2016年06月21日

UFCが42億ドルで身売り、デイナ・ホワイトらは残留か→UFCは再度身売り報道を否定

UFCが39~42億ドルで身売り間近か(2016年06月17日)

 こちらの続報。

Sources: Zuffa Accepts $4.2 Billion Bid for Sale of UFC(FloCombat.com)

 ズッファがUFCを42億ドルで身売りすることをFloCombatが確認したとのこと。前回はWME-IMGと大連万達グループが共同出資するグループとチャイナ・メディア・キャピタルの2つに絞られているとのことでしたが、買収するのはWME-IMG、大連万達グループ、クラフト・グループ、テンセント・ホールディングスが共同出資するグループとのこと。

ロバート・クラフト (アメリカンフットボール) - Wikipedia

 クラフト・グループは実業家ロバート・クラフト氏の所有会社でNFLのニューイングランド・ペイトリオッツ、メジャーリーグサッカーのニューイングランド・レボリューション、ジレット・スタジアム等のオーナーです。

テンセント - Wikipedia

 テンセント・ホールディングスは中国の持株会社でオンラインゲーム「League of Legends」を運営する米ライアットゲームズ社、Unreal Engineで知られる米Epic Games社の親会社。また、「カカオトーク」の韓国カカオ社、韓国第3位のゲーム企業であるCJゲームスの大株主です。

 4グループの共同出資ではあるものの、資金の大半は中国資本である大連万達グループとテンセント・ホールディングスが支払うとのこと。しかし表向きの運営はアメリカ資本のWME-IMGとクラフト・グループが中心になるそうです。

 これまでもUFC買収の話があり、2014年はブラックストーン・グループ、2015年はFOXが検討したものの交渉は決裂していたとのこと。

 新たなCEOはUFCの前ヨーロッパ・中東・アフリカ担当部長で現在チーフ・グローバルブランド・オフィサーをしているギャリー・クックが就任するとのこと。デイナ・ホワイトは現在所有している株は売却するものの新株が発行されUFCに残留、マッチメーカーのジョー・シルバやショーン・シェルビーも残るそうです。

UFC exec says reports of UFC sale are 'false,' internal email to staff offers same message(MMAJunkie)

 しかし、UFC広報部長のデイブ・ショーラーはこの報道を否定。ロレンゾ・フェティータは社員全員にこの報道を否定するメールを送っていたそうです。

中国メディア戦争―ネット・中産階級・巨大企業 (NHK出版新書 488)
中国メディア戦争―ネット・中産階級・巨大企業 (NHK出版新書 488)
posted by ジーニアス at 16:31| Comment(12) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカ運営ならまだ大丈夫そうだな

ギャリー・クックが社長?
大丈夫かな?

デイナはどういう役割で残るんだろう?
Posted by まさ at 2016年06月21日 16:52
この報道が真実なら非常にショックな事。仮に買収企業が日本であったとしてもMMAの進化は停滞する事が間違いない。ましてや中国企業なら尚更の事。そして、デイナと中国人オーナーはまず間違い無く衝突して袂を分かつ事になる。幾ら資金力があっても公平性が今より損なわれ、尚且つスポーツからショー寄りになって茶番試合が確実に増加する。その事で有能なファイターが出て行き知名度だけのロートルやらが牛耳るようになって崩壊が悪いストーリーなのかな。逆に言えばこれでUFCが停滞すればベラトールやらの勢力が強くなるので悪い事だけではないのかも知れないが…
また、詳細は不明だが確実に企業価値は暴落するのでUFC株を空売りすれば確実に儲かる。
Posted by じぇるかふぇ at 2016年06月21日 17:12
空売りって・・・。上場してないのに
Posted by tn at 2016年06月21日 19:00
むしろUFCが盤石になって、選手の待遇も上がり、UFCの事業拡大が進むんじゃないですかね。

カジノの拡大やNFLのオーナーになるとかいうフェティータにも、なんらかの形で協力してくれたら嬉しいですね。
UFCとNFLは元々協力し合ったりしてますけど。
Posted by DA at 2016年06月21日 19:10
上場してなければ空売りとか出来ないのでは?
Posted by 堀江 at 2016年06月21日 20:42
UFCは否定してると言っても、報道内容があまりにも具体的ですよね。火のない所には煙は立たないと言うし非常に気になるニュースです
Posted by かず at 2016年06月21日 21:09
まあ買う方も5000億も出す訳だから、あらゆる手段を講じてUFCの売り上げが落ちないように努力するだろう。
ズッファの手を離れるのは確かに不安だが、新会社に期待する他ない。

UFCは既にMMAの競技としての基盤を築き上げてきているので、仮にUFCが潰れてもその基盤がすぐに崩れ去ってしまうとも思わない。
人がある程度残るのなら、まあなんとかなるでしょう。
Posted by もす at 2016年06月21日 21:58
中国人はビジネスに関しては私情を挟まずきちんとやると思いますけどね。結局はアメリカメインになるんだから、そっちの人間を表に出した方がうまくいくと思うし、だからこそデイナに残留してほしいんじゃないかな。
Posted by りく at 2016年06月21日 22:40
じぇるかふさんの願望が詰まってますねw
空売りてw 中卒かな?
Posted by あ at 2016年06月21日 23:08
売る本人が否定しているならガセでしょう。
Posted by ayrton at 2016年06月21日 23:34
アメリカで売却は確定的と報道されてますので、売却は間違いないと思いますよ。
UFCが否定してるのは契約が交渉中なのか、まだ表には出したくない理由があるからでしょう。

あと中国資本になれば程度の問題はありますが中国色が濃くなるのは免れそうにないような。
映画界では中国国内の興行収入がアメリカを追い越しそうなところまで迫っています。それで中国資本がハリウッドへ共同資本や買収などの形で侵食し、撮影地が中国、出演キャストが中国人などが増えています。





Posted by 図書 at 2016年06月22日 00:22
最近のハリウッド映画の中国の宣伝凄いですよね。
超大作でも、あらゆるところで中国の広告貼ったり中国の商品宣伝してて呆れてしまう時ある。
Posted by ka at 2016年06月23日 00:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索