索