2016年06月20日

ドナルド・セラーニ「ファイトマネーについてデイナ・ホワイトと話し合う必要がある」

Donald Cerrone: ‘According to My Pay, I Don’t Mean S--t to UFC’(Sherdog)

 『UFC Fight Night 89: MacDonald vs. Thompson』でパトリック・コーテに3R KO勝ちしたドナルド・セラーニが試合後会見で以下のコメント。

「俺への支払いについて戯言を言うつもりはないし、どうなるかはいずれ分かるが、解決するにはデイナ・ホワイトと話し合う必要があるな」

「スロースターターな部分を直そうと思った。みんな早めに仕掛けて弱点と言われているレバーを狙ってくるだろうから、そこをできるだけ修正しようとした」

「今後については分からない。155ポンドも170ポンドもどっちも好きだ。なるべく早く次の試合ができるならどちらの階級であろうと構わない。今回の試合前は176~177ポンドぐらいだった。いずれにしても155ポンドを無視しているわけじゃない」

 セラーニの公表されているファイトマネーは2試合前の『UFC on FOX 17: Dos Anjos vs. Cerrone 2』でハファエル・ドス・アンジョスのライト級王座に挑戦した時で7万9000ドルでした。

UFC Ultimate Collector - Dana White by UFC [並行輸入品]
posted by ジーニアス at 21:33| Comment(11) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここまで勝ち星重ねて、ショートノーティスのオファー受けてるのだから、もう少し貰ってもいいですよね。
試合だって面白いし。
UFCのファイトマネーは安いと言われても仕方ない。
Posted by あ at 2016年06月20日 23:08
カウボーイは近年稀に見るクラスの優良ファイター。50万$を勝利者ボーナス抜きで毎回あげても何の違和感もない。欠場しない、無茶な代打も受ける、ファイトは必ず外さない。個人的な見解で言えばマクレガーよりも貢献度はデカいと思う。
Posted by じぇるかふぇ at 2016年06月20日 23:16
これだけいい試合してくれて欠場もない選手なのだからもっと上げてもいいだろうよ…
Posted by たまご at 2016年06月20日 23:40
>ハファエル・ドス・アンジョスのライト級王座に挑戦した時で7万9000ドルでした。

やっすい!すっごいやっすいよ!
ダメだよ天下のUFCがチャレンジャーにそんな低賃金じゃ...
というわけでセラーニのギャラアップ交渉を支援
Posted by 並 at 2016年06月21日 00:06
セラーニのUFCへの貢献度はトップクラス。
せめて倍にしてあげて欲しい。
Posted by mr_st at 2016年06月21日 00:20
皆さん評価されてますが今までのパフォーマンス、試合数、渋いコメント笑なども含めて最低でも$20万はもらってもいいのでは?と思います。是非、デイナ社長!
Posted by ユーシン at 2016年06月21日 09:24
カーボーイにはもっとギャラを上げるんだよ。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2016年06月21日 10:43
マクレガーにあんだけ出せるならカウボーイにもっと出せるだろ・・・
Posted by 太郎 at 2016年06月21日 16:48
すごいけど、
数字もってるのかなあ?
Posted by まさ at 2016年06月21日 17:10
この人、欠場はしないしかなり無茶なショートノーティスも二つ返事で受けるし、試合は面白いしで重宝するだろうけど、おまけにギャラまで安いとはさすがに便利すぎだな
Posted by スハノブ at 2016年06月21日 19:37
この2戦は勝ってるからファイトマネーだけで16万ドルずつ貰ってる

たぶん王者になるかUFNのメインイベントで数字取らなきゃもうそんなには上がらないでしょ
Posted by シェルダー at 2016年06月26日 08:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索